club Girlz Party

club Girlz Party
熊谷 セクキャバ・おっパブ
club Girlz Party
熊谷で夜遊びならガールズバーティー♪
熊谷随一!Sexy度数満点のセクキャバ「club Girlz Party(クラブガールズパーティー)」!!エリアNo.1!?キラッキラに輝くミラーボールと激しく舞うレーザービームがラブワールドを加速させる!キャストはすべてキュートでEROっエロなフェロモンガールズを集めました!容姿はもちろん、極上娘がご提供するサービスは最高レベル!妖艶な店内で織り成すクラガル娘たちのテクニックで貴方のボルテージはレッドゾーンへ!「いや~、まさか熊谷でこれだけ興奮できるセクキャバに出会えるとは夢にも思っていませんでした。毎回、ヤバいくらいの濃厚接客でもてなしてくれるのですっかりハマっちゃってます(笑)」おかげさまで開店以来、多数のリピーターのお客様からご愛顧いただいております!ラグビー、気温日本一に次ぐ、新しい熊谷の名物はクラブガールズパーティー!近隣のみなさまから遠方の方まで、幅広くご活用いただけるお店です!熊谷にお越しの際は、時間を忘れてLet’s Start パーティーTIME!!伝説の夜が今、幕を開ける…
club Girlz Party
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 埼玉県熊谷市筑波2-62 KSビル3F
アクセス JR「熊谷駅」北口より徒歩3分
TEL 048-577-3509
予算目安 1セット40分 4,500円~
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 club Girlz Partyの口コミ体験談

平川
投稿日:2019/09/15 21:33     平川さん

club Girlz Partyは熊谷のゲキアツセクキャバ

3.4
総合評価:
暑いことで知られる熊谷に行ってまいりました。
この日はあいにくの曇りだったのでその片鱗をうかがい知ることはできませんが、訪れた店はゲキアツです。
仕事で深谷まで用事があり、打ち合わせを終え帰京する前に立ち寄ったのが熊谷です。
埼玉熊谷と群馬館林いえば関東一の暑さを競う土地ですよね。
ですが館林は温度を計るアメダスがコンクリート上にあり、芝生の上で測る熊谷に比べて卑怯ではないかともいわれています。
実質的には熊谷が関東ナンバーワンとも言えるかもしれません。
さて熊谷にあるセクキャバガールズパーティという店。
ここはディスコ風のミラーボールがキラキラしている極上素人を集めたいちゃキャバらしい。
暑い熊谷娘とゲキアツナイトにしけこむために、懐を温かくした給料日翌日に訪れてきた。

club Girlz Partyは駅から2分程度

クラブガールズパーティまでのアクセスだが、熊谷駅前にあるので徒歩2分くらいですかね。
熊谷駅は高崎線にある駅で、池袋からだと約一時間くらいでしょうか。
高崎線は都内からだと仕事終わりの時間帯座れないほど混雑します。
大宮を超えると座れる程度に座席が空き、熊谷をすぎるとガラガラになります。
そんな熊谷駅についたら北口を出ます。
熊谷は15年前くらいに利用していた記憶があります。
当時はパチスロ北斗の拳が大ブームの時代でパチンコ屋に並んで万枚だしたのを記憶しています。
駅前にあった懐かしいパチンコ屋を探したのですが見当たりません。
どうやらつぶれてしまったみたいですね。(まあ15年前ですからね)
さて、ガールズパーティですがロータリーをぐるっと回り、駅前通りを左へ行きます。
2つ目の曲がり角、住宅センタービル前の曲がり角を右に曲がり、突き当りの右手白いビル。
ここにあります。
ビル前にキャッチの兄さんがいるかと思ったらいません。
スマホを開いて検索してみたところちゃんと営業しているようです。
階段からあがって三階に向かいました。

club Girlz Partyのクーポンはいずこ

ガールズパーティの受付に行きます。
混んでますか?と質問すると行けますよ、と笑顔で迎え入れくれます。
料金システムをおさらいしましょう。
1セットは40分。
19時から20時までが4500円、20時から22時までが5500円、22時から閉店までが6500円です。
道中クーポンを探したがみあたらなかったんですよね。
仕方ないので正規料金の1セット4500円を支払いました。
「当店のシステムを説明させていただきます」
他店のセクキャバと同じように、おっぱいを舐めたりキスはオッケーだが下半身はNGです。
その他迷惑行為は出禁の対象になるので注意してくださいとのこと。
マウスウォッシュをして店内に足を踏み入れます。
店の中は3つのブースに分かれてました。
ボトルが並んだカウンターとコの字型にソファが並べられたグループシート。
そして電車の座席のように前にペアソファ仮名欄んだペアブースがあります。
一人だったのでペアブースのほうに案内されました。
店内にはみたところ3人ばかり飲んでいました。
女の子は白いドレスやセーラー服っぽい衣装の女の子もいました。
ビールを注文してスマホをいじっていると、すぐ女の子もやってきます。

一人目 やる気がなさそうなアラサー嬢

「こんばんは、〇〇です」
最初にやってきたのはアラサーっぽい見た目の人妻。
赤いドレスだが借り物なんだろうか、サイズが全くあっていない。
見た目以上に年がいっているようで、子持ちのシンママみたいです。
話を聞くと店に入ってきたばかりとのこと。
まだ右も左もわからぬ状況だが、母親らしく丁寧なサービスはしてくれた。
会話も対して盛り上がらなかったのでついついプライベートなことを詮索してしまう。
「お子さんいま何歳ですか?」
「今度中学に入ります」
「多感な年ごろだから母親の仕事のことについて複雑だろうね」
「ですよね・・ハァ」
地雷を踏んでしまった。
こーいう店で子供を意識させてどないするんだ。
当たり前のように空気が重くなり、エッチなサービスをする気もされる機もなくなってしまった。
申し訳なかったのであまりサービスしてもらわず、さっさと交代してもらいました。

二人目 褐色のセクシー黒ギャル

「こんばんは」
焦げた肌がセクシーな黒ギャルが現れた。
二人目は大当たり。
おっぱいは若干控えめだが、男を欲情させるには十分なボリューム。
ビキニのような上半身にホットパンツという組み合わせ。
「熊谷って、こんな日焼けしちゃうくらい日差しつよいんだね」
「これはちゃんとお店でやってますよ笑」
熊谷の話でまずはトークがはじまる。
暑さ自慢について聞こうと思ったが彼女は地元熊谷じゃなく群馬からの通いらしい。
それでもやっぱりこのあたりは初夏の暑さが尋常じゃないのだとか。
「伊勢崎もね、暑いんです」
「おれがガキの頃日本そんな暑くなかったけどね」
「ですよね」
「水飲んじゃだめだったからね、部活で」
「今だと干からびちゃいますよ!」
「ありえないよな、水飲んじゃダメって、どんな根性論」
学校によっては運動禁止令が出るほどの暑さ、県内にもクーラーがついている学校が増えているようだ。
まったく日本はどうなっちまったんだろうね~、なんて話しつつふと我に返る。
天気の話をしにきたのではない。
あくまでおっぱいを触りにきたのだ。
話をしながら手を握ると握り返してくれた。
そのまま肩に手を回し、イチャイチャしながら雑談。
彼女で特に目を引くのは美脚だ。
引き締まった太ももを折りたたんでヒールにつながるふくらはぎの曲線美。
舐めまわしたくなる脚フェチ歓喜の美脚といえる。
こっそり手を太ももに走らせ、キスをせがむ。
「チューしちゃだめ?」
「じゃあ、私も飲んでいいですか?」
「ダメって言ったら?」
「水飲んじゃダメなブラック部活と同じになりますね」
「お、こりゃ一本取られたわ(笑)」
「あはは」
「じゃ、飲んでいいよ」
彼女はノンアルドリンクを注文し、そのまま乾杯。
「じゃあお礼に上またがりますね」
そのままオッパブプレイにはいってくれた。
まずはねっとりとしたキスでお出迎え。
彼女が飲んだレモンスカッシュのフレーバーが香る情熱的なキス。
頭をローリングしながら、奥に奥にベロをはしらせてくる。
これだけでも昇天しそうな気持ちよさががあった。
そして彼女のチャームポイントの美脚に足をさわさわする。
くすぐったがる彼女だが、さわさわする手をつかまえて指を絡ませてきた。
美人と指を絡ませながらキスをする幸せ。
そのままビキニをずらしておっぱい拝見。
褐色の肌よりも色素が薄い乳首。
理性を失うには十分な色香だ。
口に放り込み、舌先デチロチロする。
「あっ」
すると小麦肌の彼女の吐息が荒くなり、肌も光沢をおびてくる。
腰のグラインドが艶めかしくなり、明らかに感じてる反応だ。
「この辺弱いみたいだね」
「乳首、よわいの」
反応がすごく素晴らしい姫でこっちもスイッチがはいってしまった。
おっぱいから腰へ、お尻をさわさわしながら乳首にむしゃぶりつく。
そのあとはたっぷり愛情のつまったイチャイチャのDKでお迎えしてくれる。
ああ、熊谷、なんてアツイ店なんだ。
すっかりムスコもヒートアップしてしまった。
ここで時間終了。
「えー、延長していってくれないんですか」
「ちょっと家まで遠いからね~、泊りできたとき今度ゆっくり遊ぼうよ」
「はぁい、またきてね」
チュっと最後までキスで見送ってくれた。
アツイ熊谷で褐色の姫様と遊び、ムスコをアツク滾らせた俺氏。
先端から汗を流すムスコを握りしめ、帰京するのであった。

総合評価

3.4
アツイ熊谷はアツイ嬢と冷めた主婦の二種類の料理を楽しめました(笑)
やっぱり黒ギャルの二人目とが楽しめましたね。
こんな店熊谷にあるんだな~といった雰囲気で、店の中も都内の店に比べて広く、エリアの中で人気が高い理由もうなずけました。
また訪れたい店です。
ただ、あんまり暑い日は遠慮しときますわ。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク