the VOGUE

the VOGUE
本厚木・相模原 ランジェリーパブ
the VOGUE
ランパブカルチャーの最先端♪
常夏のハワイアンテイスト満載の水着キャバクラ「本厚木 the Vogue(ヴォーグ)」!本格リゾートカフェスタイルにて、ハイレグ・Tバックスタイルの美女たちがお出迎え♪当店に一歩足を踏み入れた瞬間“南国にトリップしているかのような感覚”になっちゃいます♪キャストも素人・黒ギャル・白ギャル・清楚系に加え、“ボン・キュ・ボンの不二子ちゃん顔負け”のダイナマイトバディーの女の子など、いろんなキャストがいますので、きっと貴方好みの女の子が見つかるはずです♪またビキニ姿だけではなくランジェリースタイルも取り入れています!店内見回してもどこもかしこも露出度の高い女性フィーバーしています♪ワイワイ盛り上がるもよし!女の子とラブラブなトークをしながら青春するもよし!いちゃいちゃしながらモッコリさせるもよしです(笑)またお財布に優しい飲み放題メニューも数十種類ご用意あります♪最初の一杯目は必ずビールからというビール党の方も、今宵はあま~いカクテルからスタートさせるのもありなんじゃないですか♪乾杯後の、もっともっとあま~いひと時の慣らしのために(笑)
the VOGUE
業種 ランジェリーパブ
住所 神奈川県厚木市中町2-1-8 プリムローズ本厚木館 2F
アクセス 小田原小田原線「本厚木駅」北口より徒歩1分
TEL 046-204-6022
予算目安 40分6,000円~
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 the VOGUEの口コミ体験談

セクキャバRuu
投稿日:2019/03/12 18:36     カメヒさん

本厚木the VOGUEで美女とランパブパーティ!!

3.0
総合評価:
本厚木在住のクライアントと長らく打ち合わせをしてきたが、ようやくひと段落がついた。
企画が進んでは後退し、戻っては進む。
三歩進んで二歩下がる典型的な難産だった。
この町ともしばしのお別れ。
結構スケベイなクライアントで、地元の良い風俗店を教えてくれた。
その中でも駅前のプリムローズ本厚木館はいろんな店の思い出が詰まったビルだ。
今回締めに訪れるのはランパブのthe VOGUE。
ヴォーグとは流行を意味する言葉らしい。
この店は今流行中のパリピな美女を集めてハイレグやTバック姿でキャッキャウフフな接客を連日連夜開催中。
仕事の疲れを癒すにはもってこいの南国空間。
今夜はヴォーグでボ~クのムスコをもてなしてもらおうか♪

the VOGUE のおさらい

ではヴォーグの店についておさらいしておこう。
店は今まで何度か訪れたことのある駅前のプリムローズ本厚木館にある。
まず本厚木駅に着いたら北口を出る。
目の前にはロータリーがあり右には交番左にはマツモトキヨシ。
マツキヨ方面に歩いていこう、その先にはミロードがある。
ミロードの裏手に回り込むように「厚木なかちょう通り」を歩いていこう。
右手には横浜銀行があり、上にはミロードの連結通路が走っている。
50メートル先にはファミマがあり、手前の道からミロードの裏通りに入れる。
そのまま裏に回り、突き当りのクリーニング店を右に曲がり、すぐ左手にある赤いレンガの建物。
ここがヴォーグのあるプリムローズ本厚木館だ。
目の前には客引きのスタッフが別の客に声をかけていた。
何度かきているので見覚えがある、クラブジャックの時に世話になった人だ。
待っていたがなかなか会話が終わりそうもなく、スマホでクーポンを用意して会釈して上に行く。
すると後ろから声が
「お待たせしました、可愛いコはいってますよ!」
「いや今日はね、ヴォーグに行くの」
そう告げると彼は親指を立てたあとまた客との会話に戻った。
客かと思ったが、会話の雰囲気から察するに相手は店のお偉いさんかもしれない。
とにかく自分には関係ない、ヴォーグは2階にある。

南国は確かにある!

2階にあがると扉が開き、気づいたスタッフが受付まで誘導してくれた。
蓮の花をモチーフにしたヴォーグのロゴを身に着けたボーイ氏が受付で迎えてくれた。
指名ナシと告げるとVIP席をすすめられる。
12000円とバカ高い。
「いやー通常コースでオッケっす」
通常料金は19時半から21時までが6000円で21時以降が7200円とのこと。
よくあるセクキャバの40分1セットではなくここでは50分1セットだ。
初回フリーに限り4000円ぽっきりになるクーポンがあるので、これを使った。
この店はドリンクにフードメニューも充実している。
枝豆やナッツをはじめ、たこやきからビーフジャーキーまで、軽く食事をとれるくらいに充実している。
セクキャバ遊びだとこってりした食べ物を口にするとキスをいやがる嬢もいるはずだ。
だがここはランパブ、あまり気にせずガツガツできる。
飯は済ませていたのでフードメニューはスルーしたが、今日はビールじゃなくハイボールにしといた。
「ではこちらでお待ちください」──。
店内は完全オープンな空間。
南国風のカフェといった感じ。
壁側と窓際にソファが長方形に並べられ、その前に木目調の円テーブルが置いてある。
額縁には南国の風景画が飾られており、暖色の照明とともに優雅な空間を作り出している。
全部で席は20席ないくらいだろうか、カラオケもできるようだがこの日は客があまりいなかった。
先客は奥に一人。
となりにビキニ姿の女性を置いてハッスルしていた。
とりあえず目が合わないよう通路に近い窓側シートに案内され、ハイボールを置かれた。
振り向くとすぐ外が見える。
角度的に見えそうで見えないんだな、そんなことを思いながら飲んでいると最初の女の子がやってきた。

おばちゃん嬢

最初にやってきたのはおばちゃん顔のEちゃんだった。
若い松居一代といった雰囲気で、性欲的に一切そそられないタイプの女の子。
席の向こうにはみちょぱ似の可愛い子がいるのになんでこの席に地雷嬢が。
いきなりかましてくれるじゃねえかヴォーグさんよ・・・。
よく来てくれるのー?仕事はなにしてるのー?
といった感じで話しかけてきてくれるものの、エッチな雰囲気にはまずならない。
おっぱいだけは程よく発達している。
青いビキニにパレオがついていて、足を組み替えたり挑発的なポーズ。
ハイボールをガンガン飲んでいるとおねだりをしてくる。
もちろんやんわり拒否してスマホいじっていると、遠くからボーイ氏が察したのか彼女をすぐに連れて帰った。
時間の無駄だった。

卵顔の癒し

次はテンション上がるような可愛い系の嬢の登場。
卵顔で若いころの菅野美穂のような癒し系お姉さん。
それでいて黒のテディの下着を身に着けていて、後ろを振り向くとお尻の部分が大きく開いていた。
レースの部分にドキドキさせられる魅惑的な下着である。
「本厚木にお住まいですか?」
「いや違う、池袋から」
「都内にお住まいなんですね」
「都内にはよく行くの?」
「オーディションでたまに」
「えっ?」
聴くところによると彼女はダンスレッスンに励んでいるらしい。
舞台やコンサートのバックダンサー募集があれば駆け付け、オーディションに精を出すのだとか。
「ダンサーって儲かるの?」
「講師とかになればって感じですかね」
「プロのダンサーでも厳しいの?」
「トップアーティストのバックダンサーなら」
「君の顔ならYouTubeで踊ってみた系の動画投稿したら人気出そうだけどね」
「やってみたことあるんですが・・・」
パソコン音痴な彼女も勉強して動画投稿をしたものの、いまいち再生数が伸びないらしい。
オジサンはダンスはからっきしだが、YouTube系の動画サイトに関しては詳しい。
彼女にYouTubeの再生数を荒稼ぎする裏技を教えてあげた。
以前ユーチューブ系コンサルしているクライアントと仕事をしたことがあり、再生数とチャンネル登録者数を爆上げするマル秘テクも知っていた。
YouTubeはサムネとタイトルが全て。
死んでる動画の再生数をいますぐ爆上げするコツを教えると
「すごーい!! やってみますねー」
「成果がでたら教えてよ」
「すごく感謝してます」
「じゃあご褒美にチューくらいしてよ」
「えー、それはーっ」
「じゃあ、これくらいならいいでしょ」
ってことで肩にスルスルと腕をまわし、彼女と密着する。
店内には懐メロをハワイアンにアレンジした曲がかかっていて、自然に体が左右にリズムを刻む。
優雅な気分に浸りながら彼女のパイオツを間近で拝見。
サイズはCからDの中間だろうか。
一人目より小さい。
触りたいけど触れないこの辛さに歯を食いしばってたえながら、肩に回した左手でほのかに彼女の肌触りを楽しむ。
肩幅はさすがにダンサー、がっちりしていて締まりがある。
抱いたら気持ちいいだろうな~、とニヤニヤしているとムスコがむくむく膨らんできてしまった。
その後もダンスに関連する雑談しているとすぐ時間が来てしまった。
「またお話きかせてくださいね」
最後まで心地いい笑顔の嬢だった。
ぷりんとしたお尻を左右に振って、奥のブースに消えていった。

3人目に登場したのはボーイッシュな嬢だ。
ショートボブで真っ白な歯を輝かせたスマイルが特徴的。
本田翼ちゃんのような底抜けな明るさがあり、スタイルも顔も申し分ない。
しかも恰好がエロい。
黒のブラにきわどい角度のTバック。
じっくりみているとにやにやしながらこう言い放った。
「えっちでしょ~、ホラホラ」
おっぱいを谷間に寄せたり、尻をむけたり挑発的。
むかつくけど確かにそそられてしまう魅惑的なボディ。
「おっと、落としちゃった」
「わざとでしょ~」
「拾って」
「しょうがないなぁ」
わざとライターをおとすと、お尻をこっちにむけながら拾ってくれた。
「ヒュ~、いいお尻だねえ、触りたいなぁ」
「だーめ、みるだけー」
ムスコの栄養源を補給したら雑談タイム。
「Tバックって寒くないの?」
「寒い日は寒いですよ、でもストッキングはいちゃえば関係ないかな」
「そもそも履きやすいの」
「わたしは好きです、お尻を綺麗に保てるし」
彼女が言うにはTバックはふつうのパンツと違い、臀部にパンツ跡がつかないらしい。
それがお尻の形を綺麗に保てるので意識して普段から着用しているという。
「なるほどね、見た目だけじゃなくそーいう効果もあるんだな」
「いいでしょー」
「今度からオジサンもTバックはいて出社することにするよ」
「笑」
途中で彼女におねだりをされたので1200円のグレープフルーツジュースを注文。
乾杯して腕を組んでもらい、むにゅっとあたるおっぱいの感触を間接的に楽しんだ。
この日はハイボールを何杯もおかわりしてしまい、ほとんど後半酔っぱらって記憶が飛んでしまった。
それでもサービス満点の彼女に介抱されながら心地いい時間を過ごすことができたのは記憶してる。
出口まで付いてきてくれた彼女にキスのおねだりしをたら
「また今度指名してくれたらしましょーね」
と軽くかわされた。
VIP席ならいちゃいちゃできるんだろうな。
ヴォーグ、ここは親密度をあげて再チャレンジしたいだけのキャストがいるお店だったぞ。

総合評価

3.0
一人ハズレいたが全体的にキャストの質は高い感じ。
店の外観が特徴的なので場所はわかりやすい、駅からも近い。
店員氏も丁寧に説明してくれたので接客面は抜群。
あとはサービスがソフトなので、ランジェリー姿の美女と飲みたい気分の時にお勧めかな。
えっちな気分になりたいときは別階のセクキャバのほうが向いてるだろう。

おすすめ店舗
  • the VOGUE

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態ランジェリーパブ

  • 橋本 CLUB f

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態いちゃキャバ

  • 小田急相模原 Touch...

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • Boobs

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • CLUB Asyl

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 本厚木 パイレーツ

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • LIP

    エリア神奈川/本厚木・相模原

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • 風月

    エリア神奈川/藤沢

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • CLUB TRICK

    エリア神奈川/藤沢

    業 態いちゃキャバ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク