club LaBay

club LaBay
大宮 ランジェリーパブ
club LaBay
常夏の楽園へようこそ♪
大宮に常夏の楽園が誕生!!その名は「club LaBay(クラブラベイ)」!大宮エリアで水着キャバクラと言えば、「club LaBay」でキマリ!当店は「女の子がカワイイ・楽しめる・刺激的」と三拍子揃った人気のお店です♪店内空間はゆったりとしていますので、大人数でのご利用もOK!気の合う仲間達とみんなで遊びに来てもよし、二次会や接待で利用してもよし、様々なシチュエーションに対応可能な頼れるお店です(^_-)-☆お客様には視覚的な満足感はもちろん、心の底から楽しんでいただけるよう、キャストのサービスレベルには徹底的にこだわっております。清楚系からお嬢様系、ギャル系やロリ系まで、さまざまなタイプの女の子が在籍していますので、お客様からは「自分好みの娘が見つけやすく、毎回新鮮な気分でお酒と女の子の両方を楽しませてもらってます」とのご感想をいただいております。大宮にお立ち寄りの際は、水着キャバクラ「club LaBay」が繰り広げる南国のリゾート気分をぜひ一度、ご体感ください!ご来店、お待ちしております♪
club LaBay
業種 ランジェリーパブ
住所 埼玉県さいたま市大宮区仲町1-93 ハトヤビル2F
アクセス 各線大宮駅東口徒歩3分
TEL 048-643-8887
予算目安 50分/5,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 club LaBayの口コミ体験談

ワッハーヘボ
投稿日:2019/08/10 23:17     ワッハーヘボさん

club LaBayで水着ギャルとイチャイチャ

3.2
総合評価:
大宮出張も最終日となった。
仕事を午前中に終わらせるつもりが予定外のリテイクにあい終わったころは午後8時をすぎていた。
もうすっかり辺りは暗い。
フラフラとなった体で大宮東口でラーメンを食べ、スマホ検索で店探し。
大宮駅の雰囲気は結構好きだ。
背伸びしているような、牧歌的な雰囲気に癒される。
お世辞にもオシャレとは言えないいづみや本店、こうした昭和を感じさせる店があちこちにある。
とはいえ女の子と遊ぶならオシャレな南国リゾートが良い。
今日訪れるのは東口にあるクラブLABAYだ。
この店は水着コンセプトのランパブで、ビキニ姿の女の子が仕事の疲れをいやしてくれるという。
埼玉にもある海、その名もLABAYか。
大宮出張ラストデーはこの店で南国気分を味わってくるかぁ。

club LaBayで遊ぶといったら東口だろう。

東口をでたら右手をむいてロータリーにそっていづみや本店がある繁華街の方へ歩いて行こう。
いずみやの奥にある天下一品が入口にある一方通行の銀座通りに歩を進める。
そのまま200メートルほど歩くと右手にネットカフェ、左にCOCO壱番館のあるT字路が見える。
ここを左折して30歩ほど歩いた右手にあるビル。
ここがラベイのあるハトヤビルとなっている。
店にたどり着く前におぞましいほどのキャッチがいたが、店前にもいた。
「こんばんわ、どうぞ-、可愛い子いますよー」
「ここラベイさんであってる?」
「ハイ、ウチです、どうぞ」
「混んでる?」
「今日は平日なので大丈夫ですよ」
「いまいくら?」
「いまは50分6000円です」
「クーポン使えるよね」
インカムで確認した後、クーポン価格でオッケーということで上に案内してもらった。
クラブラベイはこのハトヤビル2階にある店舗だ。

club LaBayはソフト系だよ

ラベイの扉の前に立つとチャイムが鳴り、スタッフが迎えてくれた。
「いらっしゃいませ」
「よろしくお願いします、今日はフリーで」
「かしこまりました」
通常コースだと21時までが5000円、22時までが6000円、それ以降が7000円らしい。
1セットは40分ではなく50分、指名料は2000円。
店に到着したころには21時を回っていた。
本来なら6000円だが、ここでスマホをスタッフに見せる。
「この〇〇〇(サイト名)のクーポン使える?」
「クーポンをご利用で」
クーポン価格の50分4200円で受付してくれた。
これはオールタイムで割引してくれる初回フリー限定のクーポンだ。
そのあとは簡単にルール説明を受ける。
ようはキャバクラの下着バージョンということ。
つまりキスもなければおさわりもナシ。
これはちょっとげんなりだが、そーいう目的ならセクキャバに行ってたのでヨシとしよう。
前金を支払って中に案内される。
「こちらへどうぞ」──。
中はオシャレなクラブのようなトロピカルな雰囲気。
白いソファが壁づたいに並べられ、その前に照明を反射させる綺麗な四角いテーブルが並んでいる。
壁にはボトルが置いてあり、遮蔽はなくオープンな店内。
先客が3人ほど見えた。
そこから離れた隅の一角に案内され、グラスを渡される。
女の子がくるまで1分とかからなかった。

ギャル系の女の子Iちゃん

顔は口が大きく、笑顔が少女漫画のキャラクターのようだ。
顔は小森純のような小動物系フェイス、金髪巻き髪で、水色の水着を着用して手にはボトルと氷を携えていた。
「どんな感じがお好みですかー」
「おまかせでいいよー」
といいつつこの日注文したウイスキーをほどよい濃さに作ってくれた。
おまかせといいつつ氷の入れ方を指示したりしながら彼女と雑談。
「大宮在住なんですかぁ?」
「いや実家は熊谷だよ、いまは池袋だけどね」
「どんなお仕事してるんですか?」
「あててごらん」
「えー、なんだろう、営業マンっぽい」
「おお、鋭い、半分当たり、君はこの店長いの?」
「そうですねー、入って半年は立たないくらいかな」
「へー、その割に落ち着いてるよね」
「もう慣れたかな、えへへ」
ここはセクキャバじゃないのでダウンタイムもおさわりもない。
オチのない話をしながらイチャイチャする。
ウイスキーをゴクっと押し込み、乾きものをポリポリ食べながら彼女のスタイルチェック。
水着をパンパンに押し上げるバストサイズはDカップくらいだろう。
おわん型の綺麗な形で、うっすらと日焼けあとがあるのがセクシーだ。
下半身に目を落とすとストイックに運動しているのだろう、お腹に少し腹筋がみえる。
肉感があるむっちりタイプというよりはアスリート体型だ、スタイルいい部類に入るだろう。
会話だけで特に盛り上がることもなかったが、何気ない会話や話しているときの仕草、居心地がいい女の子だった。
彼女が好きだというテレビの話題をしているうちに、好きな芸能人のタイプについての話になる。
すると意外な趣味が・・・
「私、阿部サダヲさんがタイプなんですよ」
「へー、かわってるね」
「クセの強い顔で面白い人がタイプなんです」
「あの人個性的な俳優さんだよね」
「うんうん」
「松坂桃李とか小栗旬は嫌いなの?」
「んー、ちょっとナイかなー」
イケメンじゃなくクセのある男を好むようだ。
NMB48の歌でドリアン少年って曲があるが、彼女もそんなドリアンを好む女の子なのかもしれない。
男にとって夢がある話じゃないか。
20分弱喋ったところで時間がきて交代となった。

茶髪の女の子Yちゃん

顔はクラスの4,5番手くらいな身近な感じ、高橋真麻風の顔立ちだろうか。
フリルのついた水着を着用している。
一人目よりは露出面積は小さいのがちょっと残念だ。
「一緒に乾杯しませんか」
いきなりおねだりをされたので仕方ないので彼女にもドリンクを。
乾杯しながら飲んでいるとカラオケがスタートし、別の席の客が歌い始めた。
彼女が好きなアーティストの歌だったようで手をたたいてリズムをとっていた。
「なんだっけ、この曲」
「西野カナですね」
「あー、あの引退しちゃったコか」
「引退じゃなくて活動休止ですね」
「あれ、引退は安室ちゃんか」
あまり詳しくない女性アーティスト、彼女からあれこれきいてみた。
が、、、会話が弾まない。
会話にあまり積極的じゃないというか、楽しそうな雰囲気を出してくれないのだ。
一緒にお酒を飲んでいて空気が重い、これはよくないパターン。
次第に一緒の時間がストレスに・・。
彼女の名誉のために言っておくと体入直後だったらしい。
新人さんだったので、あまりトークが盛り上がらないのもしょうがない。
そんな時にはじろじろおっぱいを見ようじゃないか。
おっぱいはそこまで大きくない、Cカップ程度だろうか。
太ももはその分ムチっとしているが、触れないので肌ざわりまではチェックできない。
交代するとき谷間を寄せてウインクしながらおっぱいアピールしてくれたのが一番目の保養になった。
これから仕事を覚えていくのだろうな。

白い水着にパレオをまとったEちゃん

髪が長くアイドルグループにいそうな清楚系美少女。
顔は吹石一恵っぽい芯の強さを感じさせる顔立ちで、この日一番のタイプのコだった。
顔は清純そうな顔しているのに会話は結構下ネタトーク。
「アタシ携帯で普通にエロ漫画読みますよ」
「えっ、女のコが見るの」
「いま女性向けのそーいう漫画おおいですよ」
「あー、BLとか?」
「そうそう、無料でも読めるし」
「それをみてから何をするの?」
「ンフフフフフ」
「あっ、笑ってごまかした」
「さーてお酒つくろ♪」
顔とギャップがありすぎる下ネタトークに会話が弾む弾む。
おっぱいも結構大きいFカップサイズ。
前にせりだした尖った形状で、若さ特有の張りを感じさせるロケット巨乳だ。
酒を造るとき前かがみになるので、谷間を目にしっかり焼き付ける。
「おっと落としちゃった」
わざとライターを落とし、拾って下半身をチェック(笑)
パレオがついているのでそんな悪さはすでに対策済みだった。
下半身はチェックできずに頭をテーブルの上にあげると、わかってますよ的なニヤリ顔を浮かべていた。
うむ、一枚上手だったか。
そうこうしているうちにお酒も完成。
彼女にもドリンクを奢り再び下ネタトークに。
「一人エッチとかしてるの?」
「んー、しないかな、寂しくなったら彼氏とヤればいいし」
恥じらうことなく答えてくれる。
意外とサバサバした性格だ。
けっこうエグイ質問も嫌な顔せずに答えてくれた。
それはそれで楽しいのだが、もうちょっとういういしいほうが好きだったりする。
男はこんな店に来ておいて清純な女の子を求める、矛盾した生き物なのだ。
「今は彼氏いるの?」
「今は・・・いないけど」
「あ、いるな、目が泳いだ」
「いないって(笑)」
「いるいる、顔赤くなった」
「いじめないでー」
ポーンと太ももをたたかれた。
ここでボーイさんが来てしまい、時間となる。
最後におねだりしてみた。
「キスはしちゃだめなんだよね」
「えー、それは無理かな」
「触るのもだめだよねー」
「そーいう店じゃないもん」
「わかったよ、ありがとね、今日は楽しかった」
「えーん、もう帰っちゃうのー?」
「お酒美味しかったよ、また来るよ」
「次指名してくれたら色々してあげられるかも」
「ほんとに?」
「約束ー」
といって指先を唇につけて、その指を唇につけてくれた。
唇に残る彼女の感触を味わいながら店を出て、そのままヘルスへ直行するオジサンであった。

総合評価

3.2
セクキャバと違いおさわりもできなかったが、そこそこ美人もいて50分楽しめた。
水着なので目の保養になるね。
スタイルがいい女の子が多く、見渡す限りぽちゃ系はいなかった。
おさわりこそできないが露出度の高い女の子とおしゃべりしたいときにはこんな店が一番だ。
ただ個人的にはお触りできる店の方がいいかなあ。

おすすめ店舗
  • club LaBay

    エリア大宮/大宮

    業 態ランジェリーパブ

  • La Deesse

    エリア大宮/大宮

    業 態いちゃキャバ

  • インペルダウン

    エリア大宮/大宮

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • パイの宮

    エリア大宮/大宮

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • FLIRTATION

    エリア大宮/大宮

    業 態いちゃキャバ

  • Wooo!

    エリア大宮/大宮

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 蕨 うさぎ屋

    エリア大宮/蕨・川口

    業 態セクキャバ・おっパブ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク