Kiss19

Kiss19
春日部・越谷 セクキャバ・おっパブ
Kiss19
リーズナブルでキャスト自慢なお店が爆誕♪
エリア初!せんげん台にいちゃキャバ「Kiss19」が完全新規グランドオープン! 皆様大変長らくお待たせいたしましたッ!2018年5月にとうとう開店したKiss19! 埼玉は春日部、越谷のあいだに位置するせんげん台に満を持して登場デスヾ(*´∀`*)ノ! エリアで最初のいちゃキャバとなる当店にはお客さまを満足させるSPECIALサービスが満載!地域密着型でオールシーズン【ラブ&ハグ】を堪能できます!もちろんドキドキの王様ゲームもご用意!スレンダーなロリ系娘やむっちりセクシーなお姉さま系美女と至高の時間をお楽しみあれ!貴方の腕次第ではゲーム中にあんなコトやこんなコト、できちゃうかも!?高級感あふれる広い店内スペースでまったり♥楽しんじゃおう!お店は東武伊勢崎線「せんげん台」駅から徒歩30秒!もし、「歩いて行くにはちょっと遠い」というときにはタクシー“ワンメーター保証”いたします!「今夜は飲みたい」「かわいい子と遊びたい」そう思ったときがA・SO・BI・ドキッ! 19のKISSの伝説が、今、幕を開ける・・・
Kiss19
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 埼玉県越谷市千間台東1-1-1 金子ビル 2F
アクセス 東武伊勢崎線『せんげん台駅』から徒歩30秒
TEL 048-971-7266
予算目安 40分5000円~
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 Kiss19の口コミ体験談

ME012
投稿日:2019/04/11 18:36     ME012さん

春日部→せんげん台へ!Kiss19(キスナインティーン)でスケベ三昧

4.2
総合評価:
春日部からタクシーでせんげん台に行きました。特に用事のない街だったのですが、永遠に続くと思われる宴会地獄から逃げるように、この街へとむかったのです。
タクシーワンメーター保証というサービスがあったので、私にとって好都合でした。会社の人間がいないところに行きたい、そんな願いを叶えてくれるのがせんげん台のいちゃキャバ「Kiss19(キスナインティーン)」でした。
そこでは意外な驚きがありました。女の子のレベルやサービスなんてどうでも良かったのですが、一生わすられられないような出会いがあったのです。

地獄のエンドレス飲み会

私の職場では、体育会系の風土が会社の業績を支えています。ですので、飲み会の出席は仕事の一つ。絶対に断れません。この夜も、下っ端である私はいやいやながら参加していました。
2次会が終わった後で、3次会行くぞ!という悪魔の号令がかかります。時間はまだ21時になっていませんが、おそらく24時を回るまで続くでしょう。
自分の健康のため、なんとか逃げ出したくなりました。そこで、セクキャバが好きな先輩をけしかけてみます。「ここ行ってみません?」「セクキャバ?」「はい」「春日部でいいだろ」「たまには、新しいことにチャレンジしましょうよ」
意識高い系の先輩ですから「チャレンジ」という言葉に弱いです。見事一本釣りに成功し、2人でせんげん台へと向かうことが出来ました。私の家も近いので、これで早く帰れます。

静けさといちゃキャバと

タクシーはせんげん台の駅前へ。住宅街のための、ささやかな駅前空間です。カラオケ店の2Fへ進みました。電話してあったので、スムーズです。
受付で、タクシーワンメーター保証を利用すること、割引クーポンがあることを伝えます。これで50分4000円です。ワンメーター分も引いてくれました。
いちゃキャバである断りを聞いて、席へと進みます。店内は広くて高級感のある作り。明るめの照明で、怪しい雰囲気はありません。さくっと飲んで帰るには最高の環境です。

包容力とスケベの境界

ビールを飲みながら、仕事の話をしていたら、女の子がやってきました。私についてくれたのは、色白でもっちりとした肌が特徴的な女性です。年齢は20代の後半ぐらい、目が大きくて印象に残っています。
彼女が席につくやすぐに「なんか飲んで!」と先輩からドリンクを振る舞ってもらいます。実にお得です。この時点でせんげん台に来てよかったと思いました。
むさ苦しい体育会系のノリから離れ、静かな街で色白美人と酒を飲みます。チョー贅沢!と心の中で飛び跳ねて喜んでました。
「今日は仕事ですか?」と仕事の話から始まります。「うん、宴会から逃げてきた」と正直に話しました。「たいへんですね」「○○さんは?仕事はこれだけ?」「いえ、昼間も別の仕事をしています」
えらい!よく働く女性は尊敬します。どんな仕事をしているか聞いても、はっきりとした返答はありません。「事務?営業?」「ええ・・まあ・・」「専門職?メーカー?」「いえ・・そんな・・」「人に言えない仕事?」「いえ、実は子育てしてるんです」
えええ!子供産んでるんですか?「はい、まだ5歳なので手がかかるんです」それでも、夜は自由に動けるようになったので、短時間で稼げる夜の仕事を始めたのだとか。
「ここなら、時給が良いから、子供との時間を長く過ごせるんです」えらい!彼女から感じる包容力のようなものは、こんな背景があったのです。
「旦那はいないんですか?」「別れちゃったんですよー」「ああ、そりゃ大変」「でも、いないほうがマシって旦那だったので・・」「ああ、それなら仕方ないんですね」「仕方ないんです」
それにね、と彼女が付け加えます。「今のほうが、自立してるし、楽しいですよ」「前は自立してなかったの?」「旦那に全て頼り切ってましたね」「子供がいるんじゃ仕方なくない?」「でも、浮気されちゃって」「ああ、それはキツイ」
楽しく笑う彼女はキラキラと輝いて見えました。色白で美人だし「新しい男見つけないの?」と聞きます。「んー、あんまり出会いはないかなあ」「ここのお客さんとかは?」「あー、エッチなことが絡むとダメですねー、恋愛にはならない」「え、ここエッチなことしていいの?」
全く期待していなかったので、おしゃべりぐらいかなあ?と思っていました。フフフと彼女が笑い、先輩の方を指差します。ああ、先輩はガッツリ乳揉んでました。
「ここって、いちゃキャバですよね?」「でも、皆あれぐらいやってますよ」「へ・・へぇ」「やります?」「やりたいです」そうゆうと、彼女はじっとこちらを見つめてきます。わたしも彼女を見つめました。ゴクリとツバを飲みました。
正面から見る彼女は、包容力とスケベを両方持ち合わせた存在です。どこか神々しさを感じました。母であり女性であるというのは、こんな雰囲気を身にまとうのか!と思いました。
ゆっくりと近づいて、キスします。2回ほど、挨拶程度のキス。その後彼女が覆いかぶさって来ました。やわらかいおっぱいが当たります。キスはどんどん深くなり、彼女の舌が入ってきました。
私のチ○コは反応し、硬さを増していきます。彼女の柔らかさを感じる度に、それは攻撃的な状態になりました。完全にマウントポジションを取られたので、彼女の性器とは数cmの隙間があるだけです。
ここでドレスをビリビリに引き裂いて、セックスしたくなりますが、当然そんなことは不可能です。彼女のリードに導かれるように、私はおっぱいを触ります。
子供を1人育て上げたその乳は、ミルクの名残を残しているのでしょう。触る度にタプンタプンと波打ちます。手の中で、脂肪が液体のように動きました。
「すごい柔らかい・・」「吸いたい?」「うん」彼女は片方のおっぱいを出してくれます。乳首が見えたと思ったら、本能的にむしゃぶりつきました。
子供のように、彼女のおっぱいをいただきます。チューチューとすうと「あああん」と彼女が鳴きます。私は彼女の腰を強くだいて、下に落としました。私の硬直を知ってもらうためです。
彼女のやわらかな部分に、私の硬直した部分をあてがいます。腰を動かして、彼女を求めます。彼女も腰を動かして、お互いの性器が触れ合うポイントを探りました。
ハァハァとお互いの吐息が上がってきたところで交代になってしまいました。

ハーフの味は

先輩に付いていた女の子と交代になるのかな?と不安でしたが、2人共まとめて交代してくれました。先輩とベロベロキスしていた女の子に、興奮することはなかったでしょう。ありがたい配慮です。
先輩は「あの色白の子がいいなー」といっていたので、気にしないのでしょう。まあまあ、次に来る子に期待しましょうと言っていたら、すぐにやってきます。
私に付いてくれたのは、スラーリと伸びた手足が綺麗な女の子。「はじめまして○○です」とごあいさつします。顔立ちがややエキゾチックな可愛い子でしたので「ひょっとして、ハーフ?」と聞いたら「はい」とのことでした。
お母さんがフィリピンから出稼ぎに来た人で、生まれも育ちも埼玉という彼女。日本語は完璧と言うか「日本語しか喋れません」とのことです。お母さんの国には、何度か行ったことがあるらしいです。
「どっちがいいの?」と聞いたら「あっちもいいけど、やはり日本ですよー」「どうして?」「遊ぶ所とかですね、自然や食べ物はあっちのほうが良いけど」「あ、そうなんだ」「ご飯、チョーおいしかったです!」
彼女の話を聞きながら、かの地のことを思います。楽しげに話すハーフちゃんを見るのも面白いです。ドリンクをまた先輩が奢ってくれました。乾杯して、わいわいトークになります。
すると先輩に付いていた女の子が「王様ゲームやろ!」と言い出します。ハーフちゃんも「やろやろ!」と乗り気だったので、我々はそれに押されてゲームをやることにしました。

「王様だーれだ!」の掛け声、最初は私でした。「じゃあ、1番が2番のケツを触る」というと、ハーフちゃんが先輩の尻を触っています。「あはは!」と楽しそうですが、触られても嬉しくないでしょう。「次は俺だ!」と先輩。
しかし、次は先輩の隣の女の子でした。「2番と3番が・・・握手!」ハーフちゃんと先輩が握手します。「ヌルい!」と先輩。
次のターンでついに先輩が王様になります。「1番と3番がキス!」ということで、ハーフちゃんと私がキスすることになりました。周りが見ている中で、「チュ」っと軽くキスします。
次の王様は私です。先輩の方を見ると、指を1本立てていました。「1番が2番のおっぱいを揉む」というと、先輩が「よしゃ!」と隣の女の子に襲いかかりました。「やーん」と女の子。まあ、ゲームだから仕方ありません。
次の王様も先輩でした。「私はー?」とハーフちゃんが言います。先輩がアイコンタクトをしてくるので、ハーフちゃんを構うフリをしながら指を2本立てました。
「1番が3番に馬乗りになってディープキス!」と先輩が言います。マジですか?私のサインに気づかない先輩ではありません。きっと、レズプレイが見たかったのでしょう。
ブーブーいう女性陣に「ま、ゲームだから」とばっさり。え、まじで、え、え?と戸惑うハーフちゃん。1番は彼女らしいです。3番の彼女はもう腹は決まっているようで「はい、こっち来て」とウエルカムのポーズをします。
ハーフちゃんは彼女の前まで行き、スラリと長い足を上げて、3番の彼女にまたがりました。彼女の綺麗な下半身を間近で見れて眼福です。ひょっとして、先輩はこれが狙い?と思います。
ハーフちゃんが完璧なお尻をこちらに向けて、4つんばいの姿になりました。「いやあ、いい眺めっすね」「だろ?」と我々はせんげん台まで来て良かったとしみじみ感じました。
彼女たちがレズプレイを始めたところで終了となりました。

総合評価

4.2
後日、なぜせんげん台までいったのか?と会社の人に聞かれました。「いやあ、いっひっひ」と笑います。くだらない飲み会で元気と現金を消費するぐらいなら、タクシーワンメーター保証を使って、Kiss19まで行ったほうが有意義だと思います。でも「まあ、最高でしたよ」とにごしました。
会社の飲み会の定番コースにならないよう、注意しているからです。先輩とこっそり「またこような」と約束しています。あまり人には教えたくない、閑静な住宅街のすけべないちゃキャバでした。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク