club REALE

club REALE
川越 いちゃキャバ
club REALE
クラブリエールは、川越のナイトシーンを独占する勢いのハーレム感漂ういちゃキャバです。在籍キャストの質は非常に高く、選りすぐりの美女達が癒しを与えてくれる、まさに“男たちのオアシス”みたいなトコロです♪かわいい女の子たちと、ゲームやコスプレなどでワイワイ楽しい時間が過ごせるので、仕事帰りの息抜きや気分転換にはもってこいです!料金もリーズナブル♪店内はスペースで区切られており、ゆっくりと落ち着いた時間が過ごせます♪ゲームとかは苦手だけど、美しい女性と、楽しくのんびり話したいという人も十分楽しめます♪5000円で50分というお財布に優しい料金設定なので、いつもと同じ面子での飲み会や、家と職場の往復に飽き飽きしている人に新しい刺激を与えてくれること間違いなし♪イベントも多数用意しており“延長じゃんけんチャンス”で遊べる時間を延長することも可能です。リエールは川越中、いや埼玉中の美人を集めるお店なので、一度は足を運んでいただければきっとハマるはずです(笑)ワッショイと盛り上がるもよし!まったりラブラブな時間を過ごすのもよしです!
club REALE
業種 いちゃキャバ
住所 埼玉県川越市新富町1-19-4 本川越ASビル3F
アクセス ・西武新宿線「本川越駅」より徒歩1分
・各線「川越駅」より徒歩7分
TEL 049-236-3044
予算目安 40分6,000円より
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 club REALEの口コミ体験談

山中
投稿日:2019/04/06 00:04     山中さん

club REALEで王様気分の夜を満喫しちゃおう

4.0
総合評価:
J-popより洋楽のほうが好きだった。
学生時代ガンズに目覚め、それからはジミヘンやツェッペリンなどの名盤を聴き漁り、学生時代はよく仲間とセッションしたものだ。
日本のCDは疎遠だったが、唯一例外のアーティストがいた。
それが王様である。
王様は洋楽を日本語化して歌う面白いミュージシャン。
無理やり日本語化した歌詞がユニークで、ふざけながらも演奏はちゃんとしていてライブにも行った記憶がある。
ツェッペリンを聴きながらスマホで店探しをしているとき、ふと当時の情景が頭に浮かんだ。
食いかけのパンケーキを胃袋に押し込み、喫茶店を後にする。
今回訪れることにした本川越にあるクラブリエール。
イタリア語で王を意味するこの店では御姫様のようなキャストが接客してくれるらしい。
本川越で味わう王様気分か、悪くない。
オジサン今夜はクラブリエールで、ロックスターのような扱いをされてやるか。

club REALE のアクセス

ではクラブリエールのアクセスについて解説しておこう。
最寄り駅は本川越駅となる。
県外の人にとってややこしいのは川越駅と名の付く駅が周辺に3つあることだ。
川越駅と川越市駅、そしてリエールの最寄り駅の本川越駅がそれにあたる
どれも似た名称でややこしいので注意しよう。
ちなみに本川越は西武新宿線で、あとの二つは東武東上線になる。
一番観光客が世話になるのがこの本川越らしいがそれはまた別の機会に話すとする。
クラブリエール自体は本川越駅からすぐ近い。
まず駅に着いたら目の前を走る県道229を八十二銀行前の横断歩道で渡り、そのまま隣の路地に入って行く。
そのまま200メートルくらい歩いて突き当りの寿司屋を左折。
すぐにすき家と激安カラオケ店の看板が見えてくる。
ここがクラブリエールのある本川越ASビルだ。
駅から徒歩一分、一階には餃子の満州、まず迷わないだろう。
ちなみに前述の川越駅からも徒歩でかろうじて行ける距離だ、こっちは7分くらいだろうか。
店前に客引きのスタッフがいなかったのでそのまま上に上がる。
店は3階にある。

クラブリエールについて

3階に上がり、扉を開く。
少し額が広い眼鏡の兄ちゃんが受付をしてくれた。
「こちらはいちゃキャバですが問題ないですか?」
まあ、エッチなお姉さんに洗体してもらったり、口でごにょごにょされるためにきたわけじゃない。
了承すると料金システムの説明となる。
ここクラブリエールでは20時から21時が6000円で22時までが7200円、それ以降が8400円とのこと。
クーポンを使うと初回フリーに限り5000円のコミコミセットに割引される。
キャストドリンクは有料、延長は30分4800円からとちと割高。
簡単なルール説明に同意したら手を消毒され、中に案内される。
「いらっしゃいませ」──。
すれ違うボーイ氏たちにお辞儀をされながら中に歩を進める。
中は少し薄暗く、通路を隔て左右に四角いブースで仕切られていた。
全部で15席くらいだろうか、先客たちが見たとこ5人。
案内されたのは入り口から3つ目右側のブースで、真後ろに客がいたが、すぐお帰りになられたようだ。
座ると頭だけが見えるブースで、思ったよりも遮蔽性が高い。
ビールはすぐ運ばれてきたが、女の子がくるのが遅かった。
一敗目を飲み終わり、おかわりしたころに女の子がやってきた。

K姫

やってきたのはバニー姿のKちゃん。
この日はコスプレデーだったようで、キャストが皆一様に様々なコスプレ姿になっていた。
彼女は第一印象はツンとしてそうだが、話してみると腰が低い。
柴咲コウに似てるだろうか、割と好みの美人さんだ。
「可愛いね、触りたくなっちゃうよ」
「ちょっとだけなら大丈夫ですよ」
ただおっぱいはそこまで大きくなかった。
DよりのCと本人は言っていたが、触った感じはCカップだろう、それでもムスコの燃料としては十分だ。
胸の直さわりはOKだが脱がしてはいけないのが残念。
柴咲コウに似ていると言ったら「ほめすぎですよぉ」と言ってたが、顔はニヤけていた。
彼女はフットサルにハマってるらしく、フットサルの話題になる。
最近ではダイエット目的にフットサルをする女の子が増えているのだとか。
話をしながらもおっぱいをおさわりし、途中でしどろもどろになる反応が楽しかった。
途中でおねだりされ、ここは気前よくレモンサワーを注文。
好みだったので場内すると、彼女はガチモードでぶっちゃけトークしてくれるようになった。
彼女は最近まで店でいじめられていたらしい。
待機所で喋りかけてくれなかったり、物が盗まれたり。
その犯人とみられる女性が最近店を辞めてから毎日が楽しいようだ。
「今度は自分が新人をいじめる側になっちゃだめだよ」
「えーひどーい、わたしそんな性格悪そうに見えるー?」
「いやいや、仮の話よ、ミイラ取りがミイラになるってね」
痛みを理解した人間は人に優しくできるらしい。
しかし虐待を受けて育った人間はまた虐待の連鎖をするともいうし、彼女はどっちだろうか。
この底抜けの笑顔をみる限り、人にやさしくできるタイプじゃないかと信じる。
ちょっとイイ話っぽく書いておきながら、ムスコをおっ起ておっぱいを時間いっぱいまで揉み続けるオジサンであった。

総合評価

4.0
結構好きな店。
サービス的には物足りないが、女の子はイイ感じ。
店内はソファがちと座りにくかったがボーイ氏は丁寧で好感度アリ。
女の子かわいいからイベント次第で再訪アリかな。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク