スーパー越後屋 古河

スーパー越後屋 古河
古河 セクキャバ・おっパブ
スーパー越後屋 古河
和コンセプトの花魁美女とめいっぱい♡
宇都宮線『古河駅』から徒歩1分!和風セクキャバ「スーパー越後屋 古河(スーパーエチゴヤ コガ)」!!
古河のNEWジャパニーズエンターテインメントスペース!スーパー越後屋!
店内は和のコンセプトを忠実に再現!和風コスチュームに身を包んだ町娘がアナタを最高の夜へと導く!
スーパー越後屋がほこる絶世の美女たち!ルックスはバツグン!ボディはA〇女優以上!サービスはSSS級!
百聞は一見にしかず!見るだけじゃなく、めいっぱい〇〇〇〇や〇〇しちゃってOK♪
お支払いは完全前金制の明朗会計!1セット45分!4,000円からご案内可能!
飲み放題メニューはビール・焼酎・etc...、各種ソフトドリンクもご用意!女の子のドリンクもすべて無料です!
毎月のイベントも大好評開催中!そのほか、初回限定クーポン、オールタイム割引など、おトクに遊べる特典が盛りだくさん♪
学園系?妹系?いえいえ!今、時代は和風セクキャバ!和のセクを楽しみたいならスーパー越後屋 古河へおいでやす★
今宵は風光明媚なセクシータイムをぜひ当店でご体感ください♪
スーパー越後屋 古河
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 茨城県古河市東1-2-10 大輪ビル4F
アクセス 宇都宮線「古河駅」東口より徒歩1分
TEL 0280-30-5175
予算目安 1set45分4,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 スーパー越後屋 古河の口コミ体験談

キャバレンジャー
投稿日:2020/03/20 05:01     キャバレンジャーさん

古河のホットスポットはスーパー越後谷!ここは神ですよ神!

4.5
総合評価:
さいたま茨城あたりの関東平野に住む人間としてめっっっちゃ遊びたい!ってときは大宮あたりに出没するしかないのですが、どうしても財布が淋しいときってあるもので、そんなときはココ、古河のスーパー越後谷にお世話になってます。なんといっても有名グループ店で、和風セクキャバが大好きな人には安心して、そしてかなり安価に遊ぶことが出来ます。

給料日前の、財布に現金が残っておらず1万円札が1枚だけという状況でした。それでも仕事のストレスで気持ちはやさぐれているので、おっぱいを揉んで家に帰りたい。古河の駅に降り立ちました。大宮に比べれば哀しい景色、ですがどこか暖かく、財布にも優しい街です。

地元の人間ばかりの道

古河駅東口から線路にそって歩きます。駐輪場などのわき、地元の人間ばかりの道です。普段はキャッチなどがうざいと思っていましたが、こんなときは誰かに話しかけてもらいたくなるもの。背中を丸めて歩きました。

すぐにエロいお店がぽつぽつあるエリアに到着します。スーパー越後谷が入っているビルに入り、受付で「1人フリーって入れる?」と聞きました。大丈夫との事。すぐにルールの説明があり、前金でお金を払います。

45分4000円を支払いました。これで嬢も飲み放題コミコミです。このスーパー大安売りにいつも感動しています。ありがとう、越後谷。財布が淋しくても人肌で暖まることができそうです。

スーパー越後谷古河ってこんな店

ここは営業18時から、1セット45分でほぼDT制です。60分もあるので、そのあたりは融通が利くよう。店員が合図したらいちゃいちゃ開始ってシステムなのです。

料金は上記のとおり格安で、5000円以上しはらったことはあまりありません。延長や指名をすれば行くのでしょうが、そこまですると指名嬢の奪い合いになりそうなので敬遠しています。

和風のコンセプトで、2畳ぐらいの半個室。店内は暗めですので、外からのぞかれる心配はほとんどありません。ハードなプレイはありませんが、嬢の許可を取ればキスやおっぱい舐めはできます。

これといって特徴のない黒髪の女性

ビールと女の子やってきました。美人じゃないけどブスでもない。身体は普通で、おっぱいも見たところ普通。特徴がこれといってありませんが、あえていうならそれが特徴かも。こんな女性と結婚したら長続きしそうです。

今日来た理由を話していたら「お金無くなるときっていやですよねー」と同情してくれます。そんなことあるの?「子供にお金かかっちゃうんです」と爆弾発言きました。「あれ、結婚してる?」「シングルマザーです」「そりゃ大変、稼がないとねえ」「そうなんですよ、ここらへんあまり時給のいい仕事なくて」

そうかーと同情します。男たちが飢えて大宮になだれ込むように、女の子も夜の仕事が少ないんです。特に彼女の様なワケがあって稼がなければいけないなら、選択肢はかなり限られてしまうでしょう。

そう思うと、彼女の特徴の無さが逆に良く見えてきました。夜の仕事と子供の世話で急がしいのかもしれません。無駄に化粧をしたり、自分のルックスを磨く余裕が無いのかも。そんなストーリーを妄想して、ちょっと勃起してきました。

「さわるのは、まだダメ?」
「やさしくならいいですよ」

彼女の身体を引き寄せて、おっぱいを和服の内側に手を入れて触ります。脂肪のひんやり感と、おもったよりもボリュームのあるミルクタンク。すまない、彼女の子供よ。そう心で謝りながらモミモミしました。

揉みながら仕事の話や子供の話をしていていたら店員からの合図があります。「じゃ、上に乗りますよー」と彼女が私にマウントポジション。下から見上げると、女性って神秘的な美しさがありますよね。

両手を延ばしておっぱいを揉みます。彼女の体の熱が伝わってきて、とてもよい気持ちです。ああ、おっぱいだ。至福の時間でした。

彼女に許可をもらってから乳首を吸います。「強くしないでね」ということですので、優しくペロペロしながらちょっとだけバキュームしました。「んんっー!」とビンカンな反応に、股間がもっこりとします。

やさしくしなければとわかっているのですが、下半身が勝手に動いてしまいます。対面座位の様な格好で、下からぐりぐり突き上げました。フフフと笑って「元気ですねー」と
なされるがままに横になってました。意識が店の暗がりにたゆたいます。ぬるい温泉に入っているような気持ちよさでした。

黒髪ショートのおっぱいちゃん

次にやってきたのは黒髪ショートの女の子。さっきよりも若く、おっぱいも大きそうです。「黒髪多いね」と聞いたら「この店はそうですねー」と言います。

彼女もやっぱり地元の人間で、ここしか稼げる店はないからと言ってました。何で稼ぎたいか聞いてみたら、欲しい車があるという健全な欲求でどこか安心します。「車好きなの?」「はい、自分の車で旅行したいです」と目がキラキラした顔でいいます。

ここではないどこかへ、そんな彼女の夢と希望がうかがえて楽しいトークでした。私の少ない人生経験なりに、訪問して良かった場所などをはなします。「いいなー、行ってみたいです」「いけるよ、中古の軽でも行ける」「軽はちょっと、別の車が欲しいんです」マツダの車でした。「あれカッコいいよね」と言う私の発言から、彼女の車トークが始まります。

そしてDTの合図があります。「あ、じゃあ」と彼女が近づいてくれたので、始まる前にいろいろ聞きました。

「キスはだめ?」「んー、ごめんなさい」
「おっぱい吸うのは?」「揉むだけなら」
「太ももは?」「触っていいですよ」

上に乗りますか?という彼女の提案に「後ろ向いてくれる?」と言います。彼女がくるりと私に背を向けたので、肩から和服を落とします。腋のしたから手を入れて、おっぱいをもみました。

彼女のおっぱいはビッグサイズです。1人目の彼女よりも大きく、ツンと乳首がとがっていました。それを人差し指と親指でコリコリしながら、手のひらでぽみぽみとおっぱいを揉みます。

「あっん!」と彼女がビクビク体を震わせました。そのたびに、首の後ろから女性ホルモンが噴出されるようです。私はダイレクトにそれを吸い込み「んー」と悶絶。幸せを感じたからです。

女の子の首筋から出るフェロモン。それを吸引できればもう文句はありません。出来るプレイは限られてますので、おっぱいを揉むしかなく、不満を感じる男性はいるのでしょう。

でも、支払ったお金はたったの4000円です。彼女たちの時給を考えれば安い金額でしょう。それなのに、元気の元、お若い女性のフェロモンを吸えたのです。

「うなじにキスしていい?」と聞いたら「いいですよ」とオッケーでした。髪の毛を持ちあげて、チューっとキスしました。私にとっては、これは普通のキスよりもご馳走です。彼女の髪からせつないような、甘い匂いがしました。今でものその匂いは記憶に残っています。

総合評価

4.5
古河のせつない繁華街にあるスーパー越後谷は神です。私のようなビンボー人に、女性とのふれあいをもたらせてくれるからです。しかも格安で。経営的に大丈夫でしょうか、ここが無くなってしまったら、私はセクキャバ難民として大宮に通うことになってしまいます。

プレイはハードではなく、女の子の許容範囲で楽しむ店なので注意が必要です。キスとか乳首ペロペロしたいなら、他の店の方がいいかもしれませんね。私がこんかいあたった2人は、そのあたり緩めだったのでありがたかったです。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク