蕨 うさぎ屋

蕨 うさぎ屋
蕨・川口 セクキャバ・おっパブ
蕨 うさぎ屋
非日常の刺激的な夜を・・・
◇素人彼女とイチャイチャするならこのお店!
埼玉県の蕨・川口エリアに業界屈指のクオリティーを誇るイチャキャバ店「うさぎ屋」で、非日常的な癒しの時間を過ごしてみませんか?蕨に行列ができるほど人気の繁盛店です!「うさぎ屋」に在籍するキャストはほかのお店とは一味違う!犬系彼女から猫系彼女をはじめ、うさぎ系彼女など、まるでアニメに出てくるかのようなあざとくて可愛い女の子が勢ぞろいしています♡赤羽と大宮の間に点在し、蕨駅から徒歩1分と通いやすさも抜群!ハイレベルのサービスを堪能し、お気に入りの彼女を見つけてリアルな恋人キブンを味わってみてはいかがでしょうか??ナイトワークには少し慣れていない素人系の女性キャストが多いため、初々しさやウブさを感じながらイチャイチャを楽しみたい男性にはピッタリのお店です♪接客ルックス共にクオリティーの高い女の子たちがあなたのために一生懸命ご奉仕する姿には、思わず魅了されること間違いなし!蕨・川口エリアにお越しの際は、ぜひ「うさぎ屋」でしか味わえない魅惑の時間をお過ごしください!あなたのご来店、スタッフ一同心よりお待ちしております☆彡
蕨 うさぎ屋
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 埼玉県川口市芝新町2-15 シティプラザB1F
アクセス JR京浜東北線「蕨駅」東口より徒歩1分
TEL 048-423-4442
予算目安 1set40分5,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 蕨 うさぎ屋の口コミ体験談

ハッスルマン
投稿日:2019/05/10 19:27     ハッスルマンさん

蕨(わらび)のうさぎ屋は人間の女の子と触れ合う癒やしのセクキャバ

4.1
総合評価:
猫カフェにいったことがありますが、あれは良いものです。猫スタッフが本能をむき出しにあそんでくれたり、あそんでくれなかったり。おっさんが1人で行くと、他人の目線が痛い!ことだけがネックです。
しかし、蕨(わらび)という大宮の近くの街にある「うさぎ屋」では、おっさんが1人で行くのが当たり前。なぜなら、そこはセクキャバだからです。
かねてから動物好きな私、セクキャバも好きな私。「これは、スルーできませんね」と訪問してきました。

うさぎに会いに蕨へ

京浜東北線沿いの蕨駅へ。大宮から遠くなく、まあ、ちょっとした遠征に最高です。それにしても、うさぎ屋とはかわいい名前。動物とセクキャバが好きな男として、テンションあがってきました。
ウキウキしながら、蕨につきます。まだ時間が早かったので、居酒屋で時間調整。20時のオープンにタイミングを図りました。
明日は日曜だったので、猫カフェや動物園に行き、動物に癒やされようと思ってます。その前段階として、こんやうさぎ屋に行くというのが面白くなっていました。
うさぎ屋には犬系女子や猫系女子もいるらしいです。いやあ、たのしみだなあ。

エロエロ動物園へGO!

時間が20時をまわったので、会計してうさぎ屋へ行きます。といっても、駅前すぐのところなので、あっさりとつきました。
受付で、初めて来たことを伝えます。すると、説明してくれました。その説明を聞いた後、40分5000円の料金を払います。
うがいと手洗いを済ませ、席に案内してもらいました。店内はピンク系の照明とBGM、小さなソファがあるBOXが何個かあり、その中でプレイするようです。
まだ、他にお客さんがいないので、なんだか独り占めシている気分です。席に座り、焼酎を飲みながら女の子をまちます。

猫系ガール

「いらっしゃいませー」とかわいい女の子がやってきます。茶髪のショートカットで、パーマをあてていて、小さな顔に笑顔がはりついたような女の子でした。服は太ももがバッチリ見える和服でかわいい。
「動物・・・」と私が言います。「私は猫飼ってるんです、猫ガールです」と官女が言いました。店の用意した設定のようなものが有るらしいです。
「よこ座っていいですか?」と彼女。小さなソファーに詰めて、2人座ります。「・・・・」ちょっと会話が続かなかったので、とりあえず、ドリンクをおごることにしました。
「わぁ、うれしい!」と彼女。「語尾に、ニャン!ってつけてみて」「ありがと・・にゃん!」ブフォ!と吹き出しそうになります。予想以上の破壊力です。
「はずかしー!」「ニャンてつけて」「はずかしー・・・ニャン!」うおおおおお!かわいいいいいい!とテンション上がります。
乾杯して「いや、ホントに猫ガールだよ、もっとそのキャラで行こう」「えー、笑っちゃいそう」「飼ってる猫が乗り移ったと思えば?」「あはは!じゃあ、お酒飲めなーい」「のめなーい・・・・?」「にゃん!」「かわいい!」「これ、ずっとやるのー?」
彼女があまりに可愛すぎて、つい、腰のあたりを抱いてしまいました。もともと、狭いソファに密着して座っているので、足や肩は触れているのですが、腰に手を回すと、より密着感が高まります。
彼女のふくよかな胸がこちらの胸に当たります。彼女のかわいい笑顔が、30cmの近距離で見つめられます。いやあ、たのしい。
それから飼っている猫の話になりました。私が猫カフェに行くことを言うと「えー、男の人1人って入りづらくないですか?」「うん、視線が痛いよね」「それでもいいの?」「猫の可愛さに比べたら、問題ない」「あはは!飼えばいいのに」「仕事で放し飼いにしちゃうから」「そっかー、大変だね」
そんな彼女の口を塞ぐように、キスします。もう、いろいろ我慢の限界でした。「ああ、ごめん、可愛くて、つい」というと、彼女からキス。
猫ガールらしいザラザラした舌を入れてきます。レロレロとお互いの口の中をなめます。こんなかわいい女の子と、ねっとりとしたディープキスをしていることに、すこし現実感が薄れてきます。
「キミ、ほんとに、人間?猫じゃないの?」「人間ですよ」「俺が猫飼いたい!っていう願いを聞いてくれた神様が使わせた、猫の化身とかじゃない?」「なんですか、その設定」「いや、こんなかわいい子とキスしてる現実が夢みたい」「・・・乗っていいですか、にゃん」
彼女が私の上にまたがります。彼女の妖艶な腰をだきしめ、おっぱいの間に顔面をしずめました。甘美な匂い。彼女は私の頭をなでなでしてくれます。
「おっぱい、もんでいい?」「いいですにゃん」和服の上から、優しく手のひらで包み、彼女のおっぱいをモミます。猫に触るように、やさしくさわっていると、彼女が服を下げてくれました。
でかくはありませんが、上品な乳房です。ゆっくりと口をつけ、刺激を少なめになめました。官能的な味がします。
彼女のおっぱいをなめながら、本当に猫みたいだと思いました。猫も、気が許してくれると、体を触らせてくれます。猫みたいに柔らかな体をくねらせて、彼女はたっぷりとサービスしてくれました。

うさぎ系ってそうゆうことか!

次に来た子も和服の女の子。今度は黒髪ロングで上品な美人系です。和服なので判別しにくいですが、おっぱいが大きそうな体つきでした。
「キミは何系?」と聞いたら「うさぎ系です」「どこらへんが?」「ここらへんが!」といって、手をうさぎの耳っぽくして、ぴょんとジャンプします。
「あははは!うさぎっぽい!」「はずかしー!」「じゃあ、ドリンクおごります、なにか飲んで!」と彼女のパフォーマンスに答えました。
乾杯して「あれ、毎回やってるの?」と聞きました。「いえ、お客さんに振られたらやります」「そうなんだ、恥ずかしいよねー」「赤面しちゃいます」「どれどれ、あ、ほんとだ」
彼女の色白の肌が、目の下のほおのあたりが、ほんのりと赤くなってました。「こんなことするキャラじゃないんですよー」と笑います。
「普段は何してるの?」と聞いたら、看護の専門学校に通っているとのこと。「おお、すごいじゃん」「でも、生活費は自分で稼ぎたいから、夜のバイトしかないんですよ」「えらい!マジでファンになったかも」「ありがとうございます」
「でも、そろそろ生活費も溜まったし、卒業も近いのでこのバイトは終わりです」と彼女は言いました。「そうなんだ、ここで得た経験を、看護でも活かしてね」「はい!」「あはは!活きるかなあ?」「お酒には強くなりましたねえ」「うさぎジャンプで病気の人を元気づけてあげなよ」「あれは封印です」
あはは!と笑いながら話します。彼女と話していると、とっても癒やされます。きっと良い看護師になると思います。しかし、楽しい時間はあっというまに過ぎてしまうのを経験で知っている私は、一つのお願いをしました。
「もういっぱい飲んでいいから、ここ座ってくれない?」と私の又の間を指さします。「うーん」と彼女は考えてから「・・・・良いですよ」と言ってくれました。
彼女はゴキュゴキュとドリンクを飲み干し、本当にもう1杯オーダーしました。「ほんと酒強いんだね」と感心します。少しの出費ですが、彼女の巨乳を揉んでおかないと後悔するでしょう。
彼女を後ろから抱きしめるように、私の前に座ってもらいます。おしりがでっかくて、ソファからずり落ちそうになってました。「じゃあ、膝の上」ということで、私は又を締めて、その上に乗ってもらいます。
彼女の大きなお尻と、その重量が私のコカンにのしかかります。幸せプレスでした。チ○コは0.5秒で勃起して、服を貫いて彼女の中に入りたがります。
私の両手はまず、太ももから。がっしり体型の彼女の太ももは、素敵に太くて、たぷたぷとしたボリューム。これはこれで最高です。
足が長くて、カニみたいな女性のラインも美しいと思いますが、実際に触るなら、こっちです。太く、たくましい彼女の下半身は、これからの看護の現場でもきっと活躍するでしょう。
太ももをがっしりつかみ、腰をぶち込みます。「あはは、なにかあたってるんですけどー」「気にしない、気にしない」彼女の幸せプレスの下では、思う存分腰を触れませんが、疑似セックスのようなプレイは楽しいです。
そして、本丸。おっぱいへと手は伸びます。でっかいおっぱいは、もう隠しようがありません。和服の上から、ゆっくりともちあげます。
「重い」
そう言ってしまいました。なんて、素敵な重さなんでしょうか!服の上からでも伝わる柔かな重さ。腕が筋肉痛になるまでモミモミします。
彼女の黒髪に鼻を近づけて、匂いをかぎました。花屋の店先のような、いろんな匂いが混じった素敵な匂いです。興奮は更に高まり、勃起はさらに硬くなります。
「ごめん、ちょっと腰浮かせて」といって、彼女の下でプレスされているチ○コのポジションを直します。「OK、どんとこい」と彼女を再び着座させました。
そして、服の下に手を入れました。服の抵抗がなくなった、彼女の乳房は、どこまでも柔らかく、すてきな感触です。
「うさぎのような柔らかさだ」と言います。ペットショップで1度触ったことが有るのですが、うさぎの柔らかな体をおもいださせるおっぱいでした。
溶けるような肉、そこに、手を入れると、手も溶けていきそうです。脳みそも溶けて来たかもしれません。どこまでも柔らかくて、官能的なおっぱいでした。
時間が来てしまったので、終了です。「最後に、もう一回!」とおねがいすると、「ぴょん!」という例のはずかしいうさぎポーズをやってくれました。

総合評価

4.1
うさぎ屋は蕨、赤羽と大宮の中間ぐらいにあります。ですので、どちらかというと、日陰の場所ですが、それが逆に良いのかもしれません。
女の子たちは、派手すぎず、擦れてなくて、サービスに手抜きがありません。一生懸命やっているのが伝わってくるので、こちらも応援したくなる気持ちになりました。

おすすめ店舗
  • 蕨 うさぎ屋

    エリア大宮/蕨・川口

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • インペルダウン

    エリア大宮/大宮

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • パイの宮

    エリア大宮/大宮

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • Wooo!

    エリア大宮/大宮

    業 態セクキャバ・おっパブ

  • La Deesse

    エリア大宮/大宮

    業 態いちゃキャバ

  • FLIRTATION

    エリア大宮/大宮

    業 態いちゃキャバ

  • club LaBay

    エリア大宮/大宮

    業 態ランジェリーパブ


<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク