津田沼 Monroe(モンロー)

津田沼 Monroe(モンロー)
津田沼・船橋 いちゃキャバ
津田沼 Monroe(モンロー)
津田沼エリアを震えさせる美女ばかり!!
最高のひとときをご提供!津田沼いちゃキャバ「Monroe(モンロー)」!!津田沼エリアのいちゃキャバ決定版!アツい年末年始をすごすならモンローしかない!!芸能プロダクション所属の美女が多数在籍!ルックスが違う!レベルが違う!今までのキャバクラ遊びでは体験できなかった未知の領域!TOPクラスのサービスとハイクオリティなフロアレディたちが織り成す夢の饗宴!インターネットの口コミサイトを中心に、ご利用されたお客様からの高評価が続々!従来のいちゃキャバの概念をくつがえす!津田沼モンロー!店内は清潔感にあふれるゴージャス空間!広々としたスペースでほかのお客様の目を気にすることなく、心ゆくまでカワイ子ちゃんとのいちゃいちゃTIMEをお楽しみいただけます!さらに!圧巻の3メートル水槽を設置しており、色とりどりの熱帯魚が優雅に泳ぐ様は現代の桃源郷!素敵なファンタジー☆NIGHTを演出するのにふさわしい趣向を凝らしております!バーカウンターもあり、混雑時にもご案内までお待たせしません!今宵のお遊びはぜひ、津田沼モンローをご指名ください♪
津田沼 Monroe(モンロー)
業種 いちゃキャバ
住所 千葉県船橋市前原西2-13-15 津田沼ニイクラビル3F
アクセス ・総武線「津田沼駅」北口より徒歩2分
・新京成線「新津田沼駅」より徒歩3分
TEL 047-409-9995
予算目安 1set40分6,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 津田沼 Monroe(モンロー)の口コミ体験談

かずひろ
投稿日:2019/04/08 21:17     かずひろさん

津田沼 Monroe(モンロー)にはマリリンモンロークラスの美女が!

4.3
総合評価:
オジサンは結構年だが、そうはいってもまだ若い。
マリリンモンローを現役で知っている世代ではないのだ。
だがあの七年目の浮気のスカートがひらひらするシーンはよく知っている。
ケネディ大統領を祝うバースデーソングもネタにされた映像含めて何度も見た。
それくらい世代を超えて愛される伝説の美女がマリリンモンローなのだ。
彼女のことで知らないことがあるとすれば死因くらいなものだ。
そんなマリリンモンローをモチーフにした店が千葉の津田沼にある。
その名も津田沼モンロー。
この店は芸能界レベルのルックスのキャストがいる格が違う店だと評判だ。
まさにマリリンモンロークラスの美女と会えるのかもしれない。
オジサンははやる気持ちを抑え、モンローに会いに行ってきたぞ。

Monroeまで

ではそんな津田沼モンローのアクセスについておさらいしておこう。
最寄りはもちろん津田沼駅だ。
池袋からだと東京メトロ丸の内線で東京駅に行き、そこから総武本線で津田沼を目指す。
約50分くらいだろうか。
津田沼駅に到着したら北口を出よう。
目の前にはパルコがあり、その脇道のバイパスは津田沼停車場前原線(県道135号線)。
このバイパスを県道69号線長沼船橋線方面に向けて北上していく。
やがて左にみずほ信託銀行、SMBC日興証券とつづく最初の十字路にぶつかる。
ここを左に曲がろう。
すぐ左には窯焼きピザ屋があり、手前のT字路を右折してあとは直進。
右手にみえてきた白井パーキングの次にあるビル。
これがモンローのある津田沼ニイクラビルとなっている。
周囲は駅前の大通りからずれた裏道で、雑居ビルが多く、飲食店とカラオケや風俗店の看板が多い。
声をかける客引きの中でもやたら威勢のいい新倉ビルの客引きスタッフ。
交渉の結果空いているということで、中に案内してもらった。
モンローはこのビルの3階にある店舗だ。

モンローはこんな所

3階に行くとスカートをモチーフにしたモンローのロゴがあった。
この店は当然マリリンモンローからちなんだ店名をつけているのだ。
扉が開き、スタッフが出てきた。
ちょっとパーマがかった髪の兄ちゃんに料金システムを説明される。
モンローでは20時から21時までが6000円でそれ以降が40分7000円だ。
クーポンを手元で開き見せることで、40分5000円の初回限定割引が適応された。
そして定番のルール説明を一通り。
ここはいちゃキャバなので、ショータイム制などはなくキスもNGということ。
ちょっとキスNGは解せないな・・・と思いながらも承諾し店内へ。
「こちらでおまちください」──。
中は明るめ。
オープンな空間で黒いソファがコの形で配置されている。
その中央には完全に仕切りとはいかないまでも、観葉植物がおいてある。
ちょっと移動するとき邪魔に感じるが、これがないと手前の客と目がばっちり合うので気まずいことになる。
店内を見渡すと先客が4人。
うち1ペアがツレときていたようで、女の子2人と仲良くやっていた。
白い円テーブルにビールをおかれ、一気に飲み干す。
最初の女の子がくるのに5分くらいかかった。

Tちゃん

最初にやってきたのはオバサン顔のTちゃんだった。
松居直美っぽい顔立ちでオジサン苦手なタイプ。
お腹のラインを大きく隠すプリーツミニドレスが痛々しい。
すこし乱れた髪の毛や、座り方、仕草、美意識があまり感じられない。
彼女はまあとにかくよくしゃべる。
お笑い番組が好きらしく、自分推しのコンビがM1の何回戦で負けただの、審査基準がおかしいだのを肴にトーク。
足を組み替えたり谷間を寄せたり、女性らしさをアピールするものの、ムスコは一切反応しなかった。
重すぎる空気が流れる中、チラっと横を見る。
どのキャストもそれなりの容姿を持っていて、この席の彼女だけ明らかに浮いていた。
セクキャバならともかくいちゃキャバでこの容姿はちょっと勘弁してほしい。
スマホを見ながらひとり飲みモードになり、彼女を無視し続ける。
最後は察した彼女も何も言わなくなった。
重い時間が流れる中予定より早くボーイ氏がタオルを投げてくれた。
もちろん場内などするわけもなくリリース。

Fちゃん

次に現れたのは童顔巨乳のFちゃんだった。
あどけない顔のわりに成熟したバスト。
むっちむちな太ももをギュウギュウに詰め込んだタイトな白ワンピースドレス。
好きな人は好むコだろう、オジサンはストライクゾーンど真ん中だ。
「なんですか、ニコニコして」
「いやーあんまりかわいいからさ」
「どーせみんなに言うくせに」
「言わない言わない」
まだ10代で、18歳になったばかりだという。
業界慣れしてない擦れてない素人臭さもかわいらしい。
何よりもこの爆乳に目がいく。
さっきのオバサン嬢もおなじようなぽちゃ体系ではあるのだが、一人目とは違い肌がきれいで清潔感がある。
そのため、少し余裕のある体つきが女性らしい包容力を感じるのである。
「いやらしい目でじろじろ見ちゃって」
「そりゃあこんな大きいのが目の前にあれば見ちゃうでしょ」
「触っていいんですよぉ」
「お言葉に甘えて」
むにゅっとした感触が掌に伝わる。
むちゃくちゃ心地いい。
柔らかいのに押し返してくる弾力性。
この感触のために一日仕事を頑張っているのである。
何歳になっても飽きない最高級の玩具といえる。
「キスしたくなっちゃった」
「それはできないんです」
これがいちゃキャバのつらいところ。
ただ彼女は持ち前の社交性で、オジサンを飽きさせないようにトークで盛り上げてくれた。
彼女もお笑いが好きらしい。
ただ彼女が好きなのは爆笑問題とか浅草キッドとか、通が好みそうな芸人が好きらしい。
「はは、まさかマリリンモンローモチーフの店で浅草キッドという名前を聞くとはおもわなかったよ」
「厚切りジェイソンも好きですよ」
「ああ、それならわかる」
結構時事ネタや不祥事ネタを扱う漫才にクスっとしてしまうらしい。
雑談を経由しながら途中で何度もおっぱいを触らしてもらった。
服を脱がしたい、キスしたい欲求をこらえドレスの上からひたすらモミモミ。
これだけでもムスコはビンビンだ。
あどけない上目遣いでニコっとほほ笑むのが犯罪的に可愛く、押し倒してベロチューしたくなった。
そんな欲望をいさめ、トイレに立ちたくなったところで勝負あり。
「そろそろお時間ですが」
「あ~ん、はやいー」
ボーイさんがやってきて時間終了。
おねだりされたが、延長指名はしなかった。
レポにするとこれといった展開がない感じだが、とにかく喋ってて楽しく癒されるコ。
容姿のクオリティがセクキャバ嬢より長けていて、これなら芸能人クラスといわれてもうなずける説得力がある。
なにより擦れてない美少女の雰囲気に魅了された、ムスコの反応がそれを裏付けている。
お別れのチューくらい期待したが、もちろんそんな神展開はナシ。
それでもムラムラしてきてしまったオジサンは、帰りピンサロを探すのであった。

総合評価

4.3
いいですね。
店内がシックで落ち着いた雰囲気。
駅から近く、裏道で店に入りやすいのもポイント。
料金は少し割高な気もするが、女の子は可愛かったのでヨシとしよう。
ちなみにこの後訪れたピンサロはハズレだった。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク