本厚木 パイレーツ

本厚木 パイレーツ
本厚木・相模原 セクキャバ・おっパブ
本厚木 パイレーツ
神奈川県産のオッパイをご情味あれ☆
本厚木に夜のオッパイ海賊あらわる!セクキャバ「パイレーツ」GRAND OPEN!ただいま新規開店期間中につきめちゃカワキャストが多数入店中!店長が選りすぐった美女たちと過ごす夢のひととき!黒髪清楚な和風美人や元気いっぱいの茶髪ギャル、お姉さまな雰囲気のOL、萌え~なヲタク娘までありとあらゆるタイプの女の子をそろえました!セクシーなBOINとHIPが目の前に迫る迫力!漏れる吐息・・・熱い唇・・・汗ばむボディ・・・ヤバ~い!ビンビン注意報発令中!日ごろのお仕事でお疲れの方、非日常の刺激をお求めの方、どんなお客様でも満足させる自信アリ!「たまたま寄ったお店だったんですけど、濃厚なサービスでジュニアも元気になっちゃいました(笑)」想定内?NO!『想定外』の密着プレイでおもてなしいたします!お店は本厚木駅北口徒歩1分!ロータリーからコージーコーナーの角を曲がってスグ!対面にタイムスの駐車場があるビルの3階です!お電話をいただければ即ご案内いたしますのでお気軽にお問い合わせをどうぞ!スタッフ、フロアレディ一同、皆様のご来店を心よりお待ちしております♪
本厚木 パイレーツ
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 神奈川県厚木市中町3-1-17 プティ厚木3階D号室
アクセス 各線『本厚木駅』北口から徒歩1分
TEL 080-8436-5000
予算目安 40分5000円~
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 本厚木 パイレーツの口コミ体験談

セクキャバRuu
投稿日:2019/04/05 23:52     セク部長さん

本厚木 パイレーツで海賊王に俺はなるっ!!

3.7
総合評価:
海賊版サイトでえっちな動画をみていた男性諸君にとってダウンロード違法化問題は気になるところだろう。
おもえば漫画村も気づけば消えていた。
もちろんちゃんと制作者にお金がはいるように商品を買ってあげるのがベストだ。
だが隣に無料で配ってる商品をわざわざ金を出して買う人間がどこにいる?
オジサン的には海賊サイトがどうこうより、パイレーツというお笑いコンビが今どこで何してるかのほうが気になっている。
今日訪れたのは海賊を意味するパイレーツというセクキャバだ。
本厚木でグランドオープンしたてのこの店は、萌え系ヲタ系OL系をそろえるどんなお客様でも満足させる最高の店だという。
海賊サイトでどんなに動画をみようが、生のパイオツには勝てない。
ってことでオジサン今日は本厚木のパイレーツへ、女海賊を制圧しにいってきたぞ。

本厚木のパイレーツまで行ってみよう!

では本厚木パイレーツまでの道順をまとめておこう。
まず北口を降りたら目の前のかえで通りを厚木中町花の公園方面に歩いていく。
しばらく歩くと道が二手に分岐しており、スーツのアオキを左に見ながら右の商店街に入って行こう。
ファミマのあるさつき通りを横断し、駐車場の二つ先にあるビル。
これが本厚木パイレーツのあるプティ厚木ビルである。
入口上部は特徴的なフォントで「プティ厚木」と書かれており、夜の看板がズラリと並んでいるので見逃す心配はないだろう。
店の前に立っていると客引きの兄ちゃんが話しかけてきた。
目当ての店の勧誘ではなかったのでパイレーツのスタッフにつないでもらう。
「こんばんわー、いまちょっと待つ感じですが大丈夫ですか?」
そりゃー待つのは嫌だけどゴネても他に行く当てもない。
「何分くらいっすか」
「30分くらいですかね~」
そんな繁盛しているのか尋ねると、出勤予定の女の子が飛んじゃったらしい。
時間帯が開店直後ということもあり、出勤人数が足りないようだ。
とりあえずOKして上に向かう。
パイレーツは3Fにある。

パイレーツの詳細情報をどうぞ

上にあがるとにぎやかなBGMが中から漏れてきていた。
扉を開くと受付の男女のスタッフが迎えてくれた。
出勤人数が足りないならこの女の人が接客すればいいんじゃないのか、と思ったが顔をみる限り厳しそうだ。
とりあえず料金システムの説明を受ける。
パイレーツはオールタイム5000円で本指名が2500円で場内が1500円。
ドリンクも一杯1000円からと都内より割安になっている。
手元のクーポンでも40分5000円とかわらなかった、しかし税サがサービスになるのでこれを使う。
マウスウォッシュをしてから中へ。
「ではこちらで30分ほどお待ちください」──。
店内は暗め、というよりソファとテーブルが黒いので真っ暗に感じる。
ほのかに照らされたライトが反射する白い壁には、海賊旗が掲げられている。
ブースは6つくらいだろうか、ファミレスのようにレイアウトされ、座ると衝立がちょうど他者の視線を遮ってくれる。
とはいえ他に客は一人だけ。
女の子の顔は暗くてよく見えない。
案内されたのは入ってすぐの中央のブース。
ひとまずビールを飲みながらスマホを開いて途中だった仕事をすませる。
30分待つということだったが、10分くらいで女の子がやってきた。

Aちゃん

やってきたのはYシャツ姿の女の子Aちゃん。
他の日は知らないがこの日はYシャツで接客するイベントだったらしい。
挨拶もそこそこに隣に座る彼女は申し訳なさそうに何度も頭をさげた。
「一人女の子が飛んじゃったんだって?」
「うんだから急遽早出したの」
「そりゃー悪いことしたなぁ」
「悪いのはこっちじゃん、優しいんだね~」
自分のシフトをズラされると不機嫌になるコも多いが、彼女は客本位で考えられるタイプ。
店の都合を客に責任転嫁する女の子もいる中これは好印象。
顔はもっちりしていて和風な顔立ち。
ちょっとけだるそうな、眠そうな雰囲気は朝ドラ出てた頃の貫地谷しほりちゃんを彷彿とさせる。
和風な顔立ちで嫌いじゃない。
あたりさわりのないトークが続く。
「最近ちょっと温かいよね」
「そうだね、日中はダウン着てると暑いもんね」
「春好きなの?」
「3月からGWまでくらいの気温が一年で一番好きかな」
「あー、あたし花粉が苦手だから春苦手かも」
そんな天気のことを話しながら彼女のYシャツの向こうにあるおっぱいに目を向ける。
大きさはFカップくらいだろうか、谷間の上でキラキラ光るネックレスが挑発的だ。
ボタンは上から4つまで外されており、いつでも準備万端の雰囲気が漂う。
眠そうな顔しているのに結構おしゃべりなタイプ。
パイレーツの話題からお笑いの話になり、テレビを最近見てないオジサンはまったくついていけなかった。
ここでボーイ氏が登場し、声をかけてきた。
あれっ、もう時間なのかな、と思ったけどそうじゃなかった。
「そろそろショータイムの時間になります、どうでしょう、一緒に乾杯してみては?」
「飲もう飲もう」
といってメニュー表を見せる。
シングルだと一杯1000円ということ、女の子へのサービスをしてくれという催促である。
断ろうかとおもったが、わざわざ声をかけて断ると彼女の機嫌を損なう危険が。
それに早出してくれた女の子に対し最初の客としてサービスしなくてはいけないか。
そんな義務感で彼女にも奢ってあげた。
まあ1000円程度なのでヨシとしよう、彼女はレモンサワーを注文し改めて乾杯。
ってことでショータイムがきた。
「上に乗っちゃいますね」
「周り客がいないから恥ずかしくなくていいね」
「じゃあ頑張っちゃう」
上に乗せてイチャイチャ。
見た目より体重が軽い。
でも抱きしめると丁度いい肉感、細すぎずもっちりしている。
びっくりしたのは肌が非常に滑らかなこと。
しっとりしていて、あまり男に擦られてない生娘の触り心地がある。
目をじっとみあわせてまずはキスをした。
ドリンク効果からか、ニュルンと舌が絡まってくる大人なキス。
いったんはなれてニコっとほほ笑む彼女に質問。
「店長いの?」
「んーん、はいって1か月くらいかな」
「やっぱり」
「なんでー?」
「肌がさ、スベスベなんだよ、新人特有の張りと艶が」
「すごーい、触っただけでわかるんだ」
だんだん男にさわられすぎると肌荒れしたり、水気がなくなってくる。
彼女は肌艶が抜群で鮮度が高かった。
この調子でおっぱいをいただく。
「結構大きいね、Fカップくらい?」
「あたり」
ほのかにツンと起った乳首をまずは指先で弄る。
小豆色の乳首とスライム型のおっぱい。
ムスコを隆起させるには十分すぎるボリュームだ。
乳首をいじりながら顔をうずめてセルフパフパフ。
彼女も乗ってきて谷間に顔を押し付けて、体を左右に振ってくれた。
「乳首感じるタイプ?」
「んー、どうかなー」
「あれれ~?お姉ちゃん硬くなってるよ~?」
「なんでコナン君の真似するの(笑)」
「わかった?唯一できるモノマネなんだけど」
「笑わせないでよ(笑)」
といいながら彼女の乳首をパクっと唇でついばんでチュウチュウ吸う。
さっきまで笑ってた彼女が飛び跳ねるように強くのけぞる。
「あんっあああんっ」
「やっぱ感じるんじゃん」
そう思ったオジサンはずっと乳首をいじって甘噛みしていじめる。
「ううっ、だめっ、それやだっ」
とか言いながら感じちゃってるAちゃん。
唐突に大きな喘ぎ声をあげるもんだから店員氏が見回りに来て、何もないことを確認すると素通りしていった。
そのままDKをしながらオッパブプレイを楽しんだ。
時間が来てしまいタイムオーバー。
場内催促あったら考えようと思っていたが
「Aちゃん、ちょっとお借ります」
「あーん、まだまだ遊びたかった」
彼女は別のテーブルに連れていかれてしまった。
ショータイムが終わると新しい客が数人中に入ってきた。
ムスコをびっしょり濡らしたオジサン、次の女の子を待つ。

Fちゃん

次にやってきたのは若いころの大沢あかねちゃん風のギャルFちゃんだ。
茶髪の巻き髪と人懐こそうな笑顔。
Yシャツ姿でちょこんと隣に座ってきた。
よくみると結構可愛い、挨拶した直後にいきなり下半身をスリスリしてきた。
「なんで大きくなっちゃってるのかな~」
「そこね、折り畳み傘いれてきたんだよね」
「今日は晴れなのに」
「中はビショビショだからね」
「うふふ、面白い人」
彼女とは好きな漫画について雑談した。
やっぱり彼女も漫画村使ってたらしい。
まあ当然といえば当然だ。
好きな漫画はNANAとはちクロと課長島耕作ということ。
「最後のだけ俺も好きだよ(笑)」
ユニークな彼女とこの日二回目のショータイムへ。
こちらが攻めるよりもまず先に攻めてきたFちゃん。
キスをするというより唇を奪われるといった感じのキス。
ニュルニュル舌をからめてきていかにもテクニシャンな舌技を披露。
「キスすごいね~」
「えへへ」
オジサン脳汁たらーんと流しながら酔いと快感ですっかりとろけてしまいました。
そのあとなんとか体を起こして彼女のおっぱいを揉む。
こちらのサイズはあまり大きくない、Cカップということ。
反応も薄く、キスのほうが彼女は魅力的だ。
ハグしながらイチャイチャしていると、彼女からもドリンクおねだりが。
そう指導されてるんでしょうか、ここはひとまず断った。
すると最初激しかった情熱的なキスが鳴りを潜め、すっかり消化試合の雰囲気に。
ショータイムがここで終わり、延長を催促されたがムスコが限界なのでここで退店。
最後はちょっぴり後味悪かったけど、ムスコはいい栄養になったようだ。
退店し、近場のピンサロを探すオジサンであった。

総合評価

3.7
まあまあかな。
開店直後に行った割にはレベルが高い子が来たと思う。
内装が暗いがオシャレなので結構好きかも。
ちょっとドリンクの催促がうざいが一本1000円なのでこれは許容範囲。
近場にいったら寄ってもいい店かな、待つのは勘弁だが。

おすすめ店舗
  • 小田急相模原 Touch...

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • Boobs

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • CLUB Asyl

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 本厚木 パイレーツ

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • LIP

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 橋本 CLUB f

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態いちゃキャバ

  • the VOGUE

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態ランジェリーパブ

  • 風月

    エリア神奈川/藤沢

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • CLUB TRICK

    エリア神奈川/藤沢

    業 態いちゃキャバ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク