秋葉原 SLOW LIFE

秋葉原 SLOW LIFE
秋葉原 セクキャバ・おっパブ
秋葉原 SLOW LIFE
名店”スローライフ”なら満足度120%
オタクの聖地、日本一の電気街の秋葉原で確固たる知名度を誇る名店”SLOW LIFE(スローライフ)”はお客様を大・大・大満足していただける要素しかありません♪まず当店のキャスト陣は目利きスカウトが厳選した美女・美人だけをキャスティング♪そんな女のコたちが業界トップクラスの人数在籍しています♪フリーでご来店されるお客様の間では「女の子の質が高すぎて・・どの娘を指名していいかわかりません(笑)」といった事態が勃発中♪ガチで可愛いいキャスト達が夢のランジェリー姿で現れた日には”男として生まれてきて良かった”と感じずにはいられないハズです(笑)女性陣は、ジャンル別のS級が揃っています。完全素人・白ギャル・黒ギャル・清楚系・スレンダー・巨パイ・癒し系などなど..♡そのどれもが申し分ないくらいのハイクラスです♪1セット40分の料金は破格の5,000円!!延長料金も同額です♪また、セット料金には焼酎やブランデーが含まれているので好きな量だけ飲めちゃいます♪もう今夜の予定はスローライフで決まり♪素敵なホステス達と美味しいお酒をいっぺんに楽しじゃってく下さい♪
秋葉原 SLOW LIFE
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 東京都千代田区神田松永町1番地 松屋ビルB1
アクセス 各線「秋葉原駅」昭和通り口より徒歩40秒
TEL 0120-199-440
予算目安 4,700円~5,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 秋葉原 SLOW LIFEの口コミ体験談

セクキャバRuu
投稿日:2019/03/26 23:03     チョモランマさん

秋葉原SLOWLIFEでゆっくり下着美女と飲んで過ごそう

3.0
総合評価:
貧乏暇なしとはよく言ったもの。
おじさんは日々多忙な生活を送りながらもなんとか食いつないでいる。
たまに地方在住クライアントと仕事をすると驚かされる。
皆一様に顔つきが優しいのだ。
都会のビジネスマンは窶れていたり余裕がないというか、ピリピリしているフシがある。
のんびり地方生活を満喫しながら美味しいものを食べ、働きたいときだけ働く。
こんな地方ならではのスローライフを送っていれば、自然と表情も緩くなるのだろう。
日々サビ残地獄のおじさんにはそんな生活は来老後までくることはないかもしれない。
電車の窓にうっすら映った自分の顔はやっぱり少し疲れていた。
そんなこんなで到着した秋葉原駅。
ここにはスローライフを満喫できるランパブがあるとのこと。
店名もズバリ秋葉原スローライフだ。
秋葉といえば萌えの文化が通例だが、ランパブのような大人向きの店も面白そうだ。
ってことで今日は仕事終わりにスローライフを満喫しに行ってみた。

SLOWLIFEへ行こう

ではスローライフへの道順について詳しく解説しよう。
まず秋葉原駅についたら昭和通り口を出よう。
目の前に通る道は国道4号線の昭和通りだ。
そのまま左を向いて上野方面に歩いていこう。
歩いていくとやがて横浜家系ラーメンの香ばしいにおいと松屋の肉のにおいが漂ってくる。
そのまま通り過ぎると今度は和菓子屋の松屋の看板とあきば理容のサインポールが目に入る。
スローライフはこのあきば理容店のあるビルにあるのだ。
丁度店のスタッフが中から外にあがってきたタイミングだったので声をかける。
「スローライフさん?いまやってる?」
「あ、こんばんわ、どうぞ、やってますよ」
「いくらなの、今って」
「えーこの時間だと40分5000円で案内させてもらってます」
「高いよ、もうちょっと割引ならない?」
「いやー、ウチは厳しいんですよ、そのかわり女の子のドリンクがサービスですよ」
「そうなんだ、まあいっか」
「ではこちらへ」
そんな会話をしながら受付まで案内してもらった。
スローライフは地下1階、階段を下りた先にある店だ。

SLOWLIFEはどんな感じ?

受付で初来店を告げて料金を支払う。
一応スローライフは通常料金はオールタイム5000円だ、初回フリーに限り4700円に割引される。
これだけみると確かに割引率はショボいのだが、キャストドリンクが2杯まで無料と考えると悪くない。
おねだりされると一杯1500円くらいするので、3000円引きと考えれば良いかもしれない。
店のルールを説明される。
ランパブということで激しいサービスはできないようだ。
特にキスナシのルールはがっくり来た。
某区ではランパブでもキスはOKだったがこれはちとアウェーだぞ。
「ではこちらへどうぞ」
キスがないのでうがいなどもなく店内へ。
店内は秋葉原とは思えないような優雅な雰囲気だった。
萌え要素を一切感じさせない大人の空間で、席はオープンタイプ。
壁にオシャレなアートの額がならべられ、衝立にはボトルが置かれている。
ボックスシートはファミレスタイプで向かい合わせに木目調の机と黒いソファが配置されている。
客は奥に2人ほどいたようだが入口そばに案内されたので、よく確認できない。
最初の女の子はすぐやってきた。

Iちゃん

最初にやってきたのはスレンダー巨乳のIちゃんだ。
かなりの上玉、みるからに高飛車な雰囲気まんまんでオジサンちょっと苦手かも。
「初めて?緊張してる?」
隣に座ってきてしばらく会話。
「この店はどこまでしていいの?」
「えっ、ふつーにおしゃべりとか、お酒飲んだり」
「あ、そーいえばキャストドリンク無料なんだよね、なんか飲んでいいよ」
「ありがと、じゃノンアルだけど乾杯しよ」
ひとまずレモンスカッシュを頼んだ彼女。
乾杯しながら下着をチェック。
ライラック色の下着にはたくさんの花が咲いていた。
太ももがほんのり焦げていて、おそらくビーチで体を焼いているのだろう。
太ももはパンパンに張っていて、健康的なお腹周りの筋肉と言い、ちょうどいい肉感。
極めつけがバストだ。
ツンとはった形のいいバストで、気を抜くと鷲掴みしちゃいそうになる。
「触っちゃダメなんだよね?」
「うーん・・・内緒でタッチくらいなら」
ってことでツンツンとタッチさせてもらった。
掌に伝わる柔らかい感触にオジサンのムスコもすこし起ち上がった。
「キスはだめだよね」
「それは別のお店でしてもらうしかないかな」
「ですよねー」
ただ話してて楽しい雰囲気。
キムタクファンということで、昔見てたキムタクのドラマの話題で盛り上がった。
他に女の子がきても盛り上がらなそうだったので場内指名して彼女と40分ゆったりとした時間を楽しむ。
ただ正直それだけって感じの店かな。
結局エッチなムードにはならず仕舞い
セクキャバ遊びになれたオジサンとしては物足りないが、たまにはこんなのんびりスローライフも悪くないのかな。

総合評価

3.0
お店の雰囲気はすごく好き。
萌え萌え感のない大人な空間で秋葉原の印象がかわった。
肝心のサービスは薄目なので、ゆっくり飲みたい、でも一人じゃなー・・・って時にお勧めかな。
個人的にはもう行くことはないでしょう。

おすすめ店舗
  • LOVE STATION...

    エリア秋葉原/神田

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • あひる横丁

    エリア秋葉原/神田

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 神田 つばめ屋

    エリア秋葉原/神田

    業 態セクキャバ・おっパブ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク