Angelica

Angelica
川崎 セクキャバ・おっパブ
Angelica
川崎でセクキャバ行くなら当店へ!
川崎駅周辺にはキャバクラをはじめ、ピンサロ・ヘルス・ソープランドなどなど、男の欲を掻き立てる様々なお店が存在しています。キャバクラで楽しく飲むのもいいけど、会話だけじゃなく、女の子と堂々といちゃいちゃ恋人気分が味わいたい!そんなときは、川崎が誇るセクシーキャバクラ「Angelica(アンジェリカ)」で楽しんでいってください!清楚系・ギャル系・OL系・人妻系など、いろんなタイプの女の子をご用意していますので、貴方の好みに合致する女の子が必ず見つかるはずです!ルックスレベルはもちろん、接客や各種サービスにおいてもクオリティの高さは保証いたします。近くまできたんだけど、お店の場所がわからない…そんなときでも心配御無用、ご連絡いただければ当店スタッフが駆けつけ、店舗までのご案内をさせていただきます!ぜひ、当店自慢のミラクルバディの女子達を、心ゆくまで味わいつくしてください!当店は、常時ハイクオリティなキャストが出勤しておりますので、いつご来店されても絶対にご満足いただけます!川崎で飲んだ後の2軒目はアンジェリカで決まり♪
Angelica
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 神奈川県川崎市川崎区砂子2-7-16 福福ビル2F
アクセス 各線「川崎駅」より徒歩7分
駅前大通りを信号(小土呂橋)まで直進してください。
コナカとセブンイレブンの間の道を左折。約20メートルほど進んでいただくと左側に当店がございます。
TEL 044-222-1277
予算目安 40分/7,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 Angelicaの口コミ体験談

DG5
投稿日:2019/03/06 14:52     DG5さん

Angelicaのパフォーマンスはいかほどか

3.2
総合評価:
最近はじめたtwitter。
情報収集に役立っている。
ネットニュースは余計なノイズが多く、ほしい情報だけを手に入れるのが難しい。
その点twitterは自分の好きな情報だけを取り入れられる。
どんなことが話題になっているのか調査するのに都合がいいメディアなのだ。
セクキャバ系も多くアカウントを持っていて、イベント情報をいち早くゲットできる。
ただこのtwitter、問題もある。
それは過去の情報が検索しにくいところだ。
ちょっと前のイベント情報を確認したくても投稿が下に沈んでいて、探すのにやたら苦労する。
オジサンは古いタイプの人間で、まだまだ扱いなれてない。
とはいえ日本でもっとも支持されているSNSだ、これを使いこなさなくてはいけない。
さて、今夜向かったのは川崎にあるangelicaという店。
twitterで検索したところ、SNSアカウントを持っていなかった。
オジサンと同じ古いタイプの経営者が運営しているのかもしれない。
逆にそーいう店のほうがオジサンには合うかもしれないがどうなることやら。

来店・プレイまでの流れ

ではアンジェリカのアクセスについて解説しよう。
某HPでは県道101号線ルートを紹介していたが、オジサン的には仲見世通からのほうがわかりやすい。
まずは川崎駅についたら東口をでて仲見世通り商店街に入って行こう。
川崎といえばソープ街だが、この日のキャッチはどこも攻撃的だった。
目の前をさえぎっては袖を引っ張る勢いで店に連れ込もうとする。
ソープ以外はどこも景気が良くないらしい。
店が儲からなければキャッチの給料も下がり、必然的に質も悪くなる。
少しでも耳を貸してしまうと負けなので無視してやりすごす。
三つ目の十字路をすぎて30メートルほど歩くと左手にステーキダイニングあさひやがある。
あさひやの正面の路地を右に曲がった10メートル先にアンジェリカはあるのだ。
フーセンガムのような看板が目印。
路地前にいたスタッフに声をかけ、フリーで行きたいことを告げる。
「じゃあそこの階段上がってください」
あまり愛想のない客引きに促され階段へへ。
どうやらエレベーターはないようだ。
細い路地にある店で、新規だとちょっと入りづらいかもしれない。
とにかく店は二階だ。

店舗について

受付ではやる気なさそうな兄ちゃんが待っていた。
下で言われた通り料金を支払うが特になにも説明がない。
きちんとした店であればここで店のルールや禁止事項の説明があるがそれもなし。
一応説明しておくとアンジェリカはビジター料金が40分で7000円、22時以降だと8000円になる。
メンバー料金の場合はオールタイム8000円のようだ。
そういった説明もない。
いまいち釈然としないままマウスウォッシュもなく中へ案内される。
「こちらへ──」
店内はキャバクラのようなオープンな空間で遮蔽性はナシ。
紺のソファの前に円テーブルが並べられ、全席で10人分くらいだろうか。
他に見回すと客は2人だけだった。
キャストの恰好は上半身がロンTシャツで、下半身が下着という変わった衣装。
客もチビチビ飲んでいるようでいまいち活気のない店に感じた。
まあそれはそれで静かに飲めるからいいか、とビールを飲む。
ビールは冷えてておいしかった。
背もたれに寄りかかってスマホをいじっていると最初の女の子がやってきた。

竹内都子似

最初にやってきたのはピンクの電話の竹内都子ちっくなポチャ系キャスト。
ボンレスハムのような腕に、ドレスからはみ出る三段腹。
ヴィジュアル面の破壊力にあやうく帰りかけた。
しっかし何のシステムの説明もなければ最初のキャストがこれって・・・。
明らかに川崎のレベルを疑う、川崎全土のセクキャバ店のイメージが悪くなりかねん。
とはいえ彼女に積みはない、雇った経営者が悪いのだ。
えっちな気分にはならないが、話くらいはしておこう。
「よく遊ばれるんですか?」
「いや、はじめてきたんだ、この店ってどんな感じ?」
「どんな感じ、とは?」
「ルール説明とか教えてもらえなかったんだけど」
「えー、わたしも入ってすぐだからわかんない」
ズコーっ。
この店も推して知るべしですな。
とはいえ彼女は話してて上品な感じはする。
水商売歴は長いのかもしれない。
しかしいかんせんヴィジュアル面が好みではないため、ちっとも盛り上がらない。
すると突然意外な展開が・・・。
場内のBGMがかわり、急にサザンの曲が流れ始めたのだ。
「えっ、なにこれ」
「あ、カラオケです」
なんと、スナックのようにカラオケタイムがはじまった。
入口近くにいた客がサザンを熱唱し始めた。
その音痴な歌声に驚きながらもセクキャバでカラオケという状況に戸惑いを隠せないオジサン。
熱唱するサラリーマンは自席の嬢の喝さいをあびていたが周りのテーブルは白けていた。
様々なことがあり、すっかり意気消沈のオジサンのムスコ。
せめて目の前の嬢が可愛ければそれも吹き飛ぶのになぁ。
するとまたBGMの雰囲気がかわる。
「えっ、またカラオケ?」
「あ、これはダウンタイムの合図です」
「この店ショータイム制なの、それすら教えてもらえんから・・・」
「じゃ上乗っていいですか?」
「いやー、いまちょっと気分じゃないから」
苦しい言い訳をしてやんわり断る。
こんなダンプカーのような嬢に乗られたら膝が粉砕骨折してしまう。
ていうかデブ専風俗ならまだしもこんな店でよく働けるなあ、とちょっぴり感心してしまった。
すでに犠牲者はでているんではないか・・・と思うほどの体重。
彼女は上に乗れないかわりに下半身をさわさわしてきた。
やめてくれ、君とはそーいう気になれないんだ。
そう思いながらも断れず、触られることで生理反応はしてしまう悲しいオジサンのムスコ。
こちらも彼女の爆乳をペチペチとなでながらシャツの上からおっぱいモミモミ。
「いいですよ、吸いますかぁ?」
「いや、ちょっと飲みたいから遠慮しとくよ」
もはや言い訳にすらなってないがまあいいだろう。
彼女からオッパブプレイのかわりにキスのサービスをしてもらった。
唇に触れるくらいのキス。
こちらは唇を奪われた、って感じだ。
というより近くによるとめちゃくちゃタバコくさい。
そーいうところでも嫌悪感が体が示している。
女性がよく「生理的に受け付けない」という言葉で男性への嫌悪感を表現することがある。
それは男にだってある。
オジサン、このぽちゃ嬢が生理的に受け付けないのだ。
清潔感や美意識のなさ、この体系なのにセクキャバで働けるデリカシーのなさ。
全ての要素がムスコを萎えさせた。
一生懸命頑張ってるとは思うが、いかんせん生理的に受け付けない。
そんなことを思いながらも形の上では仲良くやり過ごし、時間がようやくきてくれた。
ボーイ氏がポツリと
「気に入ったのであれば場内指名などもできますが」
するわけねえだろ、と心の中で呟きながら首を横に振って交代してもらった。

飯島直子似

さて仕切り直し。
続いてやってきたのは熟女系、飯島直子っぽいキャストのTさんだ。
アラサーは軽く超えてそうな雰囲気、ぽちゃの次は年増。
この店はまともなキャストがいないのか・・・と思いながら全身チェック。
むっちりした太ももに食い込むパンツ、胸の大きくあいたシャツがセクシーだ。
うむ、年は行ってそうだけど顔自体も悪くはない。
むしろ少し年増好きな人であれば好むかもしれない
年を聞くと20代後半らしい。
うーむ、どう考えてもアラサーなんだがまあそういうことにしておこう。
「この店長いの?」
「はい、なにかありました?」
「いやー、ボーイさんが何にも説明してくんないからさ」
「あー・・・あのいスタッフアルバイトなんですよすみません」
そんな風には見えなかったが彼女なりに気を使ったようだ。
あまりぐちぐちいってもつまらないのでこの辺に
彼女は話しやすく、業界歴長いのが理解できた。
きちんと相手の目を見て話すし、背筋をピントはっているし気も使える。
一人目のぽちゃ嬢とはクオリティが違う。
海外ドラマが好きらしい彼女とプリズンブレイクの話をしているとダウンタイムに。
「では上跨っていいですか」
「あいよー」
まずはムギュっと抱きしめられ、巨大な二つの山で顔面を圧迫される。
この日初めてえっちなサービスをされたかもしれない。
首に巻き付いてきた彼女と濃厚DK。
ぬわっぷ。
窒息しそうなほど圧迫感のある濃厚な舌使い。
これはすさまじい爆発力のあるキス、あっというまにムスコが怒張した。
下が分厚くて長いので、口の中がベロで埋め尽くされる感じ。
苦しいけど気持ちい、そんなキスだった。
おっぱいは大きいが少し垂れ気味、下から持ち上げるように重さを確認。
掌が突き抜けそうなほど柔らかいので揉み心地は悪くない。
反応面は薄めだったが、下半身に手を伸ばしてこちらのムスコをさわさわしてくる。
腰を揺らしながらゆったりイチャイチャ。
流石に延長まではしなかったものの、一人目の挽回はできたのではないだろうか。
ここでボーイさんが登場し、時間終了のお知らせ。
延長を求められたがもちろんそんな気分にゃなりません。
「楽しんでいただけましたか?」
「うん、値段分は」
アルバイトと称されたボーイ氏にそう言い残して店を後にした

総合評価

3.2
一人目が大外れだったけど、二人目でかろうじて挽回。
引き分けって感じですかねー。
でもやっぱり事前の情報収集の大切さを思い知ったかな。
怖くてもう川崎の他店に行けなくなってしまったよ。
そもそもセクキャバでカラオケって・・・

おすすめ店舗
  • CLUB Ritz

    エリア川崎/川崎

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 相乳屋LEONE

    エリア川崎/川崎

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • K-1

    エリア川崎/川崎

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 2πあーる

    エリア川崎/川崎

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • PAIONEER(ぱいお...

    エリア川崎/川崎

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 川崎312

    エリア川崎/川崎

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 蒲田GOLD

    エリア川崎/蒲田

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 大森 πセン

    エリア川崎/大森

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 女組

    エリア川崎/蒲田

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • OOPS

    エリア川崎/蒲田

    業 態セクキャバ・おっパブ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク