初めての方も安心! セクキャバ・おっパブの仕事内容とは?

セクキャバに関する豆知識!
2017年5月12日 13:11
初めての方も安心! セクキャバ・おっパブの仕事内容とは?

「セクキャバ」という言葉が水商売の中で浸透し、今では当たり前になってきました。ところが、同時に「おっパブ」「ランパブ」「いちゃキャバ」といった似たような業態が次々に登場し、区別がつかなくなっている人も増えているようです。そこで、セクキャバとは何か、いったいどんな仕事内容なのかを改めて整理したいと思います。

セクキャバの定義とは
かつてスナックやクラブといった水商売では、男性が接客してくれる女性に触ることはNGでした。でも、本音では男性はもちろん触りたいという思いを抱えていました。その欲望に応えたのがセクシーキャバクラ、略して「セクキャバ」です。男性が触りたい部位のメインは胸、おっぱいです。そこからストレートに「おっぱいパブ」「おっパブ」と呼ばれたり、「おさわりパブ」「ハッスルパブ」と呼ぶれたりする地域もあります。これらすべてが、セクキャバと同じ意味となります。
セクキャバでは、ほの暗い照明の店内で男性がソファーに座り、隣に女性が座っておっぱいをつまみにお酒を楽しみます。会話をしながら女性の胸やお尻に触ってもOKなだけではなく、お客さんの膝の上に女性が座るお店もあります。また、キスは可能ですが局部へのタッチはNGなど、ルールはお店によってさまざまです。

キャバクラやピンサロなど他業態との違い
キャバクラ、セクキャバ、ピンサロなど…。夜のお仕事になじみのない女性には、これらの業態の違いがつきにくいかもしれません。
これらのお店は大きく、射精(ヌキ)サービスのある「風俗」と、お酒を楽しむ「お水」に大別できます。ソープやヘルス、ピンサロなどは、射精(ヌキ)サービスを伴いますので風俗店となります。おさわりパブやおっパブという名前から風俗店を想像する方もいるようですが、これらはお水系です。
お水系の中でも、基本的にお触りなしで女性といっしょにお酒を飲んで会話を楽しむのが「キャバクラ」、お触りはありだけど着衣しているのが「いちゃキャバ」、お触りありで胸などを露出しているのが「セクキャバ」です。もちろん、これらは「風俗」ではありませんから、射精(ヌキ)サービスはありません。局部のタッチも基本的にはNGなところが多くなっています。

  キャバクラ いちゃキャバ セクキャバ 風俗(ソープ・ヘルスなど)
お酒 ×
おっぱいタッチ ×
露出 × ×
ヌキ × × ×

 

セクキャバの仕事内容とは?
セクキャバの具体的な仕事内容は、お客さんの横に座ってお酒の相手をすることです。風俗ではなく水商売なので、お酒をともにしながら会話を盛り上げるのが基本的な仕事といえます。同時に、キャバクラと違ってお触りがありなので、お客さんに体を触らせて楽しませてあげます。お客さんが求めるがままに、キスにも応じます。お店によってはお客さんの膝の上に乗る時間が設定されていたりもするため、接客はマンツーマンが基本です。
基本は以上ですが、お触りの範囲がお店によって大きく異なります。上半身だけOKにしているお店のほか、お尻などの下半身も触ってOKのお店や、数は多くありませんが局部への「指入れ」もありのお店があります。当然、お触りできる範囲が広いお店のほうが給料も高めになります。
セクキャバの衣装は、基本的にお店からレンタルすることが可能です。セクシーなドレスやワンピース、ランジェリーなどの一般的な衣装から、セーラー服やナース服など、コスプレを用意しているお店も多いようです。風俗店とは違い、キャバクラと同じ法律の下で運営されているため、25時には閉店になるのも大きな特徴といえます。
詳しいセクキャバの仕事内容は「キス、同伴、お触りはあり?セクキャバのサービスはどこまでOK?」でご紹介していますので、チェックしてみてくださいね。

仕事をする上で踏まえておきたいポイント
セクキャバの仕事で特に大事なのは、ディープキスと胸を揉まれることです。むしろ、お客さんはこの2点を楽しみにお店を訪れるといっても過言ではありません。
ですが、上手にやろうとする必要はありません。テクニックよりもお客さんは情熱を求めています。機械的にテクニカルなキスをされるよりも、多少テクニック不足でも、情熱で濃厚なキスをしてくれる人のほうが人気を集めています。自分が考える「濃厚なディープキス」の1.5倍くらいのディープキスが、ちょうどお客さんが満足するくらいの濃厚なキスになることは覚えておいたほうがいいでしょう。
また、もしキスを求めてこないお客さんがいても、その消極性に甘んじないようにしましょう。ビジネスキスはしないに越したことはないと思ってしまいますが、消極的な男性の耳元で「キスしようよ」とささやいてキスへと導いたら、かなり高い確率でその男性はあなたに好意を抱いてくれます。当然、指名など「次」につながっていきます。お客さんは、自分に積極的な人に夢中になって、疑似恋愛を楽しむものなのです。

また、胸に関しても、ただ揉まれたり乳首を吸われたりするだけで、受け身だから難しいことはないと考えがちですが、それは違います。男性はリアクションを強く求めています。胸を揉んだり、乳首を吸ったりしたら、反応してほしいのです。具体的には喘ぎ声をはじめ、ビクっと体が動く、自分の服をつかむ、「気持ちいい…」といった声を出すなど、多彩な反応を待っています。もし、こうした反応をしないと「あれ?気持ち良くないのかな?」と、もっと強く攻めてきて、どんどん痛みが増してしまう可能性があります。サービスに加えて自分自身を守るためにも、白々しくない範囲でのリアクションを心掛けましょう。

気になるセクキャバのお給料は?
さて、セクキャバの給与面はどうなっているのでしょうか?
セクキャバの場合、時給は3,000円から6,000円くらいが相場です。10,000円近くに達するセクキャバは、よほど高級なお店か、かなりハードなサービスが求められると思って間違いないでしょう。
セクキャバ店の多くは飲み放題&食べ放題のセット料金を採用しているため、高級なお酒を注文させることに注力する必要がない代わりに、プラスアルファのお金が稼ぎにくいという特徴があります。セクキャバ嬢としての収入源は、基本的に時給と指名のバックしかありませんので「いかにお客さんに指名してもらえるか?」に力を入れるべきでしょう。イレギュラーな収入ですが、ホームページや雑誌などの顔出し取材に応じてくれる人には、取材手当を支給してくれるお店もあるようです。絶対に身バレしたくない人は別ですが、そうでない女性は、確実に指名が増え、手当も入る取材のチャンスを逃さない手はありません!
なお、セクキャバで高収入・高給料を得るためのポイントは「セクキャバの給料システム徹底解説!高収入を得るためのポイント」でも紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

また、水商売全般についていえることですが、無断欠勤や遅刻、理解の得にくい早退にはきびしいペナルティーが課されます。しっかり責任を果たすことができ、男性と会話をすることが楽しめ、ちょっぴり演技に自信がある女性は、セクキャバでお仕事することを考えてみてはいかがでしょうか?




<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ求人  いちゃキャバ求人  ハードキャバクラ求人  ソフトキャバクラ求人  逆セクキャバ求人  ランジェリーパブ求人  セクシーバー/居酒屋求人  ショーパブ求人  フェティッシュバー求人  オカマ・ニューハーフ求人