土浦 ちゃっぷりん

土浦 ちゃっぷりん
土浦 セクキャバ・おっパブ
土浦 ちゃっぷりん
土浦桜町の超人気店!自分好みの女性を
土浦駅西口に夢の世界あらわる!セクキャバ「ちゃっぷりん」堂々誕生!!駅から徒歩5分、土浦は桜町に位置するちゃっぷりんはいろいろなタイプのキャストが多数在籍!土浦に生まれ育った地元の元気ギャルはもちろんのこと、黒髪清楚な現役JDや大人の雰囲気をかもしだすお姉さま系、そして不思議系のロリっ娘まで、男性のどんな趣味・嗜好にも対応できる豪華な顔ぶれ!その中から自分好みの女性を見つけ出すも良し、フリーでランダムに遊ぶも良し、楽しみ方はお客様次第!「土浦で飲むときはいつもココって決めています。女の子がカワイイし、愛嬌がある子が多いので安心して遊べるのが気に入ってますね。濃厚サービスもクセになり、今では週3ペースで通ってます(笑)」ハイクオリティな接客と笑顔で男性のハートを狙いうち!近頃、ときめいていますか?ドキドキするような体験、してますか?ちゃっぷりんには皆さまをご満足させる空間が広がっています!お1人様や団体様、接待、忘新年会、二次会などどんなお遊びスタイルにも対応可能!土浦にお越しの際はぜひ当店をご指名ください♪
土浦 ちゃっぷりん
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 茨城県土浦市桜町1-2-14 リームビル1F
アクセス 常磐線「土浦駅」より徒歩3分
TEL 029-824-8871
予算目安 1set60分4,500円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 土浦 ちゃっぷりんの口コミ体験談

ノウエッチ
投稿日:2020/03/03 16:30     ノウエッチさん

土浦 ちゃっぷりんで絶世の美女ハケーン!

4.2
総合評価:
土浦出張も最終日。
あまり茨城を訪れる機会がなかったので三日間羽と鼻の下を伸ばして頑張った。
仕事よりも風活を頑張った最終日、やっぱり最後はセクキャバでしょ。
ということでスマホで調べた結果最後に行くべきなのは土浦ちゃっぷりんでしょう。
この店は大人なお姉さまからロリ系までが揃うオールジャンルなセクキャバ。
賑わう土浦西口かいわいでも特に常連が多い評判の店なのだ。
最終日にはふさわしい。
今回はちゃっぷりんの体験レポートの様子をお届けしよう。

土浦 ちゃっぷりんまでのアクセス方法

では土浦ちゃっぷりんのアクセス情報をまとめよう。
例によって土浦駅周辺で夜遊びと言ったら西口と相場が決まっている。
西口を降りたらペデストリアンデッキを左に進もう。
りんりんスクエア土浦と書かれた階段を下りて、バスが停車しているロータリーを24号方面に進む。
そのまままっすぐではなく、迂回する形で1番乗り場まで歩く。
左をみると洋風居酒屋RIVAGEのネオンがあり、その先にあるT字路。
ここを左に。
入ってすぐ左手にある歌芸夢者という居酒屋をみながら直進しよう。
周辺はいくつか夜の店があり、この日は週末で何人かキャッチに声をかけられた。
人通りも多く、酔っぱらったサラリーマンと談笑する客引きの姿も見かけた。
一つ目の十字路は通過。
20メートル先の右手にある白いビルが、ちゃっぷりんのあるリームビルだ。
ひらがなで「ちゃっぷりん」と扉と壁と看板に書かれてあるのでまず見逃さないだろう。
ちゃっぷりんの手前にも黒服ボーイ氏がいたので声をかける。
現在すぐ入れるということでフリーで案内してもらった。
店はその扉の先、一階だ。

土浦のちゃっぷりんの店内雰囲気

扉を開くとボーイ氏が笑顔で迎え入れてくれた。
「当店は初めてでしょうか?」
イエスと答えると料金システムの説明タイム。
ちゃっぷりんは1セットが60分制。
だが値段はそこまで高くない。
20時から21時までが4500円で、21時から22時までが5500円、それ以降が6500円だ。
都内で40分+20分延長と考えるとかなりの安さ。
さらにクーポンを使って60分4000円となった。
「お飲み物は?」
ビールは飲み放題なので、生ビールを注文。
中が真っ暗だったがダウンタイム中らしい、それが終わってから案内された。
「ではこちらでお待ちください、すぐつけます」──。
店は洋風な内装だった。
赤いソファがL字型、コの字型と不規則なレイアウト。
ソファの前には四角いホワイトテーブルが丁度いいスペースに配置されている。
意外と広々としたスペースで、後ろのガラスが空間を広く見せてイイ感じ。
座り心地もよく、入って2分で気に入った。
ビールを半分も飲まない頃に女の子がやってくる。

鈴木京◯似のSちゃん

「こんばんわ、Sと申します」
「おお、綺麗な人だ」
五段階評価
顔  ★★★★★
バスト★★★★★
キス ★★★★★
接客 ★★★★
総合 ★★★★★
やってきたのは大人系のSちゃんだ。
ちゃんというよりさんで呼びたい系な大人なフェロモン。
ストレートな黒髪がサラリとして立ち振る舞いに気品がある。
艶やかな口紅は落ち着いた色合いで、顔はいい時の鈴木京◯のような美人だった。
「驚きました」
「えっ」
「中学生の頃好きだった担任の先生に似ていたので、ドキドキしちゃった」
初恋の人と間違わられたらしい。
違ったけれども一瞬青春時代を思い出した彼女の表情は可愛く見えた。
胸元柄大きく開いたドレスと三角コーナーが見えそうなタイトなミニスカート。
グラスを口に運ぶたびに水滴を拭いてくれるよくできたお姉さんだ。
「飲む?」
彼女にも飲み物を奢る。
自分がおねだり前に奢る時はそのキャストがオキニの時だけ。
彼女はこの時点でオキニ化してもいい、そう自分のムスコが太鼓判を押していた。
やがて照明がかわり、BGMチェンジ。
ポップな曲調になったところで彼女が前に来た。
「重いけど、ごめんなさいね」
上にまたがる前に髪の毛をふぁさっとうしろに靡かせる。その仕草だけでフルボッキしてしまった。
上に乗せると全く重くない。
ムラムラする心を抑えられず、彼女の体を激しく撫で回す。
「(だめだ、好みすぎてがっついちゃう、紳士で痛いのに、これは無理だ)」
肌の質感。表情、体型、全てがストライク。
落ち着かせようと彼女がニコっとしたあと唇を重ねてきた。
生温かい感触のあと、とろけるような感覚に。
「ふぁあ・・きもちええ・・・」
風景がセピア色になる。
今度はこっちが初恋の甘酸っぱさを思い出すような心地いい感覚に。
そのままドレスを下げた彼女のおっぱいを拝見。
「Fカップくらい?」
「正解です」
小さな蕾の大きなおっぱい。
前かがみになり釣鐘状にたれさがる巨峰を2つ手に取りながら上では唇を重ね合わせる。
心地いい感触と粘膜の重なるNDKに身も心もトロトロに。
ボーイが止めに来たがすぐ場内で彼女をキープ。結局退店まで彼女と遊んでしまった。
「またいらしてくださいね」
ドアを出る間際にDK、なんてできた嬢なんだ。
帰り道、パンツの違和感に耐えきれず駅のトイレで発射してしまった。
土浦最終日に最高の姫と出会えてご満悦のおじさんだった。

総合評価

4.2
好みの嬢だったので大満足。
値段もロングでこの価格なら地元なら通っちゃうレベルの良店だね。
ただどうだろう、当たりはずれもあるみたいだし、全てがこのレベルかどうかは不明なので追加調査したいところですね。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク