赤羽 朝 ご主人様

赤羽 朝 ご主人様
赤羽 いちゃキャバ
赤羽 朝 ご主人様
赤羽の激カワ美少女が続々入店♪
おはようございます❤ご主人様♪
赤羽で朝9時からOPEN!いちゃキャバ「朝 ご主人様(ゴシュジンサマ)」!!
おかげさまで開店以来、多くのお客様からご愛顧をいただいております!
人気はエリア随一!メイドコスプレいちゃキャバ、赤羽ご主人様!
大盛況につき、激カワ新人メイドが続々と入店中!
定番の黒髪清楚系の美少女から、合法ロリ系のミニマム娘、スレンダーなモデル系美女、グラビアアイドル顔負けのSSS級美女まで、当店が自信を持って厳選した豪華なラインナップ!
可愛くてEROEROなメイドと遊ぶならご主人様でキマリ!
ときには恋人同士のように・・・またあるときはご主人様に尽くすけなげなメイドのように・・・
まったり、激しく、いちゃいちゃTIMEをご堪能あれ!
また、当店ではただいま『メルマガ読者様限定』の新人割引サービスをご提供!
受付にて【新人割引】とお伝えいただければ、セット時間に+5分(60分コースの場合+10分)プラス次回来店時に使える満タンポイントのカードをプレゼントいたします!
朝や昼にお遊びの折にはぜひ、赤羽ご主人様をご利用ください!
赤羽 朝 ご主人様
業種 いちゃキャバ
住所 東京都北区赤羽南1-8-1
アクセス 各線「赤羽駅」南口より徒歩1分
TEL 03-3903-0007
予算目安 1set40分4,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 赤羽 朝 ご主人様の口コミ体験談

平川
投稿日:2020/02/08 07:00     平川さん

赤羽ご主人様朝にいたメイド美少女の情熱的なサービス

4.3
総合評価:
久々に赤羽に行った時の体験レポートです。
赤羽は派遣時代通ってました。
当時は食事をしたり酒を飲んだりパチンコをする程度であまり繁華街を散策しませんでした。
今日は以前行くことがなかったセクキャバ遊びが目的です。
やっぱりおっさんになると女遊びに興味が出てきます。
独身時代は不自由しなかった女遊びも、結婚するとなかなかできなくなってきますから。
良く通ったパチンコ屋や飲食店はまだまだ残っていて、しばしノスタルジックに浸りながら歩くといい店がみつかりました。
それがメイドパブご主人様です。
メイドコンセプトのお店ですね。
口コミがなかなかレベルが高く、読んでてムラムラするようなお店でした。
これは行かねばということで足を運んできました

赤羽ご主人様は南口・東口どちらからでも

店の場所は赤羽駅からすぐ近くです。
自分は東口を散策しながら行ったのですが、南口からのほうが早いようです。
南口を出ると目の前に駅前通りがあり、その奥にはとらふぐ亭があります。
とらふぐ亭の脇にある路地に入るとセクキャバ店が密集しているエリアにつながります。
エンジェルハートや居酒屋をとおりすぎ、T字路に出る手前の左にメイドの看板が出ています。
ここがご主人様ですね。
同人誌っぽい女キャラクターとピンクと黄色のハーリキンチェック柄の看板が特徴的です。
明るい時間帯に行ったので、外に誰もいませんでした。
少しうろうろしながら扉が開くのを待ったのですが、一向に人の気配がしません。
看板のライトは光っているので、おそるおそる扉を開くと、丁度ボーイのスタッフと目が合います。
「えーと、準備中ですか?」
「やってますよ、少々お待ちくださいね」
といって酒とグラスを持って別の客のところに持っていきました。
大丈夫そうだったので中に入ってボーイが戻ってくるのを待ちます。

オープンなレイアウトに先客は二人だけ

「お待たせしました、初めてで?」
「そうですね」
初めてを告げると他店のように料金システムの説明からはじまります。
赤羽は朝キャバが多いようで、昼から営業している店が多いです。
ご主人様もその一つで、この日訪れたのは16時、ギリギリ朝の時間帯です。
ちなみに40分1セットになっていて、17時をまたぐと微妙に料金が違ってきます。
・9時から17時まで5000円
・17時から19時まで6000円
丁度時刻をまたいでしまう時間帯だったのですが17時からではなく16時の料金にしてもらいました。
少し古い階段をあがると洗面台があり、そこでハミガキと手洗いを済ませます。
それが済むとおじさんに中に案内されます。
店内はあまり広くはありません。
全部で10席ない感じ。
壁に沿って横並びになっている中一席だけ別の方に向いてる席があります。
オープンなレイアウトなので夜人が多くなったときにちょっと気まずいですね。
人が少ない時間帯でよかったかもしれません。
そのうち中央の席に案内されました。
周囲を見ると客は他に2人だけ。
まだ明るい時間帯ですが、これから用事もないのでビールをごくごく飲みます。
女の子は座って3分もしないうちにやってきました。

一人目 中越典子風ツンツンメイド

「こんにちは、よろしくお願いします」
一人目の女の子がニコっと笑顔でやってきました。
座る仕草をみせますが、なかなか腰を下ろしません。
「どっち座ってほしい?」
「え?どっちでもいいよ、漫才師じゃないんだからさ」
お客さんによっては左側と右側好みが違うらしいです。
自分はどっちでもいいんですが、右側に座ってくれたほうが落ち着くかもしれません。
なんででしょうね、利き腕の問題かな。
さて、彼女の体ですが、お姉さん系の色香を宿す幼い系です。
女優の中越典子がJKになったような顔ですかね。
シュっと尖った輪郭とパッチリした目、気の強そうな目がそそります。
恰好はオーソドックスのメイドファッションで左手にモコモコとヒラヒラの感触があたります。
おっぱいもそこそこ大きかったので期待したのですが・・・・
いかんせん会話が盛り上がらない。
24時間テレビのランナーがどうのとか、こっちが食いつきそうな話題を振っても反応が退屈。
こーいうタイプ、苦手です(-_-;)
「じゃあ上に乗る?」
「よろしく」
というわけでこーいう女の子は早々に上に乗ってもらったほうがいいでしょう。
そのままスカートをたくし上げて乗ってもらいます。
キスを早速されました。
キスの力強さは5段階評価で3点くらいかな、及第点です。
舌の絡みが弱く、また結合時間も短いです。
おっぱいの大きさはFカップで★4はありますが、乳首が少し黒目で好みと外れました。
モミモミしながら乳首をはじきますが、反応も弱めで淡泊コース。
どうでしょう、顔はいいけど接客は・・・という感じ。
時間が来たので交代してもらいました。
おねだりがなかったのはいいんですが、会話も接客も薄味だとねー。
デレがないツンデレというか。
一発目にこれでは期待がもてなくなります。
初めて赤羽セクキャバに遊びに来たのに嫌なイメージがついてしまいました。

二人目 メイド服が似合う美少女メイド

「こんにちはー〇〇といいます☆」
次は顔を見た瞬間に「キター」と言いたくなるとっておきの美少女誕生です。
瞳はクリっとしていてパッチリ型で、輪郭は綺麗なたまご型。
ふんわりしたグラデーションヘアにモコモコのメイド服が似合うスレンダーむっちり体系。
可愛いですね、能年玲奈ちゃんをちょっとふっくらさせた透明感。
男心をくすぐるメイドさんで、ちょっと気取った態度がエロいです。
「可愛いね-」
「今日暑かったよねー」
「うんうん」
「待機所の冷房ちょっと壊れてて体汗ばんじゃう」
「じゃあ拭いてあげるよ」
そういって汗をおしぼりでふくようにみせかけて足や腕をさわさわしました。
拒否らず笑顔のままなのでかなり得点高いコです。
「じゃあこっちも拭いとく?」
そういっておっぱいの中におしぼりを入れようとすると
「そっちは大丈夫です笑」
「そう?一番汗ばんでそうなのに」
汗っかきなのを彼女は気にしているらしい。
クーラーが苦手で寝汗もびっちょりなんだとか。
「女の子は汗だくくらいでちょうどいいんだよ」
「でも汗っかきだとメイク崩れるからいやなんですー」
「それは男にはわからん悩みだね」
他愛もない話でも盛り上がります。
さっきの女の子にみならってもらいたいトーク力です。
別に会話の内容なんてなんでもいいんです。
我々は嬢に持ちネタやすべらない話を期待しているわけではありません。
一緒にいて楽しいとおもう雰囲気をつくってほしいわけです。
そういう雰囲気が作れるのであれば、会話が汗にまつわることでも天気のことでもなんでもいいんです。
どんな話でもイチャイチャ感出してくれる彼女はまさに天使でしたね。
「働いて長いの?」
「んーん、まだ一か月たってないの」
「そうなんだー」
長く働くことで、接客術が身に着く女の子もいますが、だいたい仕事に疲弊して擦り切れてしまいます。
だから女の子は鮮度が高い働き始めが一番好きです。
働いて一か月たってない彼女はその鮮度の高さがありました。
「ではご主人様。そろそろお上に乗ってもよろしいでしょうか」
「断るわけないよ」
まだ照れのあるメイド口調がたまりません。
たどたどしい仕草でライドオンしてきました。
目を合わそうとしない彼女に「こっち向いてごらん」というと、顔を真っ赤にして恥ずかしがってます。
しかし覚悟を決めたように唇を近づけてきた。
ヌチュゥッちゅぅっ
かなりクセのあるキスの仕方です。
唇同士を重ねる、というよりチュウチュウと吸ってきます。
しかしそれが彼女の柔らかさに包まれてるようでムスコがギンギンになりました。
おっぱいに手を伸ばすと彼女が自然とメイド服を下げました。
ピンク色の小さな乳首が二つの山の頂上で満開です。
クリクリといじると
「あんあんっ・・・」
と小さなか細い声で悶えてます。
すんごい感度が良いのでいじめたくなる自分好みの女の子です(笑)
唇に唾液をつけて濡らしながらクリクリとはじいていると、クリンチしながら感じてます。
「ああん、気持ちよくて姿勢が維持できないです」
「はは、乳首弱いんだね」
というとコクンとうなずきました。
もにゅもにゅと揉みながらクリクリと乳首を弾く遊びを堪能したらちゅぱちゅぱ吸います。
悶えながらも頭を左右に振ってそのたび髪の毛のいいにおいが鼻に漂ってきます。
「いつもエッチなことしてるんですかぁ?」
「おれ?ここ一か月はしてないよ(先日ソープへ行ったばかり)」
「ほんとですかぁ」
「あ、性病検査は定期的にしてるから安心していいよ」
「そーいうことじゃなくて、上手過ぎて」
嬢に上手とおだてられて悪い気がする男はいませんよね。
さっきよりもちょっぴり紳士的に攻めてあげました。
しかし楽しんでるとボーイがやってきてしまいます。
「どうでしょう、延長などしてみては」
「うーん、どうしよっかな」
すると彼女が無言の圧力ではありませんが、うるうるとした視線をぶつけてします。
「わかった、じゃあ延長で」
「彼女はオススメなので、是非よろしくです」
会釈してボーイが去ると同時に抱き着かれ、お礼のチューをされました。
「私でよかったんですか」
「君じゃなかったら延長してないよ」
すると彼女のサービスもエスカレート。
キスも舌をガチガチぶつけあう情熱的なDKになり、チャックをおろしてパンツの上からムスコを4545してきました。
これにはさすがに暴発しそうになりました。
結局ドリンクを奢ったり、延長による余計な出費はかさみましたが、ういういしい美少女と遊んでハッピーな一日となりました。
パンツを十分に湿らせて外に出る頃にはもうすっかり夜に。
赤羽セクキャバで遊ぶのは久々でした。
これから来るたび通って新しい思い出を作っていきたいですね。

総合評価

4.3
二人目の良姫のおもてなしが最高でしたね。
一人目はちょっとご主人様という割にホスピタリティがたりてなかったかな。
何回も訪れるに足るいい店だと思います。
朝と夜で料金がかわるので、訪れる時間帯には注意したいところです。


おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク