貴婦人

貴婦人
錦糸町・新小岩 セクキャバ・おっパブ
貴婦人
駅から徒歩数分で最高のサービスを
錦糸町エリアで、可愛い女の子とイチャイチャ楽しい時間を過ごせるお店をお探しの方は、是非貴婦人(きふじん)までお越しください。
当店では、街中ですれ違ったら思わず振り向いてしまうような、洗練された美女たちが勢ぞろいしており、最高にイイオンナたちが心行くまでおもてなしをしてくれます。
お店の場所は錦糸町駅から歩いて3分という好立地にあり、落ち着いた内装の雰囲気の中、高級志向の演出で美女たちと素敵なひと時をお過ごしいただけます。
実際にお客様からは「付く女の子全てが可愛くて・・本指名をどの子にしていいのか迷います」といった声もいただいております。つまり全員がアタリの女性なのです!
これまでセクキャバにあまり興味がなかった方はもちろん、行ってみたいけど、不安がある…というような方も、キレイな嬢がお相手しますので、安心してお楽しみいただけるお店です。
最高の時間を最高のキャストたちと過ごしたいと思ったら、ぜひ錦糸町の貴婦人まで足を運んでみてください。
これ以上にないレベルの素敵な女の子たちと共に、スタッフ一同、お客様のご来店をお待ちしております。
貴婦人
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 東京都墨田区江東橋3-7-11 プラザビル3F
アクセス 各線「錦糸町駅」南口徒歩3分
四ツ目通りを南下、当店は交差点の角にあります。
TEL 03-3635-3971
予算目安 40分/7,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 貴婦人の口コミ体験談

セクキャバRuu
投稿日:2019/04/23 17:55     モイさん

超絶美人の貴婦人と夢のようなひと時を

4.3
総合評価:
この日、錦糸町駅近くにある「貴婦人」まで足を運んだ小生。
太陽が落ちると風が身体にグサグサ刺さる嫌な季節。
すれ違う仕事終わりのサラリーマンは身を丸めて歩いている。
ふとショーウィンドウに映った自分も同じような猫背をしていた。
年を取ると寒さが身に染みる。
昔は冬だろうが半ズボンで過ごしていた小生もオッサンとなった今、冬は外出する気すらおこらない。
すっかり身体が老いてしまったのだ。
しかーし!!
セクキャバで遊ぶ日だけは下半身が燃え滾るように熱くなり、20歳若返った気分でハッスルできる!!!
これぞエロパワー。
寒い身体を美女の温いムチムチボディで温めてもらうぞぉ。

貴婦人の場所・アクセスについて

ルンルン気分でハッスルする前にまず店の場所を紹介せねば。
錦糸町セクキャバ貴婦人という場所はどこにあるか、店は錦糸町の南四ツ目通り沿いだ。
まず店に行くなら錦糸町駅にアクセスしよう。
東京駅から約8分、品川駅からは約18分だ。
駅に着いたら南口を出る。
すると丸井のビルがみえる。
ひとまず国道14号線を渡って丸井の方へ歩いていこう。
丸井ビルの左手には魚寅という魚屋が見える。
この店の左にある路地をまっすぐ進み、右手のちっとも勝てないパチンコ屋を通り過ぎてT字路を左折。
ファミマのある四ツ目通りにぶつかるのでここを右折し、あとは直進だ。
最初に見える信号の右手側にある黒いビルに貴婦人の看板がみえるはず。
ここが貴婦人のあるダイカンプラザビルだ。
駅から5分もあればたどり着くはず、店も大通りに面しているのでわかりやすい。
目が合うと客引きの兄ちゃんが話しかけてくる。
「どうすか、今や安いですよ」
「フリーで遊べる?」
「当店は指名制なのでフリーではなくて・・・」
と店のシステムを説明されたが、とりあえず遊ぶことを伝えると案内してもらえた。

貴婦人の料金システムについて

受付へ。
ここで錦糸町貴婦人の料金システムとかわった店のシステムをおさらいしておこう。
貴婦人は1セット40分で2980円で10時以降だと3980円。
ドリンクは飲み放題で女の子も無料だ。
20分延長は2000円で、予算目安7000円で遊べるらしい。
メルマガ会員になると2000円安くなるということで、事前に会員になっておいた。
そして店の指名システムを説明される。
この店の一番の特徴はステージ上に並ぶ女の子を指名するシステムだ。
この指名料が指名するごとにかかる。
これは同グループのハレクラニやプリンセスとおなじ形式。
貴婦人は初めてだが同じグループの店舗で遊んでいた小生は、店のルールにすんなりなじむことができた。
とりあえず前金を支払い、そしてチャージ料はその都度女の子に払う。
中はショータイム中だったようで10分ほど待たされた。
その間ドリンクを運んできてくれたので、ちびちび飲む。
「クゥ~、うまいっ」
やがて案内される。
店の中は映画館のような空間になっている。
壇上を囲むようにソファが並べられていて、どの席からも壇上が見やすいようになっていた。
壇上には10人から20人くらいの女のコが番号を持って立ち並び、その番号をボーイ氏に伝えるという仕組みだ。
小生は中央に案内された。
壇上が見渡しやすいVIP席のような場所だ。
周りに客はチラホラといるが席が離れているのでさほど気にならない。

Sちゃん

席についてビールを飲んでいるとBGMがかわり、壇上に次々と女性たちがあがっていく。
ショータイムの始まりだ。
小生視力がそこまでよくないのだが、念能力で凝を使い、エロいオーラを見極める。
「8番の女の子が可愛くみえるぞぉ、よーし決めた」
手を挙げて8番を指名する。
周囲でも声をかける客たち。
さながらオークション会場のような雰囲気。
壇上のマイクパフォーマンスが終わると、8番札の女の子がテーブルについてくれた。
「ご指名ありがとうございます(ニッコリ)」
「はじめまして、こんばんみ!」
「面白い方ですね、フフ」
最初にギャグを飛ばしてかましたところ、かろうじてウケたので満足な小生。
彼女は赤と白のドレスに茶色い巻き髪が煌びやかな女の子。
スラっと伸びた足とキュキュっとくびれたセクシーなボディラインが特徴的。
顔は近くで見ると超絶美人というわけではないが、眞鍋かをりのような才色兼備の雰囲気がある。
トークしていても物腰が柔らかく、話して3秒で気に入った。
「お店はじめてですか?」
「そうそう、この店ゲームセンターCXに登場していて気になってたんだよね」
「えっ?出てました?」
「タマゲーでこの看板を課長が弄ってる回あってさ、それで行きたくなったんだよ」
「そうなんですかー、後で見てみます」
あの番組は小生のようなファミコン世代向きだと思うのだが、彼女も知っているらしい。
ゲームが好きということで、しばらくゲームの話で盛り上がった。
そんなゲーム話をしながら密かに太ももに手を這わせる。
ぷよぷよだ。
手で触る、というより吸い付いてくるような瑞々しさと柔らかさ。
そのまま指を股の方に近づけるとペチンとたたかれてしまった。
「それはダメですよ、ウフフ」
「ごめんごめん、道に迷っちゃって」
結構気の強いところもある。
男心をくすぐる性格だ。
続いておっぱいに着目した小生。
ふんわりとした双丘がドレスを圧迫している。
胸の谷間が開いているドレスなので艶やかな雰囲気。
彼女はキャバクラ嬢というより人妻顔をしているので、妖艶なフェロモンにドキドキする。
「キスしよっか」
「いいですよ」
といって近づいてチュっと唇を重ねてくれた。
かなり唇が柔らかい。
一瞬触れ合っただけなのに体中を風が吹き抜けていくようなとろける感じがした。
ドリンクが無料ということで彼女にもソフトドリンクを注文。
乾杯したころに店内の雰囲気がかわった。
20分に一度くるというショータイムの時間だ。
「上跨っていいですか?」
「お願いしまーす」
小生の上に乗ってきた彼女。
ズシリとした感触で、眼前に大きなバストが迫り、疑似の形とはいえ騎乗位スタイルに股間がムクムクと熱を帯びてくる。
密着する彼女はかなり積極的な攻めをしてくる。
まずは首に腕を絡みつかせて強制的なキス。
これが凄かった。
最初のキスは挨拶程度だが、今回のは舌の仕事ぶりがすごい。
小生の唇を噛み、ベロを舐めた後はチュウチュウと吸い付く。
世の中にこんな気持ちいいことあるのかというほどの快感が脳みそを駆け巡る。
彼女はとにかくベロの動きがけしからん。
普通に絡ませるだけではなく、ベロの上と下をつかって小生の舌をトントンと愛撫してくるのだ。
すっかりキスだけでメロメロにされてしまい、パンツの中がうっすら濡れてきているのが分かった。
「キスうますぎだねえ、よく言われるでしょ」
「よく言われます」
自信たっぷりげにニコっとほほ笑んだ。
暗さに目が慣れてないため、彼女の顔が確認できない。
一方彼女は慣れているのだろう、小生の唇の場所を明確にとらえてくる。
ここで反撃開始だ、今度は小生が攻める番だ。
小生は脇やうなじや耳を舐めるのが好きな特異な性癖を持っている。
ペロリと舐めるだけでその女の子の性格がわかるのだ、ジョジョの奇妙な冒険にでてくるブチャラティのように。
「脇上げて」
「ちょっ・・そこは・・・いけません」
「だーめ」
脇をチロチロ・・・。
ほほぅ、これはなかなか手入れはされている味だ。
稀にジョリっとした感覚が舌先にある女の子もいるが、さすが貴婦人、きちんと永久脱毛をしているらしい。
「脇舐めるなんて・・」
「変態だからね、怒った?」
「舐め方がエッチです」
つづいてうなじをペロリ、とおもったがさすがに身をすくめて抵抗している。
嫌というよりくすぐったいらしい。
じゃあ仕方ないので耳を舐めようとしたら
「もうやめてください、変なところ攻めすぎです(笑)」
「ごめんごめん」
笑いながら怒られてしまった。
キスでメロメロにされた仕返しはできたか、と小生も少し満足。
改めておっぱいを掌で確認。
かなりのおおきさ、Fカップということだが、それ以上にボリュームを感じる。
肉質が良い極上のおっぱい、とにかく柔らかい。
ズッシリとした重みの中にふくよかな優しさを感じさせるいい肉質。
これは天然じゃないと出せない揉み心地だ。
揉んで回して摘んではじいて、中心にある乳首をコリコリして楽しむ。
「舐めていいんだっけ?」
「えー・・・恥ずかしいなぁ」
「じゃあ、いいんだね」
といって乳首を口にする。
女の乳房を口にする幸せな感覚。
まるで幼少期に戻ったような気さえする。
チュウチュウついばむと彼女の吐息が荒くなる。
気の強そうな顔をして悔しそうな表情で中年親父の愛撫を耐えるてるんだな、とおもうと小生幸せです。
しかしお楽しみタイムもすぐ終わってしまった。
「場内指名ってできるの?」
「えっ、私で大丈夫ですか?」
「うん、もっと情熱的なキスしてくれる?」
「がんばっちゃう」
といって場内指名。
といってもまたステージを一回経由しなければならないらしい。
再度テーブルに着いた彼女にチャージ料を支払い、二回戦目を継続。
「延長してくれてありがとう」
「こんなかわいいコ他にとられたくないからね」
実は壇上にもっと指名したい美人がいたのだが、彼女のキスが気持ちよかったのでヨシとしよう。
指名後さらに激しくなったキス攻撃に暴発寸前になったパンツの中。
小生貴婦人と最高の一夜を堪能させてもらいました。

総合評価

4.3
満足度高い。
最初は怖いもの見たさに訪れたつもりが、そこそこ可愛い子のキステクにメロメロになってしまった。
ボーイ氏の説明も明瞭だったし、過去歌舞伎町のグループ店で楽しんでいるだけあってスムーズに遊ぶことができた。
ただ初見でいくとちょっと2980円で遊べるとおもっても指名料が追加される仕組みに「あれ?」って思うかもしれない。
その当たりは情報収集してから行くべきだろう。
小生的にはオキニの女の子ができたので大満足な一日。
やっぱ寒い日は美女と密着して温めあうのが一番ですなぁ。
ムクムクとジュニアがビンビンに温まったので、錦糸町のヘルス探して帰ろっと。

おすすめ店舗
  • 錦糸町 STELLA(ス...

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • One Chance

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • First Kiss

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • タオパイパイ 錦糸町店

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 錦糸町 大江戸

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 貴婦人

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 錦糸町 ギャルゲッチュ

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • Ping pong pe...

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態いちゃキャバ

  • 錦糸町 EROLL

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態いちゃキャバ

  • 小岩 SHOW GIRL...

    エリア錦糸町/錦糸町・新小岩

    業 態いちゃキャバ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク