スーパー料亭天女 小山

スーパー料亭天女 小山
小山 セクキャバ・おっパブ
スーパー料亭天女 小山
特別な夜を当店で♡
JR『小山駅』東口から徒歩3分!セクキャバ「スーパー料亭天女 小山(スーパーリョウテイ テンニョ)」!!小山エリアの超人気店!癒しの空間で極上のひとときを・・・キャストのルックスは栃木県内TOPクラス!かわいい系を中心に、おっとり系、セクシー系、まじめ系、お笑い系、天然系、S系、M系、ツンデレ系、ファンタジー系など、バラエティ豊かな素人女子を厳選!麗しの天女たちが密着プレイでせまる!SEXYな艶姿にアナタの〇〇もドッキン!?店内は和風一色!The ジャパニーズな装飾と和の趣きを感じさせるインテリアがおでむかえ♪ゆったりできる座敷でオキニのあのコと恋人気分でいちゃいちゃ♪特別なNIGHTをすごせること間違いナシ!一年365日いつでも楽しいスーパー料亭天女!ワイシャツDAYなどのコスプレ企画をはじめ、クリスマスやハロウィンのイベントもい~っぱい♪ただいま当店では☆ブログ限定割引☆も実施中!初回フリーのお客様にかぎり通常料金より1,000円引きでご案内!HPをお見逃しなく♪小山にお越しの際はぜひスーパー料亭天女へ♪ご来店をお待ちしております❤
スーパー料亭天女 小山
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 栃木県小山市駅東通り1-3-18
アクセス 各線「小山駅」東口より徒歩3分
TEL 0120-663-867
予算目安 1set45分4,500円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 スーパー料亭天女 小山の口コミ体験談

めがねキャッチャー
投稿日:2020/04/06 16:19     めがねキャッチャーさん

栃木のセクキャバ有名店~スーパー料亭天女小山の体験レポート

4.8
総合評価:
大学時代からの友人と、日光東照宮や華厳の滝、日光江戸村、那須市といった栃木では有名な観光スポットに遊びに行った帰りに旅の思い出にどうだ?となりセクキャバへ遊びに行くことになった。
日光東照宮の帰り、7泊8日で旅行に来ていたのだが
「最終日だし、途中下車して飯でも食べてこうぜ。」
「そうだな、折角だし食べてくか。」
と食事をとることになり自分たちが泊まる、旅館から近い小山駅で途中下車をしました。
駅前には、数は多くないが居酒屋や飲食店がありその一つで飯を食べることに。
友人も俺も、お互い浮いた話はおろか彼女さえいない。
「かわいい子紹介してくんね?」
「俺だって、いたら彼女にしてるさ。」
他愛もない会話のキャッチボールが飛ぶ。
「だよな(笑)」
回りの友人連中には彼女がいるため、お互い焦ってはいる。
だが、出会いがないというのが本音だ。
「なら、あっちの方もご無沙汰だよな?」
友人が、この日の為にいい店をリサーチしておいたからというので今回紹介する、スーパー料亭天女小山に急遽行くことになった。

旅行のついでに友人と

風俗好きな友人が、調べたのはスーパー料亭天女という栃木では有名なセクキャバだった。
駅から徒歩3分の立地にあり電車でもアクセスがしやすい。
駐車場も近くにあるので地元の人も車でのアクセスが容易にできる。
栃木県は、元AKBの大島優子や平山あや、グラビアアイドルの手島優や酒井若菜といった可愛い子から美人まで揃っている県で有名だ。
ということは、地元民や周辺から通いで出勤してくる子に可愛い子が揃っているのではないかというのが友人の予想であり見解だった。
果たし本当にそうなのか、どうか確かめに行こうということで小山の夜の街に俺たちは繰り出すことにした。
スーパー料亭天女に着くと外観からして高級感が漂う造りで俺たちは場違いなんじゃないかと思うお店だった。
店の前には、小綺麗なボーイが立っていて「お客様、今ならすぐに案内できますよ。」と声をかけてきた。
最初から、その店に遊びに行こうと決めていたので入店を即決。
中に入ると、想像していたよりは狭い空間だったがくつろげる環境が整えられていた。
すぐに準備しますのでと、俺たちを席に案内し女の子を呼びに行った。
果たしてどんな女の子が出てくるのだろうか?胸をワクワクさせながら対面を待った。

創業7年の老舗有名店

簡単にお店の情報やシステムについて紹介したいと思う。
このお店は、ワンセットの料金が時間帯により細かい。
18時~18時55分が4500円
19時~19時55分が5500円
20時~ラストまでが6500円
と、早い時間に入店すると2000円もお得に入店することが出来る。
ワンセットが40分で2回転がスタンダードなスタイルだ。
指名料が場内・本指名問わず1000円でリーズナブルな価格となっていて立地も最寄りの小山駅から3分の位置と好立地などで遠方から遊びに来た人でもアクセスが簡単なので気軽に遊びに行くことができる。
駐車場が周辺にあるので地元の人も遊びに来やすいのも特徴だ。
また、優良店の証ともいえる創業5年以上の店で今年がお店が出来て7年目なので人気なのは間違いない。
セクキャバ業界は、いい人材が揃わないと半年もたたずに潰れるということがザラにある。
群雄割拠の戦国時代とはこのことかと言わんばかりの、競争を勝ち抜いてきたお店なので気になった人はレポートを読んだ後にもっと詳しい情報を調べてみてもいいのではないでしょうか?

1人目:巨乳でかわいいRちゃん

「エロイ子か巨乳な子をお願いしますね。」とボーイさんに頼んで、10分ぐらいすると1人目の女子がやってきた。
「はじめましてRです。イケメンなお兄さんですね♪嬉しいな!」
「お世辞を言っても、何も出ないよ(笑)」と軽いジャブを打ち込む。
「初恋の人に似てるんよ~。」
よく、夜の女の子が言うセリフをいきなりぶっこんで来たRちゃん。
この子、接客慣れしてるなと悟る。
お互いの簡単な自己紹介をまずした。
彼女は、地元で昼職をやっていてお母さんと二人暮らしで昼職の給料だけでは暮らして行けないからと2年前から働くようになったらしい。
女手一つでここまで育ててくれているお母さんには、感謝の気持ちで一杯らしい。
なんでも、病気で寝たきりらしく今は働くことが出来ないらしい。
なので、Rちゃんは母と暮らしていくために昼と夜のダブルワークをして生計をたてているらしい。
今でこそ、巨乳だからお客さんにおっきいおっぱいだねと言われ喜んでもらえるし指名が沢山取れるからいいけど昔はおっぱいが大きいことがコンプレックスで同性から妬まれ、いじめにもあって嫌な思いをしたらしい。
そんな、世間話をした後Rちゃんから「お兄さんの上に乗ってもいいかな?」甘えた声で、おねだりしてきたので即答でOKをした。
ひざの上に乗るRちゃん、トップレスになりタワワなデカメロンなおっぱいが顔を出した。
「メロンみたいで、おいしそうだね。」
「もう、エッチなんだから(笑)」
笑顔でこっちをみるRちゃん。
俺は、Rちゃんのおっぱいに顔を埋める。何て柔らかいんだろう。
低反発枕のような弾力で、へこんでもすぐに反発する張りのあるおっぱいだ。
顔を、胸から離しおっぱいを舐めまくる。
乳首は感じやすいのか、すでに立っていた。
顔を上げて、キスをすると分厚いタラコのような唇が俺を襲う。
ディープキスをすると、俺の脳内にはドーパミンが全快だ。
興奮が最高潮に達し、至福の時を過ごす。
天国は、ここにあったのかと思うくらい快感で病みつきになるかと思った。
「チェンジの時間です。」15分はあっという間だ、気持ちよくなってきた時にボーイがやってきた。
Rちゃんは寂しそうな目をしていたが、フリーで入店したので他の女の子も見てみたかったので名残惜しいいがサヨナラをすることにした。

2人目:フェロモン全快Qちゃん

5分後、ボーイが次の女の子を連れてきた。
「はじめまして、Qです。よろしくお願いします。お客さん、観光で来てるんですね。」
Rちゃんから、すれ違いざまに情報交換をしたらしく観光で遊びにきていることをQちゃんは知っていた。
普通、客同士を取り合うのがキャストなのだがここのお店はキャスト同士が仲がいいのかそれともたまたま仲が良かったのか情報を共有していたので珍しいなと思った。
ここ行きました?と、地元の人しか知らないような穴場スポットを教えてくれた。
夜のお姉ちゃんは、お客さんと様々な話ができるように日々トレンドになりそうなものなどを本やネットを見て研究している。
プライベートな時間も、仕事のことを常に考え時間を使うという考え方には頭が下がる。
一通り会話が終わると、Qちゃんは俺の上に乗ってきた。
170㎝と大柄なのでズシンとくる重さが多少ある。(太りすぎという訳ではない。)
上に乗るとすぐに、トップレスになり俺に背を向けて座ってきた。
「後ろから揉まれるのが好きなの私。」男が、後ろからおっぱいを揉むことが好きという好みを分かっているところを見るにヤリ〇ンなのかな(笑)と妄想を膨らまされる。
背後から、おっぱいを揉むというのは新鮮で日常生活を送っていると中々ない体験の一つだ。
乳首を攻めると、良い声で鳴きながら腰を振る。
お尻が俺の息子に当たり、俺の息子はフル勃起していた。
「まあ、息子さん元気ね。」と笑いながらこちらを向くQ。可愛いさだけでなく、彼女の場合エロさも兼ね備えているのでレベルが高い。
こちらを向くや否や、「キスしようよ!」
フェロモン漂う、彼女からの誘いに俺は一発返事でOKを出した。
お互いの唇が触れ合い、感触を確かめる。
プリンのように柔らかい唇で、みずみずしい。
俺は空いている両手で、彼女のDカップくらいのおっぱいを鷲掴みにした。
片手に収まるくらいのサイズでジャストフィットした。
揉みしだくにはちょうどいいサイズだ。
次第にヒートアップしてきて、おれは乳首を抓って引っ張ってみたり乳輪の回りをこすってみたりして様子をみる。
彼女は、敏感なのか乳首を引っ張るたびに声が出そうになるのだが我慢をしているようだ。
フレンチキスだったのが、ディープキスとなりお互いの舌と舌が絡み合う。
旅行に来て、ハードスケジュールだったがその疲れがぶっ飛ぶくらいの快感だった。
こんないい女は中々いない、時間いっぱいこのおっぱいと唇を満喫しよう。
顔を胸に埋めたり、乳首を舐めくりまわしたりもみくちゃだ。
酒の勢いもあってか、次第に理性を失っていく。
友人と来ていることを忘れるぐらい、がむしゃらに楽しんだ。
楽しい時間はあっという間で、チークタイム終了の合図が流れる。
「ああ、楽しい時間はあっというまだな。」ボーイが「延長はいかがいたしますか?」とやってきたが、明日の朝は早いため名残惜しいがその場を後にすることにした。
フェロモン全快のQちゃん、巨乳でかわいいRちゃん冥土の土産にはもってこいの二人と出会えて幸せだった。
もし、栃木にまた来る機会があれば遊びにきたいなと心から思えるお店で創業後7年も続いている理由が何となくだが分かった気がする。
歌舞伎町やススキノにも負けない接客技術がそこにはあったからだ。

総合評価

4.8
サービスと女の子の質が、創業から7年経っても落ちないという事が長く太くこの業界で生き抜く秘訣ということなんでしょうね。
スタイルが良い子が揃っていて、歌舞伎町やススキノといった歓楽街の次に来るのは栃木かもしれないですね。トレンドになる前に、先取りを

おすすめ店舗

<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク