恵比寿 NADESHIKO

恵比寿 NADESHIKO
渋谷 いちゃキャバ
恵比寿 NADESHIKO
恵比寿の穴場天使スポット♥
夜遊びの穴場スポット恵比寿に天使が舞い降りる!いちゃキャバ「恵比寿NADESHIKO(ナデシコ)」!!今までセクシー系キャバクラが少なかった恵比寿エリアにとうとう現れた究極のいちゃキャバ!それが恵比寿NADESHIKO!各線恵比寿駅西口から徒歩2分、恵比寿一番会に堂々オープンした当店はKIRA☆KIRA、ERO★EROなGALが多数在籍!めちゃカワキャストがアナタの股間とハートを魅了するッ!渋谷?目黒?五反田?はもう古い!今、いちばんアツいのは恵比寿!ワザワザよそに行く必要はナッシング!恵比寿NADESHIKOに来ればウブで可愛い素人ギャルと思う存分飲める、遊べる、楽しめる!もちろん、女の子の質は都内屈指!ハイクオリティなルックスとゴージャスなBODYの前では夜遊び紳士も撃チン寸前!?恋人気分でまったりするのも良し、ワイワイとはっちゃけTIMEをすごすも良し、ご利用方法は百万通り!平日も、花金も、そして週末、休日も、いつでも元気に営業中!恵比寿にお寄りの際はワンランク上のいちゃキャバ、恵比寿NADESHIKOをぜひご体験ください★
恵比寿 NADESHIKO
業種 いちゃキャバ
住所 東京都渋谷区恵比寿西1-7-2 ビックストーンビル3F
アクセス 各線「恵比寿駅」西口より徒歩2分
TEL 080-9447-7117
予算目安 1set40分7,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 恵比寿 NADESHIKOの口コミ体験談

平川
投稿日:2019/09/06 23:54     平川さん

素人ギャルはここで釣れる!恵比寿NADESHIKO

4.3
総合評価:
こんなところにいちゃキャバが!?ということで恵比寿のいちゃキャバNADESHIKO(ナデシコ)という店に行きました。おしゃれな街としておなじみの恵比寿、そんな街のいちゃキャバだからなのか素人っぽい女の子ばかりでした。
やっぱり、若い女の子と遊ぶって楽しい!マックス元気になって気分も爽快です。

狙った獲物は素人ギャル

素人ギャルと酒が飲みたい、エッチなことがしたい!そんな気分で今夜の活動を開始します。いつも行く歌舞伎町や池袋の店でもいいのですが、今回は少し視点をずらしてみようと思いました。
それはすなわち、狙った獲物をゲットするには、獲物がいる場所に行け!作戦です。素人がいっぱいいる店に行くのも良いのですが、素人がいっぱいいるエリアに行くことにしましょう。となると、渋谷?あたりで検索します。
ヒットしたのは恵比寿でした。新規オープンした店でしたので、割引も大胆です。私の女の子センサーも反応しました。ここだ!とまっすぐ恵比寿に向かいます。

恵比寿にGO!NADESHIKO一直線

恵比寿に到着して、早速作戦に問題が発生しました。まだ店が開いていません。時間を潰すのに、いい店を探します。せっかく恵比寿にきたのですから、ビールの美味いバルに飛び込みました。
21時近くになったので、店を出てナデシコへ向かいます。駅から3分ほどの、おしゃれな町並み。とてもいちゃキャバがあるような空気ではなく、ちょっと自分だけ浮いている感じがしました。

スマホで確認したビルに到着です。狭いビルですが、たしかに看板がありました。受付まで進み、中に入ると「いらっしゃいませ」と店員がいます。
40分4000円になるクーポンを見せて、料金を支払います。いちゃキャバということで、女の子にハードなサービスは求めないことを約束して、席に案内されました。白を基調としたセンスのある内装です。
席もしきいがなく、全体を見渡せます。セクキャバのように、ドッキングしている人はいません。ですが、ねっとり絡み合っているのがぼんやりと見えました。
ワクワクしながらビールを飲みます。興奮が酒を旨くするようで、グイグイ飲んでしまいました。ちょっとホワッとしてきたところで、女の子の登場です。

素人ギャルは結構礼儀正しい

「こんばんは」と女の子がやってきました。白ギャルっぽいルックスの可愛い女の子です。年齢もすごく若そうで、まだハタチそこそこでしょう。自分の地肌の美しさを知らないようで、無駄な化粧がちょっと多いなという印象でした。
横に座っても、あまり慣れていない感じです。そわそわしながら「今日はお仕事だったんですか?」と聞いてきました。「そーだよ、キミはここ以外に仕事してるの?」と言うと「学生です」とぼそっとつぶやきます。
美容系の専門学校に通う彼女は、東京の物価の違いに驚いたとのこと。そこで夜のアルバイトをしなければいけなかったことなどを話しました。「卒業したら、地元帰るの?」「いえ、しばらく東京にいます」と自分に言いきかせるように話していました。
「ま、リラックスしてさ、この仕事はしばらくやるんでしょ?」と肩に手を置きました。ポンと触るだけで、ビクっ!と反応があります。「あれ、ひょっとして、まだ新人?」「はい、今日が体験入店です」なるほど、そう言われてみればそんな感じがします。
「どうだい、おじさんとスケベなことできそう?」とダイレクトに聞いてみました。もしダメなら、店員を呼んでチェンジ。ムリにサービスさせることはできません。彼女はうつむいたまま「・・・・できます」と答えました。
それじゃあいただきます。肩を触って、太ももに手を置きます。若い女の子のみずみずしい、水分たっぷりの肌です。スリスリ触るだけで興奮してきてしまいました。
彼女は何も喋らなくなり、ひたすら耐えているようです。「大丈夫かい?」と優しげに気遣いました。「・・はい」と消えそうな声で言います。かわいそうだなと少しだけ思いましたが、ここでギブアップするぐらいなら、いちゃキャバで働くのは不可能です。
「おっぱい触るよ」と言います。更に恥ずかしそうにうつむく彼女。身体は緊張でガチガチに固まっていて、まるで石膏人形のようです。そんな素人まるだしの女の子のおっぱいを触る!なんて背徳的で興奮することなのでしょう!
おちんちんをギンギンにさせながら、真っ赤にうつむいている彼女の胸を触ります。いままでいろんなおっぱいを触ってきましたが、最も興奮するのはこんな瞬間。もぎたての素人おっぱいをいただきます。
服の上からおっぱいを触ると、「〜っ!」と彼女が声を殺します。「ダメな感じ?」と再び彼女に質問しました。もちろん、これでダメと言われたら店員に報告です。「・・・大丈夫、です」とのことでしたので、それそれ!とおっぱいを揉みました。
どんどん彼女の緊張はほぐれていきましたが、結局心がほぐれることはありませんでした。ですが、素人おっぱいをもみもみ出来ただけでも、満足です。真っ赤になった顔を拝めたのも好印象でした。かわいかったなー。

ギャルでテンション上げる

次にやってきた子もギャル風メイク。彼女はかなり美形のギャルで、化粧も上手な印象です。ギャル歴は長いとみました。「高校の時からだから、もう数年?」という経歴の彼女は、明るい金髪で、眼力のある大きな瞳、シュッとしたアゴのラインが美しいと思いました。
「昼は働いてないの?」「前はやっていたけど、首になった」「そーなんだ、どうして?」「安いくせに、ムカつくから、なんか飲みたい」「ドリンク奢ったら、なんかしてくれる?」「しない」「そっか・・」「って、ウソ、いいよー」
さすがのトークテクニックです。一度ゲンメツさせてから、あげてくる技にまんまとやられました。くっそー、かわいいくせに、頭もキレそうです。カンパイして、いきなりチュっとキスしてくれました。
「うわ、すっごい嬉しい」「キスすきなの?」「っていうか、いちゃキャバだから無いと思ってた」「女の子によるよー、お客さんなら大丈夫」「それも嬉しい」チュッチュ、恋人気分になってきました。
興奮がこんもりと下から湧き上がってきて、彼女の肩を抱き、首筋にキスしました。「んーいい匂い」あはは!と笑います。酒が回ってきているのを感じました。酔っぱらいながら、女のいい匂いを嗅ぎます。頭がぼーっとしてきて、陶酔状態になりました。
「ねえねえ、なんでこの店で働いてるの?」と聞きます。「恵比寿が好きだから、なんでこの店に来たの?」「素人の女の子とエッチなことがしたいから」「じゃあ、ごめんね、私で」「そんなことないよ」「上乗る?」「いいの?」
彼女が私の上にまたがり、キスしてくれます。舌がネロリと入ってきました。官能的なディープキスで、酔っ払っている頭がさらにぼーっとしてきます。「酒臭いでしょ」というと「お客さんの匂い、好き」と言ってくれました。
そんなリップサービスに、股間はガチガチになってしまいます。彼女のおしりをんばっと掴んで、ゴリゴリと下から突き上げました。最高の気分です。
しばらく、腰に全力の力を使います。「んっ!んっ!」と彼女の声がリズムをとり、それに合わせて突き上げます。時折、キス。疲れて腰に力が入らなくなって、身体がソファーに沈んでしまいました。
それでも、性欲だけは元気です。手だけは動くので「おっぱいもんでいい?」と聞きました。「もう一杯奢ってくれたら良いよ」と、いつの間にか空になったグラスを指差します。おねだりをかわす、思考能力はとっくにありません。言われるがまま「いいよ」と言ってしまいました。
1人の女の子に、ドリンク2杯はやりすぎです。それでも、価値はありました。まずは、ディープキス。先程から何度もしていますが、やはり気持ちが良い。彼女のような美形ギャルと、溶けるようなディープキスができるチャンスは、人生何度もないでしょう。
そして、おっぱい。こっそりと隠すように、ドレスを脱いでくれました。私の眼の前に、彼女のキレイなナマ乳が現れます。ぷるんとした乳房はCかDはありそうで、口で含むと柔らかな感触が顔にあたりました。
チュルチュルとおっぱいを吸っていると「あっあっ」と彼女が喘いでくれます。「きもちいい・・」とさえ、言ってくれました。それはリップサービスだと思っていたら「ちょ、ストップ」と言われます。
「どうしたの?」と聞くと「濡れちゃう」と恥ずかしそう。「え、マジで?」「ズボン濡らしちゃうから・・・」「大丈夫、そのままでお願い」

おおお!いちゃキャバでここまでプレイできるなんて、思ってもみませんでした。ドリンク2杯分の価値は十分にあると言えるでしょう。うれしくなって、彼女の股間を片膝でぐりぐり、おっぱいも乳首をくりくり、キスしながら、共に官能の山に登っていく感覚です。
「あっ・・あっ・・」と徐々にとろけていく彼女の表情、行くところまで行ってしまえと最後の体力を絞り出します。が、ここで時間終了、うーん、延長で!
「ありがとう!」とハグしてくれます。そして、何度目か数え切れないキス。片膝に彼女を乗せたまま、プレイ続行です。彼女の手も、私の股間に伸びてきて、カッチカチの分身をスリスリさわってくれました。
最後に「んんっ!」という彼女の声と痙攣があり、力が抜けたように私に抱きつきます。はぁはぁという吐息だけが聞こえました。イッたの?と聞く代わりに、チュっとキスして終わりました。

総合評価

4.3
NADESHIKO、最高でした。恵比寿まで行ってきた価値があったと言えるでしょう。1人目の体験入店ちゃんは、まさに素人。そこら辺をふらついている女の子です。そんな素人のおっぱいをワシワシ揉んで、ガッツリ充電できました。
2人目は素人感こそありませんが、美人でサービスも最高です。ドリンク代と延長料金はかかってしまいましたが、それ以上の体験が出来たと胸を張って言えます。
たまに遊ぶなら、ちょっと離れたエリアに行くのも楽しいです。新しい場所の新しい店で、初めての女の子といちゃいいちゃできるチャンスがあるんじゃないでしょうか。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク