SantaFe

SantaFe
六本木 ランジェリーパブ
SantaFe
ギロッポンの夜はサンタフェで決まり!
「え?それ自前の下着!?」そんなサプライズもアリ!六本木ランパブ「SantaFe(サンタフェ)」!開店以来、連日連夜大盛況で営業中!当店には都会的で洗練された六本木美女が多数在籍!セクシーなランジェリー姿の女の子と遊びたいなら、サンタフェでキマリ!形のよいぷるるん★BUSTがあふれだす魅惑のBODY・・・容姿と体型にこだわって採用した自慢のキャストが、匂い立つようなフェロモンを漂わせながらサービス!サービス!いたします!体重管理ができていない子はサンタフェにはおりませんのでご安心ください!「いつ来ても極上ボディの女性が濃厚な接客をしてくれるので、Jrが元気になりっぱなしで困っちゃいますね(汗)」←お客様からご感想をいただきました♪今や六本木のランパブは、世界レベルの域に到達した?!カモ?サンタフェは、従来のランパブに飽きてしまった方や、新しい刺激を求めている方にもきっとご満足いただけることをお約束します!お店は日比谷線六本木駅より徒歩1分!饂飩坂(うどんざか)そばです!皆様のご来店、心よりお待ちしております♡
SantaFe
業種 ランジェリーパブ
住所 東京都港区六本木5-2-13 コリンズ6ビル4F
アクセス 各線「六本木駅」5番出口より徒歩1分
TEL 03-6447-4229
予算目安 60分12,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 SantaFeの口コミ体験談

セクキャバRuu
投稿日:2019/03/20 21:01     もとエモンさん

SantaFeで思い出す甘酸っぱい青春体験

3.0
総合評価:
世間がバレンタインデー一色の頃、オジサンは六本木駅を歩いていた。
オジサンだって青春時代にはバレンタインデーでチョコをもらった経験はある。
クラスのマドンナ的存在のコにもらった時はうれしかったもんだ。
後にクラスメートの友人と付き合った彼女はそのままゴールイン、同窓会で逢ったら二児の母になっていた。
顔は当時の面影はなく、すっかり肥えたおばちゃんに。
ほろ苦く甘酸っぱいオジサンの初恋の思い出はそこで幕を閉じた。
やっぱり女の子は若い方がいい。
もはや義理チョコすらもらえない年齢になったオジサンでも若い女の子にちやほやされたい!
ってことで訪れたのは六本木にあるサンタフェというランパブだ。
流行り廃りの激しい六本木エリアで5年以上オープンしている人気店とのこと。
極上キャストをはべらしながら、セントバレンタインといこうじゃないか。

SantaFeのプレイまで

ではサンタフェのアクセスについて解説しよう。
まずは六本木三番出口から六本木交差点方面に向かう。
出口をでて右をむいて歩いていくと、外苑東通りがあり、その手前には芋洗坂がある。
このマッサージ屋の手前にある芋洗坂を下っていこう。
魚浜の先は一時停止の標識があり、T字路になっている。
ここは左折して今度は饂飩坂を上っていく。
Y字路を左に進んだすぐ先のビル。
ここがサンタフェのあるコリンズ6ビルとなっている。
目の前には客引きスタッフが待機していた。
近づいて声をかける。
「ばんわー、サンタフェさんってここでいいの?」
「あ、ハイっ、ウチですよ!」
「いまいくら?」
「今の時間だと40分6000円ですね」
「う~ん」
「21時になると値上がりするのでお早目に!」
「安くならない?」
「いや~厳しっすね」
「じゃあTAXナシでは」
「ちょっとかけあってみますよ」
愛想のいい兄ちゃんでなんとか受付をTAXナシで通してくれたのだ。
受付まであんないしてくれた。
サンタフェはこのビル4Fである。

SantaFeの料金システム

受付では料金表をチェックしながら改めてシステムの説明を受ける。
どうやら時間で料金が変動する店らしい。
19時から20時までが6000円、21時までが7000円、そこから閉店までが8000円とのこと。
(全て1セット40分の料金)
クーポンを探したのだが、70分コミコミ10000円ということで使うのをやめた。
初回の店はそんな長い時間で利用できない。
外での交渉通り税サだけサービスしてもらい、簡単なアルコール消毒をして店内へ。
「こちらへどうぞ」──。
内装は高級感あるゴールドを基調となっていただ。
遮蔽はなくキャバクラのようなオープンタイプのレイアウト。
壁伝いに3連シートが並べられ、それと向かい合わせるように丸いラブソファが配置されている。
左と奥に先客がいたため、右側のブースに案内され、おしぼりとビールが置かれた。
手と額をぬぐってビールをグイっと飲み干す。
周りの女の子をみると下着やキャミソール姿で接客している。
おかわりを注文するとグラスと一緒に最初の女の子がやってきた。

Tちゃん

最初にやってきたのはスレンダー系の姫Tちゃんだ。
しおらしくなった篠原ともえ風の顔立ちで、顔だけならかなりの美人だ。
白と黒のレースのキャミソールを着用していて、うっすら白い下着が透けてみえる。
「は~い、これプレゼント」
なんと、彼女からビールのつまみの渇きモノと、バレンタイン用の一口サイズのチョコをもらった。
チョコは嫌いではないので感謝していただいておいた。
そんな彼女とまずは身の上トーク。
Tちゃんは店に入ったばかりだという。
まだ学生で週2回勤務してるのだとか。
そして本題へ・・・
「キスしちゃだめなんだっけ、この店は」
「それはだめかなあ」
「おっぱいも?」
「え~」
いちゃキャバなので触らせてはもらえないようだ。
それは受付で聞いてたので仕方ないと思い、会話を続ける。
彼女は愛嬌があり、聞き上手でもあり、会話をしていて楽しかった。
仕事のこと、恋愛のこと、進路のこと。
社会人として時に真面目にアドバイスしながらしゃべっているとあっという間に時間が来てしまう。
「このコ場内で」
彼女はウマが合うというか、しゃべってて楽しいタイプ。
イヤミのない笑顔に癒し効果もあり、ストレスがない。
「えー場内うれしぃ、ありがとね~」
「なんかご褒美ないの?」
「じゃあちょっとだけ」
といって彼女からパフパフそして手をおっぱいに導いてくれた。
この幸せな感触にオジサンのムスコもテンションMAX!!
セクキャバで事務的な女の子の胸を触るよりよっぽど興奮した。
その後も掌で太ももをスリスリしながら時間いっぱいおしゃべり堪能。
いや~サンタフェはチョコもらえるしおっぱいも揉めるし、最高じゃないか。

総合評価

3.0
楽しめた!!
Tちゃん一人だったがなかなか可愛かった。
ぶっちゃけ入店時待機所をチラ見したら南海キャンディーズのしずちゃん似のギャルが座っていたのでアレがくるならと思って場内した。
女の子の質に関しては引き続き調査が必要だが内装はゴージャスだしクオリティは高そうだ。
値段が少し高いのでイベントクーポンがきたらまた行くかもしれない。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク