Club Verdandi

Club Verdandi
伊勢崎・新伊勢崎 セクキャバ・おっパブ
Club Verdandi
ヤミツキ確定!超ハイレベル美女♡
『伊勢崎駅』南口から徒歩10分!ハイパーセクキャバ「Club Verdandi(ヴェルダンディ)」!
おかげさまで開店以来、大好評&GOODレビューの嵐!
清潔感あふれる店内はラグジュアリーでそこはかとなく落ち着いた雰囲気・・・
大人なムードの中でまったり、いちゃいちゃしちゃってください♪
キャストは10代後半~20代の若くてカワイイ女の子が多数在籍!
右も左もわからない、業界未経験の素人娘を中心に集めちゃいました!
黒髪清楚な現役女子大生をはじめとして、地元伊勢崎の元気な茶髪ギャル、小悪魔系のロリっ子、萌え萌えなヲタク娘など、よそのせくいちゃではであえない個性派フロアレディがせいぞろい!
「ふつうのキャバクラはもう飽きた」「どのお店も似たようなコしかいない」とおなげきのアナタ!そんな方にぴったりなのが伊勢崎セクキャバ「ヴェルダンディ」!
とにかくエロエロで刺激的な夜をすごしたいトキは当店でキ・マ・リ★
一度味わったらヤミツキ確定!何度でも遊びたくなる魅力が満載!
伊勢崎にお寄りの際はクラブヴェルダンディをぜひお忘れなく♪ご来店をお待ちしております☆
Club Verdandi
業種 セクキャバ・おっパブ
住所 群馬県伊勢崎市大手町22-104 ツバメタクシービル B1F
アクセス 各線「伊勢崎駅」南口から徒歩10分
TEL 080-7890-2987
予算目安 1set45分5,000円
  • イベント
  • 下着
  • コスプレ
  • ギャル
  • 熟女
  • 素人
  • ワイワイ
  • まったり
  • 一人でも
  • 接待
  • 朝から
  • 昼から
  • 日・祝

 Club Verdandiの口コミ体験談

めがねキャッチャー
投稿日:2020/04/27 14:05     めがねキャッチャーさん

伊勢崎の次世代を築くお店~Club Verdandi~の入店レポ!!

4.6
総合評価:
最近、巷で注目度が上がってきている歓楽街がある。それは、伊勢崎駅前だ。北関東に位置する群馬県伊勢崎市、新宿から約2時間移動にかかり交通費も片道4000円と決して安くはない。
だが、歌舞伎町などの歓楽街と違いテナント料が安い分セット料金が安くなるというメリットと都市圏で働くことを嫌う出稼ぎの子や東京で働いていたけどシングルマザーや親の介護などを理由にUターンしてきて働く優秀な人材など穴っぽいところが働いているのも事実だ。
そこで、今回はセクキャバ街の中でも名前が知れているClub Verdandiに上司との付き合いで飲みに行くことになったのでその時の様子をレポート形式にまとめてみました。
地方ということもあり、体験レポートが少なく遊びに行ってみたいけど情報が無さ過ぎて不安という人の為に有益な情報を提供したいと思いまとめたので是非参考にしてほしいと思います。

若手が多いClub Verdandiに期待

通常、地方のセクキャバとなると人材確保が難しく中にはアラフォー女性がマウントを張ってドンとして構えているワンマンのお店も存在する。
都市圏と地方のセクキャバの待遇を考えると致し方ないことではあるが、若いいい人材が都市圏に好待遇で流れてしまうことは非常に残念だ。
ですが、伊勢崎Club Verdandiは一味違って20前半の子は多くないが20後半の可愛い子が多く30すぎの女の子は少ない傾向にある。
夜の世界の場合、年齢を聞かれた場合実年齢より若く年を言うというのは常識ではあるがそれを鑑みても若くておっぱいが大きい子が多い。
某掲示板や風俗好きな友人から聞いた情報なので、これは久しぶりに当たりなお店と女の子と楽しいワンナイトを過ごせるのではないかと内心ドキドキしていた。
たまたま、上司と出張で群馬の方へ来ていて「いいお店知ってるか?」と夜の街に誘われ繰り出すことになったのだが下調べをしておいてよかったと自分の中でガッツポーズをしていた。
上司との飲みの席という物は、将来の昇進に関わるからだ。
昔に比べて、プライベートと仕事は査定の対象になりにくくはなっていて割り切っているという人が多くなってはきているがうちの会社は悪しき伝統である接待という文化が残っている。
何としても、上司に喜んでもらい今後の昇進に繋げたいので俺も必死だ。
伊勢崎駅から歩いていると、10分圏内に立ち並ぶ歓楽街が見えてきた。
ネオンが綺麗に輝いている、いかにも風俗街という景観。
すると、行こうと思っていた店を発見。
ボーイが「お客様、何名ですか?今でしたらすぐにご案内できます。」と話しかけてきて、入店することにした。

立地抜群Club verdandiの良さ

ボーイに声を掛けられて、Club Verdandiに入店。
店内は、まるで新装開店したかのような綺麗さで広くて豪華な造りになっていた。
上司も、「綺麗な内装だな、いい店じゃないか」とご満悦の様子。掴みはOKだ。
ボーイに案内され席に着く、セクキャバらしい席の配列で辺りの席を見渡せる造りになっている。
ドリンクは、ソフトドリンクや焼酎などが飲み放題でセット料金に含まれている。
オールタイム45分6000円と回りの妖貴妃や伊勢崎BACCARAなどと比べると少し料金設定が高いが自信の表れなんだろう。
逆に考えれば、オープンからラストまでどの時間に入っても同じ料金なので損をした気分にならないのはいいところだ。
ワンドリンクと指名料も1000円となっていて他のお店とそれについては変わりない。
どんな女の子がいるのか分からないので、フリーで入店をして様子をみることにした。
1セット45分で2人が付くという回転方式らしい。
期待と不安を胸に抱きながら、私と上司にどんな女の子が付くのかワクワクしながらその時を待った。

1人目:顔立ちが綺麗なNちゃん

ボーイが1人目の女の子を連れてきた。
この店は、マンツーマンなのでそれはまでは上司と談笑をしていたが「ここからは、個人プレイの時間だ。俺のことは忘れて楽しんでくれ。」普段仕事では厳しい上司なのだが、こういう時は気遣いができる素晴らしい上司であり自慢の上司だ。
最初に付いて女の子は、色白で顔の彫りが深いNちゃんだった。
「はじめまして、Nです。」おしとやかな感じの大人しいクールビューティな雰囲気が漂う感じ。「いきなりハズレか?」と思ったがそうではなかった。
お互いの自己紹介をしていって分かったのだが、雪国の出身で自分が住んでいた県に近いことが分かり一気に親近感が湧いた。
地元では、就職先があまりなく、かといって地元で水商売をしていると身バレが怖いということで単身北関東に来たらしい。
会話をしていると、故郷のことを思い出してしまい俺も何か恋しい気持ちになった。
そういえば、最近実家に帰ってないな。
激務という訳ではないが、家族と仲が言い訳でもなく音信不通になっていて後で電話でもしてみようかなと思った。
「緑割にしますか?ウーロン割にしますか?」よそよそしい感じで、オーダーを聞くN。
「緑割でよろしく」俺は、酔いやすい体質なのでロックで酒を飲むことはほぼない。
酔うと自制が効かなくなり、迷惑をかけたことが過去にある。
酒を片手に女の子と談笑していると、「上に乗っていいですか?」と聞かれ俺の上にのることに。
細身の体から、CかBカップのかわいいおっぱいが飛び出す。
フレンチキスをしながらおっぱいを俺は揉んだ。
小さいながら、形が整っていたので揉みがいはあった。
おっぱいを揉むたびNはエロい声を出す。
俺もそれが楽しくて乳首を攻めるその繰り返しだ。
楽しんでいると、ボーイが来て「チェンジの時間です。」と声を掛けられNは俺の元をさっていった。

2人目:ダイナマイトボディのSちゃん

数分すると、ボーイが次に「当店のナンバーワンです。」と違う女の子を連れてきた。
「彼女の名前はSちゃん3年目の女の子です。」さっきのNとはうって変わって元気で愛嬌がある女の子だ。
彼女は、笑いの国と言ってもいい西の出身一発芸でキティちゃんの真似をしてくれた。
思いのほか似ていて、爆笑してしまった。
「喜んでくれてよかった!」掴みはOKと言わんばかりにはじける笑顔を振りまくS。
商売人の血が騒いだのか、サービス精神旺盛だ。
風俗業界にも3年、中堅らしく安定感がある。
性のサービスの方も旺盛で、「上に乗るでー!」とOKを出す前に俺の膝の上に乗っていた。
ナンバーワンになるということは、自分のペースにいかに持っていくのかそしていかに自分の虜にするのか。
自分の世界へ、俺を引き込もうとする姿勢にナンバーワンの自信とプライドを感じた。
トップレスになると、タワワな胸がボロンと飛び出す。
「沢山触ってええんやで!」俺の顔を見て、目を輝かせるS俺はすでに彼女の世界に引き込まれていた。
おっぱいを触るとあったかみと柔らかさを感じた。天然もののおっぱいだ。
変な固さや入れ乳におおいシリコンの感じもない。
風俗慣れしている男は触っただけど本物か偽物かおっぱいを触っただけですぐ分かる。
おっぱいを触ってキスをする。
キスをしていると、Sから舌を絡めてきてねっとりとした唾液と唾液が絡みあう。
エロい気持ちになりド-パミンが脳内に全開だ。
次に、顔を胸に埋めようとした時「お時間ですが、ご延長はどうなさいますか?」とお決まりの言葉が俺の耳に入る。
上司は満足したようで、胸の前でバッテンを小さく出していた。
名残惜しいが、ここでSちゃんとはお別れ。最高の時間をありがとう。
店を出て、上司に感想を聞くとギャル系の女の子と少しふくよかな巨乳の女の子が付いたらしく自分のタイプだったのか「また行くか!、今日は俺のおごりだ。」とセット料金の6000円を俺にくれた。
出張先でいいお店とであえた時ほど嬉しい物はない。
今後の昇進も期待できるかもしれないし、これからの風俗ライフも楽しみだ。

総合評価

4.6
豪華な内装と、質のいい女の子が揃っていてセクキャバファンにはオススメしたいお店。
マイランキングには必ず入ります。



<エリアで探す>
<業種で探す>
セクキャバ・おっパブ  いちゃキャバ  ハードキャバクラ  ソフトキャバクラ  逆セクキャバ  ランジェリーパブ  ガールズバー/居酒屋  ショーパブ  フェティッシュバー  オカマ・ニューハーフ  朝セク・昼セク