パイオハザード

パイオハザード
調布・府中 セクキャバ・おっパブ
パイオハザード
府中の美人and美乳が揃うセクキャバ
顔が可愛いのにおっぱいなコ。おっぱいは完璧な形をしているにお顔が残念のコ。容姿と胸が共にパーフェクトな女の子ってなかないませんよね?「えっ?形のよいパイで可愛い女の子を探している?」オーイエスお任せ下さい♪立川のパイオハザードは容姿端麗!ナイスバストの女子だけを集めたおっパブです(^o^)/
ちょっと前まで高校生だった女の子や、現役グラドル娘など女の子のレベルは一級品!「俺は自他ともに求める面食いだ!キレイな女の子じゃないと飲めない」なんて鬼キャバレンジャーなお兄さんが他も納得のキャスティングです♪
─でも料金が高いんじゃないの─
ノンノンノンン!明朗会計をお約束いたします♪
─でも飲みの代心配─
ノンノンノンン!ハウスボトルは飲み放題♪
酒豪が何人いらしても足りく位のお酒をストックしています♪
今夜はちょこっと飲んで帰りたい・・
久々に若くグラマーな女の子と遊びたい・・
居酒屋だけではものたりない・・
そんなときはパイオハザードをご利用ください!
今夜うち乱れるのは貴方のハンドガンだ♪
パイオハザード
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 東京都府中市宮西町1-15-6 ブロッサム府中2階
アクセス 府中駅西口より徒歩4分
府中本町駅より徒歩10分
TEL 042-319-1967
予算目安 40分5000円~
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 パイオハザードの口コミ体験談

ひろし1986
投稿日:2020/02/18 00:21     ひろし1986さん

群がれおっぱいゾンビども!府中パイオハザード

4.0
総合評価:
「負けてる時ほど前を向け」とある作品の至言を胸に、府中のセクキャバ「パイオハザード」に行きました。財布の中に余計なお金が入っていたので、適当に目の付いた店に突入したのです。期待値はゼロで「まあ、面白い女がいればいいなー」という感覚でしたが、わははと笑える最高の夜でした。

店の名前はちょっとふざけた感じですが、ちゃんとしたセクキャバです。お酒もぐいぐい飲めるし、嫌なことも良いことも全部おっぱいで受け止めてくれる、そんな良店でした。

ぐっ・・・ぐぐぐ・・

応援している馬の大舞台の日でした。この日のために貯めたお金をつぎ込んで、府中まで応援にやってきました。結果、惨敗。もちろん、こうなることも想定済みだったのですが、実際になってみるとキツいです。想定できなかった苦しさが私の心をむしばみます。何もする気力が湧かずに、ふらりとパチンコ屋に入ってしまいました。パチンコなら、何も考えることもなく、雑音の中で無になれます。ぼーっとハンドルを握っていたら、勝ちました。

1勝1敗です。でも1敗が大きすぎます。夜になったので、パチンコのお金をパーッと使おうと居酒屋に入ります。高そうな店には入れない根っからの貧乏症で、大衆的な居酒屋でした。店で一番高い料理を頼んでも、まだ財布にはお金が残っています。今日は全て使い切らないと夜が越せない気分です。スカッと散財して、今日をリセットしたい。そこで下半身からのリクエスト。ソープでも行こうかな?そんな考えが頭をよぎりましたが、まだ酒が飲みたい気分です。

そこでセクキャバを探しました。目に入ったのはパイオハザードという店名で「ふふっ」と笑いがこぼれたのです。このバカバカしさが、今の気分にピッタリな気がして、ここに行くことにしました。

期待せずにパイオハザードへ

府中駅から西へ、狭く雑多な小道を歩きます。居酒屋やエッチ系の店の看板がならび、酔っ払いや大声で笑う女、金もってそうなおっさんや持ってなさそうなおっさん、スーツ姿のビジネスマン、水商売の女、多種多様の人間の波にのって歩きます。

しばらくして、パイオハザードの前まで到着しました。電話で営業を確認しておいたので、躊躇なく入口へと向かいます。中に入ると店員がいました。ぴしっとしたスーツに、店名ほどふざけた印象はありません。電話したことを伝えて、初めてだからフリーでお勧めの女の子を付けてくれとお願いします。

かしこまりました、と店員は言い、料金を確認します。「ホームページを見たんだけど」と言ったら40分5000円になりました。席に案内されます。やや暗めで白い丸テーブルと黒いソファー、普通のセクキャバでした。店名にひっかけたギミックでもあるのかな?と少し期待したのですが、あったらあったでイヤなので、これでいいのでしょう。

飲み放題のビールを飲みながら女の子を待ちます。まだ出勤している女の子が少ないらしく、1杯目が空になるまで飲みました。

スケベボディの女

ぴちっとした体のラインを見せつけるような女がやってきました。自分の武器をわかっていやがる・・と思います。男の性欲を刺激する、大きな乳とくびれた腰、そして丸くてセクシーな下半身がエロいです。スケベです。押し倒したい。

「よろしくお願いします、初めてですか?」と自分の名前を名乗った後に彼女が言いました。私は一言も口を聞くことなく、彼女をそのまま押し倒して体をねちねち味わいたかったのですが、それは犯罪、警察がこの夜の最後を〆ることになってしまいます。ですので「うん、初めて」と答えました。

「それにしても、そのエロい体はなんだい?」と手を伸ばします。いやーんとガードされてしまいましたが「私も頂いていいですか?」とドリンクのおねだり。今日の私は宵越しの金は持たないつもりでしたので「おう、グイグイいけ」と促します。

彼女のレモンサワーがやってきて乾杯。今日のいきさつを話します。「私、競馬わかんない」と府中の夜の女には思えない発言をしました。言いたいことはいろいろあったのですが、まずは目の前のおっぱいです。ここでドリンクをおごった効果か、拒否されることなく触れました。

ドレスの上からやさしく触ります。でかい、でかすぎる。胸にソフトボールでも仕込んでいるんじゃないか?という大きさです。整形を疑いましたが、手で挟むとぽよんとした脂肪の波がありました。とても柔らかすぎ、気持ちよすぎです。

いきなり直で触ってしまおうと思いましたが、それはまだ先と言わんばかりに足を絡ませてきます。むっちりとした太ももをこちらにかけてきて、こんなの触るしかありません。すべすべーっと手の指がシルクの肌触りを感じます。これも気持ちよすぎ、股間が熱くなってきました。

太ももの内側に手をいれます。エロエロでスケベな感触に、頭のスイッチが切れてしまいました。顔面から彼女の胸にダイブします。ふかふかポヨんと顔面にやさしいウェーブが伝わりました。頭が真っ白のまま、生きてる実感を感じます。

その実感にしがみつくように、フオーっとむしゃぶりつきます。すると、彼女が自分からドレスをめくってくれます。でました、デカいおっぱいがプリンと弾みます。乳首にじゅるじゅるーっと吸い付きます。ああ、エロい。

夢中でしゃぶっていたら、彼女が体をこちらに預けてきました。そして上に乗ってきます。両胸が私の自由になりました。両手で揉んだり、挟んだり、つまんだりします。本能のまま、彼女の胸を遊び倒しました。

股間は痛いほど勃起していて、彼女の腰の下で窒息すんぜんでした。ぐりぐりと突き上げますが、マウントポジションを取られているので何もできません。つまり、私にできることはおっぱいを揉んだり吸ったりすることだけ。ようし、それならそれで楽しんでやると腕が上がらなくなるまでおっぱいを揉み続けます。

交代の時間になり、彼女とバイバイしました。エロい尻をふりふりさせて去っていきます。

連続むっちり女に襲われる

「よろしくお願いします」と肩までパーマの美人さんがやってきます。水商売って感じよりも、そのあたりのスーパーで大根を買ってそうな化粧です。「普通っぽい化粧だね」というと「昼は普通に仕事してるから」と言いました。なんでそんなに働くの?と聞くと、なるほどという答えが返ってきます。

彼女の話をまとめると、ギャンブルばかりしていた男と暮らしていて、あまりに破滅的だったから別れた、そして自分で子供を育てつつ、将来は起業したい!という野心の持ち主だったのです。「そりゃ働かないとね」と言い、彼女にドリンクをおごります。「いいんですか?ありがとう!」「うん、これもギャンブルで得た金だから」というと複雑な表情をされてしまいます。

「あんまりハマったらダメですよ」と彼女に言われると、むずむずと下半身がうごめきます。ああ、なんか良い。彼女みたいな女子アナっぽい美女に怒られるのって気持ちいい、という感情です。「うん、だからキスしてー」と彼女の肩を抱きました。自分で言っていて、理屈はよくわかりませんでしたが、彼女は応じてくれました。

ちゅちゅっとキス、ディープなキスはしてくれませんでした。でも、調子近距離になって彼女の瞳を覗き込むと、その深さと意志の強さを感じることができたのです。常人よりもはるかに強いエネルギーの持ち主なのかもしれません。生命力は間違いなく強いでしょう。

チ○コむくむく、本能は彼女と子作りしたいと言っています。むっちりとした彼女の体は、きっと抱くと幸せになれそう。どうして、こんないい女が、こんなふざけた店名の店に?「給料がいいんですよ」と彼女。「元ネタのゲームはやったことある?」「ないです、ずっと勉強と習い事だったから」「良いとこのお嬢さんだったんだ」「だから、子供には自由にさせてる」「いいね」

会話しながらチュッチュとしたいたら、彼女のことが好きになってきてしまいます。いやいや、いかんでしょ。ここはセクキャバ、エッチなことをしながら酒を飲みに来たのです。そこで、やや強引におっぱいとお尻を触りました。

がばっとつかんで、揉んで、キスします。彼女はチチを揉まれて女の表情になり、それがセクシー。おっぱいは大きくて柔らかく、黒いドレスに指が埋まっていきます。お尻は大きくパンパンに張っていました。「すげーきもちいい」と耳元で囁いたら「ん」とハグしてくれます。

彼女が上に乗ろうとしてくれたので「後ろ向きで」とお願いしました。後ろ向きに乗ってもらい、後ろから両手でおっぱいをまさぐります。ドレスは下にずり落ち、大きくてふくよかな胸をモミモミしました。

指をずぶずぶと飲み込んで、彼女の胸は大きく弾みます。たぷんたぷんと波打つのが気持ちよく、時々乳首をぎゅっとつかむと「んん!」という彼女の声が勃起を促してきました。下から彼女の尻に突き上げます。ズボンと彼女のドレスがなければ、入っていたでしょう。

性欲の塊となって彼女に絡み付きます。私は興奮の山を昇天するまで登り続けました。彼女のうなじから漂ういろんな匂い、仕事の匂い、子供の匂い、女の匂い、すべて愛おしいです。頭で何も考えることができなくなってきて、白い世界になっていきます。今日あったいろんなことが、すべてどうでもよくなってきました。

すべて忘れて、ひたすらおっぱいを揉みます。まるでゾンビのようだと思いました。終了の時間が来て、再び人間に戻った時、私は頭がすっきりとリセットされていることに気付きます。財布も空になったので家に帰ることにします。

総合評価

4.0
深い失望からのパチンコで小金をゲット、それからセクキャバに流れるという休日でした。それが大満足、もし競馬が来ていればパイオハザードにも寄らなかったので、この日は2勝1敗で良しとします。

ついてくれた女性はどちらもむっちりとしていて、抱き心地最高でした。店もモミほうだい、飲み放題で開放的。女の子に嫌なことさえしなければ、かなり自由にできる店です。サービスも良くて、ドリンク代をケチらなければ、かなりねっとりとしたサービスが期待できます。

買っても負けても、頭をリセットするのによい体験でした。また週末、府中にきたらいってみようと考えてます。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク