六本木 満月倶楽部

六本木 満月倶楽部
六本木 いちゃキャバ
六本木 満月倶楽部
あの超有名店の姉妹店!あのAV女優が…
SUPERいちゃいちゃ!ハイクオリティいちゃキャバ「六本木 満月倶楽部(マンゲツクラブ)」!!あの!「AV女優が在籍しているキャバクラ」で有名な六本木レッドドラゴンの姉妹店!当然、キャストはAV女優並みのハイレベルなルックス&BODYの女の子だけを厳選!スタイルが良く美人なコたちとぱふ●ふ・モ〇モミしちゃおう!「レッドドラゴンと同じグループが運営しているので安心感がありますね。肝心のプレイでも女の子が濃密な接客をしてくれるので、今夜はハズしたくないッ!てときに利用してます。サービスの質が高く、これからも使いたいキャバクラのひとつですね。」おかげさまで開店以来、多数のリピーター様からご愛顧いただいております!ふだんの生活ではなかなかであえない超絶美女と恋人気分でまったり!もちろん団体様でワイワイ、または接待などビジネス関係のお遊びもOK!そして最後のシークレットは、なんと!あのAV女優もマンゲツクラブに在籍!?真相はぜひその目と身体でご体験ください!営業開始時間は毎日21時!スタートからエネルギー全開でみなさまのご来店をお待ちしております❤
六本木 満月倶楽部
業種 いちゃキャバ
住所 東京都港区六本木3-10-11 青木ビル5階
アクセス 日比谷線「六本木駅」5番出口より徒歩1分
TEL 03-6447-0630
予算目安 1set40分8,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 六本木 満月倶楽部の口コミ体験談

カメヒ
投稿日:2019/03/21 18:03     カメヒさん

満月倶楽部でAV女優とムフフな夜を!

3.8
総合評価:
六本木に足を運んでいた。
AVを見て日夜ハッスルしているオジサンだがAV女優の知識はいまいちなかったりする。
顔をみれば「ああ、あの動画に出てた人ね」とわかるのだが顔と名前が一致しないのだ。
今回訪れる店は六本木満月倶楽部。
この店はAV女優が在籍していることで知られるレッドドラゴンの系列店とのこと。
もちろんウリはAV女優。
だがそれ以外のキャストのクオリティも高く、普通のいちゃキャバとしても楽しめる店とのこと。
今日は満月倶楽部でハッスルハッスルしてみるとしよう。

満月倶楽部のおさらい

では六本木満月倶楽部のアクセスについて解説しよう。
六本木満月倶楽部の場所は六本木駅からすぐ近くだ。
まず六本木駅についたら5番出口を出る。
そのまま六本木通りをまっすぐ進み、ファミリーマートをとおりすぎて100メートルほど先にあるラーメン屋。
ラーメン香月が1階にみえるビルが六本木満月倶楽部のある青木ビルだ。
ビル前にはスタッフが待機していて、目があうと声をかけてきた。
「どうっすか、いいコいますよ」
「ここだっけ、満月倶楽部さん」
「ウチですよ、AV女優の〇〇さんがいま来店してます」
「いやその人知らんのよ、可愛い子いるの?」
「いますよ、顔と巨乳どっちが好きですか?」
「両方兼ね備えた女の子がいいわ~」
「じゃとにかく中案内しますよ」
「いくらくらい?」
「いまなら40分8000円ですよ、安い安い!」
「んーちょっと高いって、このクーポン使える?」
「あー、これは初回フリーのクーポンですね、初めてですか」
「そうそう」
こんな会話をしながらエレベーターへ案内された。
満月倶楽部は5階である。

キャバっぽい雰囲気

受付に行くと爽やかな兄ちゃんがエスコートしてくれた。
料金システムを指で指しながら確認する。
一応通常コースの場合はオールタイムで40分8500円とのこと。
だが液晶にヒビがはいったスマホを見せる。
初回フリークーポンを使うことで5000円に割引される。
「こちら30分になりますが大丈夫でしょうか」
ン、そーいうことか。
まあ40分も30分もあまり変わりない、よかったら延長すればよいだけだ。
簡単にアルコールで手を消毒した後店内へ。
「ではこちらでお待ちください」──。
中はまんまキャバクラですな。
明るめの照明にBGMもゆったり系、落ち着いた雰囲気で過ごすことができる。
通路を歩くと隣のブースで歓声があがった。
どうやらグループ客と嬢がゲームに興じているようだ。
うっとおしいので離れた席にすわりたかったので、奥がいいとリクエスト。
そのまま奥のブースに案内され、改めてルール説明を聞かされる。
いちゃキャバなので激しいサービスはできないということだ。
ボーイ氏がを下がると最初の女の子がやってきた。

アナウンサーっぽい嬢

純白のキャバ嬢ドレスに装飾品をキラキラ輝かせ、無垢な表情でこちらをじっとみてニコっと笑う。
オジサンのストライクゾーンだ。
一礼してから隣にすわってお酒を作ってくれた。
お仕事の帰りですかー?よく来るんですかー?といった定番トークをしながら彼女とトーク。
話題はやはりこの店のことだ。
「ここってAVの人がいるんだよね?」
「そうですね」
「君もそうなの?」
「私は雑誌モデルとかなので、映像作品には出てません」
「そうなんだ」
雑誌モデルにもいろいろある。
「雑誌ってどんなの?」
「まあ、いろいろです(笑)」
あんま突っ込むと嫌がられそうなのでやめといたが、反応的にヌードモデルとかだろうか。
それからこの店のことを聞く。
おっぱいタッチはオッケーだがキスはNG。
ただゲームで勝てば内容次第で過激なサービスもOKということだった。
別にゲームしたい気分でもないしなぁ、ということで肩に手をまわして軽くおっぱいタッチをしといた。
おっぱいはFカップくらい、かなり大きく、手であてがうだけでムスコがピンと大きくなった。
ニコっと笑う彼女の唇はぷるんぷるん。
「(この唇にDKされたら気持ちいいだろうなぁ~)」
と思っていると時間が来てしまい、彼女は別のテーブルに呼ばれていった。

飛び切り美人嬢

AV女優の波多野結衣ちゃんのようなスタンダードな美人顔。
人目みて人気AV女優なんだろうな、という威風堂々としたオーラがあった。
サっとすわってまずは会話。
「めっちゃ綺麗ですねー、緊張しちゃうわー」
「リラックスして楽しんでね」
おそるおそるAV出演経験きいたらやはりあるということ。
作品名をきいたけど、全くわからんタイトルだったので、あえて突っ込んでは聞かなかった。
こーいうタイプはAVに全く興味ありませんオジサンを装ってたほうがプラスだったりするのである。
しばらく雑談していくと彼女から提案が。
「ゲームしませんか?」
「えーでも二人で王様ゲームとかしてもなぁ」
といいつつサイコロゲームならいいだろう、ということでサイコロで遊ぶことになった。
出た目にあわせたプレイをするゲームでハズレを引き当てたら彼女にドリンクを奢るというものだ。
内容は結構エグく、疑似バックやパイタッチ、DKなど多種多様。
彼女とDKしたいオジサンはこのゲームをすることにした。
だが結果は・・・
「ああ、ハズレですね」
「まじかー」
出た目はハズレだった。
この場合彼女にドリンクを奢ってあげなくてはいけない。
シングルサイズは1500円、少々痛いが参加費だとおもって納得しよう。
「もう一度やります?」
「えーでも負けたらなぁ」
といって迷っている間に時間が来てしまったのだった。
そう、この店は30分クーポンで入ったので接客時間が短い。
あっという間に時間となってしまった。
「もう帰っちゃうんですかぁ?」
「延長指名したらどんなサービスしてくれる?」
「んー、どうかな」
「じゃあ帰るよ」
「キスくらいならいいですよ」
ハイ、即決です。
延長は30分5000円、もう一度彼女とイチャイチャタイム。
俺に唇同士をちょこんと触れ合わせるソフトなキスをしてくれた。
DKは味わえなかったがぷるんぷるんの唇に触れてオジサンのムスコも急上昇!
美人と間近に接して触りたいけど触れないお預け状態からのキスはバードキスでも興奮度は倍増だ。
そして赤いドレスの上からおっぱいも少し揉ませてくれた。
一人目よりサイズは控えめだが張りのあるおっぱいにオジサン鼻の下を伸ばして楽しんだ。
時間いっぱいまで彼女とイチャイチャして、再びゲームでリベンジも返り討ちに(涙)
どんなビデオに出ているかはしらないが、勝負強い姫の接客に見事KOされたオジサンであった。
腕を組んで出口まで見送ってくれた彼女。
最後は名刺をもらってバイバイです。

総合評価

3.8
女の子のクオリティが高かった。
AVの知識が豊富な人なら、「あ、あのコだ!」とわかるんじゃなかろうか。
それほど可愛い女の子だった。
ソフトサービスのわりに値段が高いのが難点だが、それを差し引いても地雷嬢のいないので安心感がありますね。
イベントでもはじまったらまた顔を出したい店舗の一つだ。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク