Rond Noir

Rond Noir
吉祥寺 セクキャバ・おっパブ
Rond Noir
魅惑の夜をあなたにお届けします
住みたい街ランキングでは常に上位に位置し、みんなから愛される街、吉祥寺。
そんな吉祥寺エリアに降臨した、吉祥寺駅北口から徒歩2分という大変通いやすい位置にあります、エロティックなセクキャバこそがRondNoir(ロンノアール)です。
大学生、OL、若妻など、非常にハイレベルな美女の中から、あなた好みのお気に入りの女の子と、気の向くままにいちゃいちゃ楽しいひと時を過ごすことができます。
今までセクキャバに行ったことがないという人には、もしかしたら刺激が強すぎてしまうかもしれません。
数々のセクキャバ店を渡り歩いたというセクキャバマニアの方にも、大きな満足感を与えることができる自信があります。
それほど刺激たっぷりなお店がロンノアールです。
当店自慢の魅惑の世界に引きずり込まれたら最後、あなたはもうそこから抜け出すことはできなくなるでしょう。
他店にはない圧倒的なキャストの質、サービスをご用意し、従業員・キャスト一同、誠心誠意心を込めた対応をさせていただきます。
近くまでお越しの際は、ぜひとも当店まで足をお運びください。
Rond Noir
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町1-22-1  第3柏栄ビルB1F
アクセス 各線「吉祥寺駅」北口より徒歩2分
TEL 0422-27-5572
予算目安 40分/9,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 Rond Noirの口コミ体験談

芳樹
投稿日:2019/05/24 16:18     芳樹さん

こんなセクキャバがあるなら住んでもいい!吉祥寺RondNoir

4.0
総合評価:
住みたい街ナンバー1を獲得した街、吉祥寺。新宿や池袋北口あたりの雰囲気が好きな私としては、あまり魅力を感じませんでした。
ですが、セクキャバが生きる糧となっている私としては、最近の吉祥寺の勢いは見逃せません。野球で言うならゴールデンルーキーが誕生したのに、無視してベテランばかり起用するようなものです。
今回も「Rond Noir(ロンノアール)」という店に訪問したのですが、控えめに言って最高でした。「いっそのこと、吉祥寺に住んじゃおうかな?」と考えてしまった程です。

吉祥寺の人になってもいい

関東の街に生まれて、東京で働き始め、かなりの時間が経過しました。ふるさとに特別な思いはありません、東京が便利だから住んでいます。
仕事があって、セクキャバがあれば、どこだって住めます。そんな私が吉祥寺に通っているのは、そこにセクキャバがあるからにほかなりません。もう、いっそのこと、吉祥寺に住んでしまおうか?と考えています。
吉祥寺の住宅情報をながめながら、今日のRond Noir(ロンノアール)という店についてしまいました。「クーポン使える?」と店員に聞いてから、受付へと流れ込みます。

礼儀正しい受付と格安のセクキャバ

受付ではイケメン店員が丁寧に接客してくれました。ここらへんの教育がしっかりしているだけで、今日は期待してしまいます。早速スマホをみせて「コレ使える?」と聞きます。この店は40分9000円なのですが、それがクーポンで2980円になりました。
良心的な割引に気持ちが暖かくなるのを感じます。注意事項を受けて、うがいと手洗いを済ませ、席に案内されました。店内はやや暗く、間接照明で照らされています。女の子とお客さんの話し声が聞こえました。半分ほど埋まっているようです。
壁際のソファーに案内されて、サワーを飲みます。落ち着いた雰囲気とBGMにゆったりとした気分になりました。住みよいまちの、座り心地のよいソファーです。

九州よかとこ一度はおいで!

「こんばんはー!」とストレートヘアで浅黒い肌の女の子がやってきました。つやつやした髪が間接照明で反射しています。それだけで、かなり若い女の子だと思いました。
吉祥寺のセクキャバの特徴でもあるのですが、学生の街らしく女子大生のキャストが多いのです。ひょっとして彼女も?「はい、大学生です」ということです。
九州は鹿児島から上京して、勉強したいことを勉強しているらしいのですが、どうも東京が肌に合わないとのことです。「じゃあ、卒業したら鹿児島帰るの?」と聞くと「うーん、でも、仕事がないんですよー」と言いました。
いったいどんな勉強をして、何になりたいのでしょうか?「グラフィック関係のデザイナーです」ということです、よくわかりませんでした。
「でもさ、今はネットがあるから、どこでも仕事ができるんじゃない?」「それでも、1度はどこかで就職しないと通用しないんです」「じゃあ、後数年は東京だね」「うーん!帰りたい!」
郷土愛あふれる彼女「なんか飲む?」というと、焼酎ロックでした。「酒強いんだ」「鹿児島の女ですから」「宮崎よりも強いの?」「宮崎には負けません!」と可愛く笑います。
それから鹿児島の魅力を語ってもらいます。西郷さんとしろくまアイスと桜島しか知識がない私に、熱っぽく地元愛を語ってくれます。
「やっぱり太陽光線は強いの?」「東京とは比べ物になりません」「だから日焼けしてるんだ」「そうですか?」「ほら、比べてみてよ」と私と彼女の腕を見せあいます。「うーん、そんなに違わないですよ」「いやいや、オレの貧弱な色見てよ」「そんなことないですよー」
と気がつくと彼女の焼酎が消えていました。私を見つめながら「もう一杯飲んでいいですか?」とケロリとした顔で言います。「良いけど、エロいことしていいなら」と交換条件を提示すると「やったー!」ともう一杯焼酎をオーダーしたので、私も同じものをもらいます。
カチンと焼酎で乾杯して「ああ、黒霧島飲みたい」と彼女。「あるよ」と私の言葉に?という顔をします。私は焼酎を口に含んで、彼女のアゴをつまみました。
口づけして、口の中の焼酎を注ぎます。んぐんぐと受け入れてくれました。というか、全て向こうにパスしたのに、チューっと吸引してきます。私の舌が彼女の口にもっていかれ、レロレロと舐められました。
かなりのキス上手です。「うまいねえ」というと、今度は彼女が焼酎を口に含みます。もう何をするかわかったので、私はご返杯を受け、そして彼女の口をバキュームしました。
アルコール混じりのキスで、どんどん火がついてきます。彼女の細い腰を抱いて、こちらに引き寄せました。健康的で、強い腰です。脂肪がほとんどついてなく、それでいて、柔らかな触感が伝わってきます。
近くに引き寄せて、しばらく見つめ合います。彼女の瞳がキラキラとしているのがわかりました。「で、この後は?」と言っている眼です。その挑発を受けて、私は彼女のドレスを下げました。
小麦色の肌が少し白くなって、乳房が露出します。大きい方ではないですが、垂れることのないスポーツに向いているサイズです。女性らしい美しい丘だと思いました。
その頂点に君臨する、小さな乳首に吸い付きます。優しく口に含んで、舌を高速で動かしました。「んん・・」という反応、まだまだこれからです。
彼女を上に乗せて、乳首に吸い付きながら、肩、腕とフェザータッチで攻めます。触れるか触れないかのギリギリのところで肌の上を滑り、背中、腰、ヒップ、そして太ももと触ります。
足の付け根からお腹のあたりでビクッとあたりがありました。「ん、ここ?」と聞くと恥ずかしそうな顔をしています。指先でそのポイントを攻めながら、乳首を舐めると「あああん!」と強いリアクションが返ってきます。
ハアハア・・と息が荒くなってきて、私の頭に当たります。踊るように彼女の髪がゆれ、それが頬にあたりました。くすぐったいような、かぐわしいような、とにかくいい香りがします。
「ちょ・・まって」とストップがかけられました。「どうしたの?」と聞くと「お酒飲みたい」と彼女が言うので、アハハ!と笑いました。
横に戻ってもらって、2杯目を飲み干したところで交代の時間になってしまいます。

刺激を求める人妻は刺激的すぎる

次にやってきたのはセミロングで巨乳の熟女です。井上和香に少し似ていました。「よく言われます」と上品に微笑む彼女。たまりません、そしておっぱいも似ていました。
ドレスからこぼれるようなステキなおっぱい。1人目と違い、まっしろでもっちもちしてます。ああ、早く食べたい、このもちもちおっぱい早く!と下から衝動が湧き上がってきます。
「とりあえず、何か飲みましょう」とドリンクをおごります。このおっぱいに1秒でも早くありつけるためなら、ドリンク代など安いものです。彼女が注文したカクテルが来て、チンと乾杯しました。
なんでこの店で働いてるの?と質問すると、実は・・と彼女が話し始めます。「結婚して子供がいるんですけど、寂しいんですよね」「え、家族がいるんでしょ?」「子供が大きくなって、じゃあパートに出るか2人目を作るか・・って旦那と相談したんです」「うん」「そしたら『どこでもいいんじゃない?』って言うんですよ」「ああ」「無関心なんです、仕事が楽しいのは良いんですけどね」
結婚して、子供ができるまでは順風満帆だった彼女の人生「子供はかわいいけど、それだけでは生きていけません」と真剣な表情でした。「ホストに行くことも考えましたが、それでは旦那に失礼すぎます」あくまで家計を守る立場は意識しているとのことです。
「つまり、女性として見てほしいってこと?」と聞くと「そうです」と彼女。うーん、こんなおっぱいのでかい人妻でも、そんな欲望を抱えているんだなあ・・としみじみ思いました。
私は、じっと彼女を見つめて「キレイですよ」といいます。白々しいセリフにキョトンとされました。「すごく、キレイな人です」「あはは、ありがとうございます」「あなたはキレイだ」
彼女の白い顔に少しずつ変化が現れました。私が真剣だと分かると、笑顔は微笑みになり、そして真顔になってきます。「キレイな女性だ」のセリフで顔がカーっと赤くなってきました。
口を近づけると、向こうから迎えてくれます。心の中で彼女の旦那に謝罪しながら、人妻の唇を味わいました。いやらしく、口は動き、そして舌を絡ませてくれます。
とても情熱的なディープキスです。私の口の中を求める、官能的な生き物のように、彼女の舌が動きました。そのテクニックに私のボーイがガッチガチになります。
ポジションをなおそうとすると、彼女の手がそこにやってきます。撫でると言うよりは、掴んできます。棒の部分をまさぐり、がっしりとホールドされました。
彼女の刺激的な攻撃に、こっちも反撃することにします。舌を空中で刺激し合いながら、わかパイのそっくりさんをモミモミしました。下からもみあげ、そして、指先で乳首を探ります。
ここかな?と指は乳首を探りますが、すぐにポイントにヒットしました。なぜなら、彼女の方から体を動かして、誘導してくれたからです。「んんん!」と気持ちよさそうだったので、遠慮なく「脱がしていい?」と聞きます。
彼女は私の上に乗り「いっぱい揉んで下さい」と言いました。ドレスを下げて、バレーボールのようなでっかいおっぱいを揉みまくります。彼女の子供に心の中で謝罪しながら、指が疲れるまでモミモミしました。
股間はがちがちのまま120%勃起してしまいます。そこを上からゴリゴリしてくるので、あ、ちょ、ヤバ・・となってきました。このままでは、私のパンツはご臨終してしまうでしょう。そんなタイミングで時間終了です。

総合評価

4.0
刺激的な女性キャスト達でした。それも新宿や池袋では見かけることのない、清純に見えるけど、ドスケベな女性です。
「女にも性欲があるんだなあ」と気づいたのは何年も前ですが、「女性の性欲は、ひょっとしたら男よりも強くなるんじゃないのか?」と思ったのはこの日のことです。こんなことがあるから、吉祥寺は止められません。
ロンノアールには、まだまだこんなキャストがいるのでしょう。これからも探っていきたいと思います。

おすすめ店舗
  • Club IXI

    エリア吉祥寺/中野・高円寺

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • ファシモ

    エリア吉祥寺/中野・高円寺

    業 態いちゃキャバ

  • 中野 Soiree(ソワ...

    エリア吉祥寺/中野・高円寺

    業 態ガールズバー/居酒屋

  • club crash

    エリア吉祥寺/中野・高円寺

    業 態いちゃキャバ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク