「セクキャバRuu」サイト閉鎖のお知らせ

この度、2021年9月30日(木)をもちまして、セクキャバRuuを閉鎖させていただくこととなりました。
ご利用いただいておりますお客様にはご不便をお掛け致しますが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
長らくご愛顧いただき、誠にありがとうございました。

渋谷 フラミンゴ

渋谷 フラミンゴ
渋谷 セクキャバ・おっパブ
渋谷 フラミンゴ
渋谷で話題のセクキャバフラミンゴです♪
セクキャバ「フラミンゴ」!渋谷道玄坂沿いで連日連夜大盛況中!業界最大手「プリンスグループ」が満を持して放つ新事業のお店です!当店は渋谷駅から徒歩3分とアクセス抜群で、夜も早い時間帯から出勤している子が多く、幅広いお遊びの時間帯に対応可能!女の子のルックスはもちろん特上!接客、サービス内容も最上級!時間内飲み放題・揉み放題はあたりまえの安心のお約束システム!綺麗系・可愛い系を始めとしたゴージャスなキャストたちが密着しながら皆様の疲れたお身体を癒します!街で会ったら思わず声をかけたくなるほどの美少女も在籍しているフラミンゴ!「えっ?この価格でこのクオリティのコが!?」オドロキの出会いに貴方はきっと衝撃を受けるハズ!そして、当店では割引イベントも随時開催!クーポンご持参でさらにお安く心ゆくまで飲めちゃいます(o^^o)セクキャバが多い渋谷エリアで、これだけおトクにしかもハイレベルな女性と恋人気分で楽しめるのはフラミンゴだけ!ラグジュアリーな雰囲気あふれる店内で、気立てのよい美女と2人っきりの濃密なひとときをお過ごしください♥
渋谷 フラミンゴ
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 東京都渋谷区道玄坂2-16-5 セントラル共立ビルB1
アクセス ・各線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩3分
・京王井の頭線「神泉駅」北口より徒歩7分
TEL 03-5428-4463
予算目安 40分/6,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 渋谷 フラミンゴの口コミ体験談

佑
投稿日:2019/04/17 22:17     さん

渋谷フラミンゴで一発ぶちこんじゃうぞ

4.4
総合評価:
渋谷フラミンゴに足を運んだ。
王貞治の一本足打法がかつてフラミンゴ打法と言われたらしいがここで働くギャルはやっぱりフラミンゴギャルというのだろうか。
個人的に王さんの現役時代を知らない、一本足打法だと中日阪神の大豊のほうを思い浮かべる。
今の若いコだとフラミンゴと聞くと加藤紗里(ドフラミンゴ)でも思い浮かべるのかもしれない。
そんなことを思いながら訪れた渋谷駅。
すっかり季節は春だがまだまだ夜は冷える。
ポケットに手を入れて歩く人々に紛れたどり着いたフラミンゴ。
この店は業界大手のプリンスグループ系列ということもあり、綺麗で可愛い女の子がたくさん集まる由緒ある店。
スタイリッシュでオシャレな店内は町で都内から集めた芸能人級の美女が働いているとのこと。
今夜はこの店でムスコをフラミンゴのようにおっ勃ててくるか。

フラミンゴへ行くっ!

最寄りは渋谷駅。
ここではハチ公口から109の左側、道玄坂を歩く。
左手にはTOHOシネマズやファミリーマート、ロッテリア。
右手にはロイヤルホストやサンマルクカフェ、無料案内所がある。
ひたすら直進。
少し疲れを感じ始めたころに渋谷百軒店の入り口がある交差点にぶつかり、その信号を超えた20メートル先の右手ビルに注目。
ここがフラミンゴのあるセントラル共立ビルとなっている。
隣幸楽苑の隣にあるオシャレなビルなのでわかりやすい。
上をみるとピンクと黒のロゴでフラミンゴの綺麗なネオンが光っていた。
1階にはいかにも渋谷らしいオシャレな美容院のEARTHがある。
周囲を見回したが入口の案内役のスタッフがいなかった。
事前に店が地下一階にあることを調べておいたのでそのまま狭い入口から階段を下りていく。
結構暗くて案内役がないまま降りるのは少し不安な階段だ。
怖い兄さんがやってる店だったらヤバイよな・・・と冷や汗をかきながら入り口前に到着すると
「こんばんわ、指名ですか?」
と、爽やかな兄ちゃんが出てきた。

クーポンあると嬉しい

「初めてなんで、フリーでお願いします」
そう伝えると、受付の兄ちゃんから料金システムとルール案内を説明される。
渋谷フラミンゴは21時から22時までが1セット40分で7000円、22時から閉店までが8000円だ。
延長は20分4000円、場内も本指名も一律2000円とのこと。
TAXは25%だが、アルコール類は飲み放題。
ダウンタイム制を採用しているが、基本的に下半身以外は常時おさわり可能とのこと。
「これ使えますか?」
40分6000円になる某サイト割クーポンをつかい、割引してもらった。
ダウンタイム中だったので、その間に手洗いとマウスウォッシュをすませ、ロングソファに待ってから案内となる。
「こちらへどうぞ」──。
中は大手グループ、かなりオシャレ。
暗めの照明にコの字型の狭いペアシートが3列×3シート分配置されている。
衝立はなく、座ると頭一個が出るようなブース。
隣に客がいたら気まずいが、バラけるように先客のいない奥の席に案内された。
すぐにビールが運ばれてきて、白い円テーブルにちょこんと置かれる。
口をつけるか付けないかの時に、女の子もすぐにやってきてくれた。

アイドル級の美少女

好みの女の子を一発ツモして軽くガッツポーズ。
髪の長い能年玲奈ちゃんのような感じだろうか、つぶらな瞳と清潔感のある笑顔がたまらない。
ビールをごくごく飲んでからになると早速おねだりされた。
まだ何もされてないやんけ・・・と思いつつ、可愛いので奢ってしまった。
「ありがとー、カンパーイ」
彼女は黒いミニドレス。
座るとギリギリみえそうな三角コーナーがそそられる。
隣に座っているので中の様子はわからないが、正面に座られたら目のやり場に困っただろう、いや困らないか(笑)
二人で飲みながらアニメ映画の話。
能年玲奈ならこの世界の片隅にの話になりそうなものだが彼女は君の名はの話になった。
みてないオジサンだが彼女にレクチャーされるうちに、興味を持ってしまった。
「イメージと違ったよ、今度みてみるよ」
「うん、絶対オススメ」
「結構アニメ詳しいんだね」
オジサンも怪物君や巨人の星くらいのアニメなら語れるけど彼女には難しいか(笑)
そんなこんなでダウンタイムに。
「じゃあ上に乗りますね」
上にまたがってきた彼女とまずはキス。
ねっとり、そしてゆったり舌が絡んでくる濃厚なキス。
かなり息遣いが荒く、体をまさぐっているうちに「はぁはぁ」とボルテージがあがってきた。
体型は肉感はあるがスレンダー体系で、スベスベの肌質がムスコの隆起を抑えられない。
キスのあとゆっくり彼女がドレスを脱ぎ、メインのパイオツをポローンと出す。
「あんまり大きくないの」
「十分だよ」
サイズはCカップだろうか、山の頂上に小さな花がちょこんと咲いている。
つぼみを指でつまみながら片方の乳首を口にいれちゅぱちゅぱ甘い味を堪能。
息の荒くなった彼女がさらに荒くなり、頭にバストを押し付けるようにのしかかってくる。
腰を揺らし、手が背中に移動し、思いっきりシャツに爪を立てきた。
「うぅぅ~やだぁ~・・・キモチイイっ」
「(うわ、この娘ガチで感じてる)」
セクキャバはぶっちゃけガチで感じるコはあまりいないんじゃないだろうか。
もちろん喘いでくれるがビジネスとして演じてるだけで実際は素のコが多い。
こちらもそれを理解した上で楽しんでるが、彼女はどうみてもガチで感じるタイプだった。
乳首を舐めるだけで体をくねくね躍らせて、少し甘噛みすると高い声を出して悶える。
コリコリと指ではじくとエビゾリするように体を逸らせて悶えていた。
この反応が可愛くて可愛くてオジサンのムスコもとろけてるように反応。
ダウンタイムが終わり、いったん下ろす。
「すごい感じてたね」
「ごめんなさい、あーアツイアツイ」
「あやまることないじゃん(笑)」
可愛かったのでボーイ氏が来てもそのまま彼女を場内で継続してもらう。
すっかりスイッチ入っちゃった彼女はダウンタイム中以外にもDKしてくれた。
聞けば入店間もない女の子らしく、まだ常連客がいないのだとか。
あまり擦れてないからこそのういういしさということだろう。
業界慣れしてしまうとこーいうガチなコも事務的な反応しかできなくなってしまう。
とりあえず今は彼女のガチな反応を楽しもう。
2回めのダウンタイムも上に乗せ、乳首を舐め舐めして彼女の素の喘ぎ声をたっぷり堪能。
終わったころは彼女もオジサンも髪が乱れていた。
「君の反応良かったよ、また来ていい?」
「はいっ、待ってます」
指名を約束して名刺をもらい、退店するオジサンだった。

総合評価

4.4
最初の女の子がすべてを持って行ってしまった。
彼女のガチな反応がツボすぎて調査目的を忘れて没頭してしまった。
やっぱり可愛くてういういしいコは鉄板じゃないでしょうか。
キャストの質も今日はキャバクラスと言って差し支えない。
追加調査も必要ですが、店もオシャレだし安定感は高そうだ。
値段も某学園系の店と比べれば安い。
近くに寄ったらまず候補にしたい店の一つですな。
再訪します。

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク 

me adarayai